<   2006年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「国宝 風神雷神図屏風」展

 2006.9.28 産経大江戸ウォーク10㎞を歩き終えてから、出光美術館に回った。66年ぶりに琳派3巨匠(俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一)の「風神雷神図屏風」3双がそろい踏みという展覧会に。
 これまで個別には観ているが、一堂にそろっているのはありがたい。3巨匠はそれぞれほぼ100年を隔てて、風神雷神を描いて琳派を伝承したのだろうか。愛嬌ある顔やポーズが描かれている。特に、光琳描く神の顔が漫画的でおもしろく感じた。これも比べながら絵の前に立っているからとも思う。
 3双を重ねあわせて、それぞれの類似性と違いを分析し、模写の可能性や独自性を明らかにする試みがなされていた。それらを読み、再度観たくなり元に戻った。
 《プライスコレクション「若冲と江戸絵画展」》では、展示照明を変化させて絵の表情がさまざまに変わることが実感できる展示方法が一部とられていて、「なるほどなるほど」と感じ入った経験があるが、今後の絵画展は、伝統的な単純展示方式だけではなく、いろいろのアイデアが取り入れられて、変化していくのではないかと思われる。

    俵屋宗達「風神雷神図屏風」(京都・建仁寺蔵・国宝)
b0089323_14132761.jpg
               尾形光琳「風神雷神図屏風」(東京国立博物館蔵・重要文化財)b0089323_14332261.jpg
    酒井抱一「風神雷神図屏風」(出光美術館所有)b0089323_1433462.jpg
 風神をデザインした切手が3種類発行されている。総て通常切手で、デザインは宗達の風神画の一部、額面は90円。左図は、第3次動植物国宝図案切手として、1961-1965に発行。中央図は、動植物国宝図案切手の1966年シリーズ(1966-1967)、右図は、1967年シリーズ(1967-1971)にそれぞれ発行された。
 企画展の分析法にならって、切手デザインと宗達画の風神を比較してみた。相違点は多々みられるが決定的違いに関しては、残念ながら新しいい発見はなかった。
 美術切手は、世界で沢山の名画が描かれて発行されていて、この種のコレクターも多い。切手デザインを原画を比べてみるのも面白いかもしれない。
b0089323_16283088.jpgb0089323_1629428.jpgb0089323_16293526.jpgb0089323_16295895.jpg
b0089323_21254348.jpg 「風神雷神図屏風」に関連して面白い新聞記事を読んだ。(産経新聞2006.9.25)
 《青森県田舎館村で24日、葉の色が違う稲を育てて田んぼに描いた巨大な「風神雷神図」で稲刈りが行われた。「田んぼアート」と銘打ったこの米作りは村おこしの一環として平成5年から実施しており、今年は江戸初期の画家、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が題材。青森県産で緑色の「つがるロマン」や黄色と紫色の古代米など4色の稲が、収穫期を向かえても見事な絵をうかび上がらせている。》
 偶然見付けた記事。航空写真で撮った見事な田んぼ絵だ。こんなことが出来るのかと驚いた。1年がかりの大仕事。しかも天候に左右されながら。頭が下がる。
by god-door70 | 2006-09-28 22:06 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(1)

産経大江戸ウォーク「皇居外周・東御苑を歩く」

b0089323_2253460.jpg 2006.9.28 産経大江戸ウォーク「皇居外周・東御苑を歩く」に参加。開催目的は、皇居外周を歩き、東御苑を散策するという試みという。
 最高気温が29度近くで、殆どがアスファルト道路。おまけに10㎞を6時間のスローペース(昼食時間含み)で、正直疲れた。通常10-12㎞を2.5時間で歩くので。
 1組25人で、日本ウォーキング協会指導員が組の前後にひとりずつ2人のご親切。10組総勢250人の大部隊が、皇居周辺を移動する形。詳しい資料を片手にぞろぞろ、主要ポイントで説明を聞きながら。詳細な資料、親切なガイド、統率のとれたウォーキングは初めての経験だ。
 コースは、和田倉噴水公園⇒大手門⇒竹橋⇒清水門⇒北の丸公園⇒田安門⇒千鳥が淵戦没者墓苑⇒半蔵門⇒桜田門⇒二重橋⇒(昼食)⇒東御苑⇒和田倉噴水公園(ゴール)。規則正しく、9時分発、ほぼ15時着の約6時間であった。途中で休み過ぎとスローペースにとまどう参加者多し。b0089323_22482517.jpgb0089323_22533054.jpg
 千鳥が淵戦没者墓苑へは初めてだったこともあり、気が引き締まった。多くの戦争犠牲者のお陰で今日があることに感謝しつつ献花した。
 アメリカ機B29の爆撃にあい、防空壕に逃げ込む恐ろしい生活、そして、戦後の食うものない日々の悲惨さを思い出す。戦後を知らない戦後生まれの総理大臣が、はじめて登場した。世代交代を歓迎するが、何としても戦争は避けなければならない。
by god-door70 | 2006-09-28 20:39 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

西洋美術史講座「バロック絵画」最終回《ベラスケスの作品を読む》

b0089323_20471243.jpg 2006.9.27 西洋美術史講座「バロック絵画」最終回《ベラスケスの作品を読む》を聞く。
 ベラスケス(右自画像)は、17世紀スペインの巨匠。国王の信頼厚い王室画家であり、高級宮廷官吏。
 今回も多くの映像を制作した年齢順に鑑賞。20-30歳の「東方三博士の礼拝」(下左)、「セビーリャの水売り」など、30-40歳の「バッカスの勝利(酔っ払いたち)」、「ブレダの開場」(下中央)など、40-晩年の「鏡を見るヴィーナス」、「ラス・メニーナス(官延の侍女たち)」(下右)など。王室画家であったので、多くの作品がマドリッド、プラド美術館にある。
b0089323_2104851.jpgb0089323_214266.jpgb0089323_2113763.jpg
 仕事でスペインを訪れた折にプラド美術館に立ち寄る機会を得て、ベラスケス最大傑作といわれている「ラス・メニーナス(官延の侍女たち)」に出合え、感動した記憶が残っている。「ブレダの開場」もその一つ。
 講座を通して、絵画鑑賞には好事家によるいろいろの読み方があるようだ。それぞれ聴くのもおもしろいが、単純に好みで鑑賞するのが第一という印象を受けた4回の西洋美術史講座であった。今後も、ジャンルにこだわらずに「好みをベース」に楽しもうと思っている。
by god-door70 | 2006-09-27 20:44 | 講演会・映画 | Comments(0)

庭のぶどう

 2006.9.26 庭のぶどうがそろそろ色付いてきた。雨が多く日照時間が少ないので、甘さが心配だが、形にはなってきた。
b0089323_14592037.jpg

by god-door70 | 2006-09-26 14:48 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(2)

「杉の子会」

b0089323_12305769.jpg 2006.9.25 生涯学習講座杉の樹大学2期生のグループ「杉の子会」の方々と久し振りに会う。中野サンプラザに集合して2時間ほどの昼食会で過ごす。近況や旅行・趣味など話がはずみ、時間を忘れる。仲間のお一人が杉並区から地方に転居する予定とか、今後も参加したいとの嬉しい話があった。再開を約し散会。
by god-door70 | 2006-09-25 12:19 | Comments(2)

記念祝賀会に参加

 2006.22 勤務していた会社の従業員組合結成60周年記念の祝賀会に招かれた。現役の諸君との会話がはずんだ。会社業績も順調な様子で、皆の顔も生き生きとして笑顔があふれていた。若人のエキスをもらった。 中国雑技団の演技や抽選会などあり、楽しい一夜を過ごした。
b0089323_1241961.jpgb0089323_1244649.jpg

by god-door70 | 2006-09-22 11:39 | Comments(0)

「ドラマ!大長今ロケ地めぐり&韓国食文化体験」(6)

韓国旅行で出くわした珍しい、そして、お気に入りの写真数点をお見せしましょう。

    冷麺店の看板      国立民族博物館       骨董通り喫茶店
b0089323_213997.jpgb0089323_2139359.jpgb0089323_2140332.jpg
   景福宮のめずらしいデザインの壁          オンドル用の煙突
b0089323_21422779.jpgb0089323_21425517.jpg
    景福宮で王行列に出会う           京東薬令市場店頭の漢方薬
b0089323_21435329.jpgb0089323_21441482.jpg

by god-door70 | 2006-09-22 10:29 | Comments(2)

「ドラマ!大長今ロケ地めぐり&韓国食文化体験」(5)

b0089323_22314972.jpg 2006.9.21 朝食をそこそこに、市庁舎前広場に立つ。サッカー・ワールドカップの時に、韓国サポーターが広場を真っ赤に染めた広場市庁舎建物(右)は、日本統治時代の建物をそのまま使用していて立派だ。中に入って写真でも撮ろうとしたら玄関でチェックされ建物内に入れず。
 南大門(下)を見る。正式名称は崇礼門(1398年築)といい、現存する李氏朝鮮最古の木造建造物で、国宝第1号指定の城門。加藤清正がこの門から入城し、城内の殆どの建物を焼き払ったが、この門は兵火をまぬがれたとのこと。儀礼兵が駐在していた。すぐ近くに、上野のアメ横を思わせる南大門市場があり、散策す。b0089323_22331331.jpg
b0089323_22345170.jpg 大統領官邸、青瓦台、迎賓館付近を回り国立民族博物館へ。引き続き李氏朝鮮の初代王が創建した最初の王宮・景福宮を見学。広大な敷地に200以上の殿堂楼閣が並んでいたようだが秀吉の朝鮮出兵時に殆ど焼失。その後、再建された建物も日本統治時代に撤去されるなどで数少なくなって10数棟だけが残っている程度。
 10年程前に仕事で訪韓した時には正門の正面にまだあった国立中央博物館(日本統治時代の朝鮮総督府建物)は、取り壊されて広場になっていた。その折、国立中央博物館を見学したが、大理石をふんだんに使った素晴らしい建物だった。今は面影もない。日本の明治村のような形で貴重な建物として残せれば良かったのだろうが、韓国国民感情が保存を許さなかったのだろう。正門(下左)と勤政殿(下右)との間、さえぎる位置に総督府を建てたのだから、当然かもしれない。
b0089323_2184321.jpgb0089323_219748.jpg
 韓国旅行最後の食事は、コーラゲンたっぷりの「トガニタン」。牛の下脚部分を煮込んだスープ。ご飯を掘り込んで食べるのだが、熱いのなんの。前菜として、生のトウガラシを食べたため、スープの熱さが加わって口がひりひりして、しばらく食べれず苦労してしまった。
 3日間、韓国の本場料理や菓子などを多種類を実経験した旅であった。おそらくコレストロール値、血圧が少なからず上がったことだろう。
by god-door70 | 2006-09-21 18:17 | Comments(2)

「ドラマ!大長今ロケ地めぐり&韓国食文化体験」(4)

 2006.9.20 レストラン「高麗亭」にて、ドラマの料理を再現した宮廷料理をいただくためソウルに向かう。前菜から始まってご飯、デザートまで正確には思い出せないが、少なくとも15種類を超えたと思う。それぞれ美味であった。
 変った食べ方としては、石鍋で炊いたご飯のお焦げを残し、まず別の器にとり濃い味噌汁をかけて食べる。次に、石鍋に残したお焦げに別の汁をかけて、キムチや香辛料を入れてという二段構え。持つ部分が長いスプーンがなければどうしようもない。そのスプーンと金属製の箸が必ず食事の時にセットされる必然性を実体験で理解できる。
 ハップニングもあった。料理に添えられた「はるさめ」を食べようとしたら、なんと飾りもの。現代女官から教えられて気が付いたほどの本物そっくり。4人とも見間違えてあんぐり。現代技術が組み込まれた宮廷料理を、ご一緒したカップルと楽しく食べた一夜。
 会話のなかで、カップルのお一人が、勤務していた会社の近くに住んでいるとの話が出て、その奇遇に驚いたりしながら話がはずんだ。
b0089323_11494978.jpg

by god-door70 | 2006-09-20 22:30 | Comments(2)

「ドラマ!大長今ロケ地めぐり&韓国食文化体験」(3)

b0089323_20415821.jpg 韓国食文化体験の二日目。華城行宮見学後「韓国民族村」に向かう。行宮と同じ水原で、距離として15㎞位の牧歌的な土地柄にある。民族村には200軒以上の李王朝末期(18-19世紀)の地方農家、官庁、土豪邸宅などが復元されている。b0089323_205237100.jpg
 農村の生活を再現した展示品は殆ど日本のものと変わりがない。キムチを漬ける瓶が各家に10個以上並んでいるのが面白い。
昼食は、民族村内で「石焼ビビンバ」を食す。ここでも4種類のキムチを含む前菜。入り口、窓開け放しのため蝿が侵入し、食べながら蝿を追い払うのに忙しかった。
 韓国民族村から「宮廷女官チャングムの誓い」のメインロケ地「大長今テーマパーク」へ。韓国テレビMBCが、ドラマ「大長今」撮影のために宮廷建物などを配したオープンセット場。
 下の映像はセットであるが、総て本物と見間違うほど立派にできている。殆どが空洞で、たたくとポンと音が響く。下左は、王の住む宮殿の「大殿」、下右は、王の食事を調理する台所の「スラッカン(水刺間)」、共にセット。実によく出来ている。そのためか訪れた時に2ヶ所で、撮影をしていた。
 来場者は、日本、中国、台湾からの観光客で韓国人はまれとか。入り口付近では、外国からの観光客目当ての土産屋が声をかけてくる。
b0089323_21162260.jpgb0089323_21164634.jpg
  レストラン「高麗亭」にて、ドラマの料理を再現した宮廷料理をいただくためソウルに向かう。(つづく)
by god-door70 | 2006-09-20 20:35 | Comments(2)