<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

切手に見る紙のお話(21) 蜂の巣と紙

蜂の巣と紙
b0089323_15562051.jpg 蜂の巣と紙にどんな関係があるか想像できるでしょうか。「近代の製紙法は蜂の巣からはじまった。」と言われている。
 アシナガバチ(右)は腐食した枯れた草木や材木の表面をかき落し、唾液といっしょに木をかみ砕き、薄い紙のようなものを作る。蜂の巣は木の枝や軒下に垂れ下がり、砕木パルプから作られた紙に極めて似ている。アシナガバチの英文名は、《paper wasp》。昆虫名に紙(paper)が入っているのは珍しい。
 この蜂の巣に先ず着目したのがフランス人ロームル博士で、1719年フランス、ロイヤル・アカデミーに、その観察記録を提出し、「蜂はボロを使わないで、木材繊維から紙が作れることを教えてくれた。」と報告した。またドイツ人シエッフル博士は1765年に蜂の巣から作った紙を発表した。
 19世紀の後半まで、紙を作るのに麻や木綿のボロを原料として使っていた。木材から紙が作られるようになって百年しか経っていない。木材を製紙原料とすることが出来るようになったことで、製紙工業は飛躍的に発展し、今日に至っている。
 蜂の巣を見て紙の製法を考えついたという発明の発端は不思議なものである。何事にも興味を持つことが、いかに大切かをつくづく感じる。

(図) 「昆虫」5種のうちの①アシナガバチ (ピトケアン諸島、1975年)
by god-door70 | 2006-12-29 16:25 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話 (20) 紙 衣・紙布(4/ 終)

紙 衣・紙布(4/ 終)
b0089323_21363856.jpg 奈良・東大寺(図1)で行われる祈祷行事のひとつに「二月堂(右)のお水取り」がある。奈良に春を告げる伝統行事であるが、この行事の際に修行僧がまとう着物は、紙の衣である。紙衣は、和紙を修行僧自身が一針一針縫い上げて作った衣で、仏の戒律にかなった衣料として、1000年以上も前から使われているという。使用される和紙は、宮城県の南端・白石市で造られる「白石和紙」である。
b0089323_21391675.jpg 白石の和紙は、紙子(かみこ)と紙布織り(しふおり)という日本和紙使用の紙衣料を産出する一大産地だった。江戸時代には、伊達政宗の領地で、葛粉、生糸、和紙、紙布、紙衣、紅花などの産物があり、特に和紙、葛粉は品質が優秀で全国に知られていたようだ。その和紙を使った衣類、つまり紙衣(かみごろも)や紙子(かみこ)と呼ばれる加工品や、和紙を糸にして織り上げる紙布織りといった、独特の紙文化を発展させ、現在、生産額はわずかだが、「ふくよかに、きよく、うるわしい」みちのく紙の伝統」をそのままに、漉き続けられている。
b0089323_21375775.jpg 紙を夜具にしたものは「紙衾(かみぶすま)」といった。多くは貧しい人たちが使用し、中にわらや綿などを入れたりして作り、寒さをしのいだ。丈夫な和紙だからこその世界でも珍しい発想だろう。
 松尾芭蕉(図2,3)の俳句に、 《いくとせの寝覚え思へる紙衾》 というのがある。書物では、「紙衾の記」を美濃・大垣滞在中に書いている。

 (図1) 第2次世界遺産シリーズ第7集①(東大寺大仏殿) (2002年)
 (図2) ふるさと切手・三重①(松尾芭蕉と伊賀上野城) (2002年)
 (図3) ふるさと切手・三重②(伊賀上野城と俳聖殿) (2002年)
by god-door70 | 2006-12-25 22:05 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

「大エルミタージュ美術館展」

b0089323_2347793.jpg b0089323_23472959.jpg2006.12.19 「大エルミタージュ美術館展」を目的に上野・東京都美術館に出向く。
 折角上野に来たので、東京国立博物館表慶館が改修されて「よもがえった明治建築」ということで公開されていたので立ち寄った。
 帰途に日本芸術院の前を通ったら展示室で所蔵美術作品を公開していたので覗くと横山大観作の《旭日》が展示されていた。同名作品が数点現存するとのことなので、どの年代のものか分からなかった。
b0089323_2347527.jpg 「大エルミタージュ美術館展」では油彩画約80点が、15世紀から近代絵画まではば広く膨大な所蔵品の中から選ばれ日本で初公開のものが多いとのことだった。1万7千点の所蔵絵画から当選80点の競争率(?)。好みの中から右は、ルノワールの《扇子を持つ女》。
 1981-1984の間に「近代洋風建築シリーズ全10集」20種の記念切手が発行されている。その第1集②に「表慶館」(1981年)が描かれている。後に大正天皇となった皇太子の成婚を祝い明治41年竣工した明治時代の建物。
明治41年といえば、今年98歳となり来年6月には99を迎える母親が生まれた年だ。
 下左は、表慶館正面、下右は正面玄関から入ったドーム天井を真下から撮った映像。公開当初は連日3千人の見学者であったが、2ヶ月たった今は一日平均300人程度とか。閑散としていた。
b0089323_22171942.jpgb0089323_22174397.jpg

by god-door70 | 2006-12-19 23:49 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

東京都ウォーキング協会主催「井の頭ウォーキング教室」

b0089323_18483461.jpg 2006.12.17 東京都ウォーキング協会主催「井の頭ウォーキング教室」が、毎月第三日曜日に井の頭野外ステージで開かれていると聞き顔を出した。
 1時間ばかり「正しい歩き方」の指導があり、10㎞ほどのコースをウォーキングするという仕組みだった。 井の頭公園⇒吉祥寺南・東町⇒東京女子大⇒善福寺公園⇒関根文化公園⇒春日橋⇒太田黒公園⇒荻窪駅が設定コース。
 井の頭公園の紅葉(上)はさすがに最終に近い様相。
b0089323_18491893.jpg 善福寺公園(右)で昼食・第一次解散という方式がとられていたので、教室一行(約60人)と離れ単独でコース地図にそってウォーキングを完了。
 太田黒公園(下)で紅葉を楽しむ。この公園は、しばしば訪れているが紅葉の時季にはあまりない。なかなか見事である。
 太田黒元雄さんについての解説を読んでいたら、「日本に初めて太田黒さんがドビュッシーやストラビンスキーの名を紹介した」とあった。大井美佳さんのピアノリサイタルで数日前聴いたドビュッシー前奏曲集の好演奏を想い出しながら帰途についた。
b0089323_22174744.jpgb0089323_18504877.jpg
by god-door70 | 2006-12-17 18:27 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

「大井美佳ピアノ・リサイタル」

b0089323_10285454.jpg 2006.12.15 サントリーホールで「大井美佳ピアノ・リサイタル」を聴く。
 会社同僚のお嬢さんのピアノ・リサイタル。東京芸大、ウィーン国立音大で研鑽を重ねて、ウィーンを本拠地にヨーロッパ各地で演奏活動され、オルガン、チェンバロなど多種類の鍵盤楽器の演奏でも活躍中。
 ドビュッシーの「前奏曲集」の第二集をメインにした演奏。デビューリサイタル以来、久々にドビュッシーに挑戦したとのこと。あまり馴染みのない曲ではあるが、多才な音の広がりがあり魅力的な演奏であった。
 息子さんが来年小学校に上がるとか。ますます円熟した演奏活動を続けられることだろう。
by god-door70 | 2006-12-16 11:08 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「花鳥画への誘い展」

b0089323_17111910.jpg 2006.12.14 松岡美術館で「花鳥画への誘い展」を観る。
 展示テーマに誘われて出掛けたが、当館を訪れるのは初めてである。白金台にある国立科学博物館付属・自然教育園の裏手、閑静な住宅街の一画にあった。事業家松岡清次郎のコレクションを主として公開しているようである。古代エジプト、ギリシャ、ローマの古美術、ガンダーラ・インド彫刻、中国磁器などが常設展示なのだろうか1階展示室をうめつくしていた。
 花鳥画展示では狩野探幽、円山応挙、奥村土牛など、現代日本画家を含め30点ほどが集められていた。
 そのなかの一点に、椿 椿山の作品「一品當朝図」があった。今年10月に、文化財保護ボランティア・フィールドワークで杉並区登録文化財「椿 椿山の墓」(円福寺墓地)を訪れたばかりであったこともあり、またあまり椿山の作品を観る機会が無かったので興味深かった。好みの範疇外ではあったが。
 帰途にある自然教育園(上2点)・庭園美術館庭園(下)を散策し、残り紅葉を楽しんだ。
b0089323_2221577.jpgb0089323_22222259.jpg

b0089323_17123439.jpg


by god-door70 | 2006-12-15 17:00 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(1)

「山口逢春展―伝統とモダンの融合」

b0089323_11274037.jpgb0089323_1128142.jpg 2006.12.8 神奈川県近代美術館 葉山で開催されている「山口逢春展―伝統とモダンの融合」を観に出掛ける。
 葉山海岸に立つ風光明媚な美術館。美術館からほんの2,3分のところにある逢春生前のアトリエが、「山口逢春記念館」として公開されていた。
 展示としてよくぞ集めたりの感を覚えた100点以上の逢春作品をゆっくりと観ることができた。宮内庁三の丸尚慶館所蔵品を含め公的美術館所蔵品も多く、それらの作品に再会できた嬉しい一日であった。
 旧山口逢春邸(山口逢春記念館)には、亡くなるまでの23年間を過ごしたとのこと。葉山の海岸を一望できる小高い位置にあり、庭には題材になったであろう多種類の樹木、花が植えら、四季折々に花々が庭を染めるのだろう。画伯の絵に取り組む日々を想い浮かべながら拝観。
b0089323_1144313.jpgb0089323_11421422.jpg 山口逢春作品を題材とした切手が2種ある。その内の一つである「榻上(とうじょう)の花」(左図)は東京国立近代美術館所蔵で、今回展示されていた。「サザエ」(右図)の方は、海岸近くの住まいであることから魚介類を描いた作品も多いので、その内の一つであろう。

 (左図) 切手趣味週間 「榻上の花」(1992年)
 (右図) 魚介シリーズ 「サザエ」(1967年)
by god-door70 | 2006-12-11 11:30 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

千葉純子ヴァイオリン・リサイタル 2006

b0089323_15312188.jpg 2006.12.6 「千葉純子ヴァイオリン・リサイタル 2006」を聴きに、東京オペラシティホールに出向く。
 山梨甲府の縁戚が後援会に所属している関係で毎年出向いているが、家庭的雰囲気の中での演奏で、のびのびと演奏。世界各地でのリサイタル、協演で着実に歩を進め、年毎に力を付けている感がある。
 ヴィヴァルディ、ブラームス、バルトーク、シベリウス、ヴュータン、グラズノフ、ラヴェルと演奏曲目も巾広く選曲し、技巧面でのアピールもしていた。
 彼女は、桐朋音楽大学を経て、ジュリアード音楽院に奨学生として留学し、海外でのコンクールで数々の賞を受賞しているとのこと。
by god-door70 | 2006-12-06 15:27 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

杉並浴風園付近

 2006.12.5 久我山区民農園で、落花生を育ててきた。天気もよいので、収穫に出掛けた。今年は葉ばかり茂り、肝心の落花生の収穫量が少なかった。
 農園への途中に、浴風会病院、老人養護施設をもつ浴風園がある。古くから老人医療、老人介護を研究、実践してきた施設で、樹木や花が施設を取り囲んでいる。優れた施設だと思う。
 少し時期的に遅いが、杉並浴風園付近のいちょう・紅葉を撮った。
b0089323_1531196.jpgb0089323_1512750.jpg
by god-door70 | 2006-12-05 15:00 | Comments(0)

映画「上海の伯爵夫人」

b0089323_11303045.jpg 2006.12.2 いよいよ師走、今年も残すところあとひと月。何をやっているのか分からないうちに1年が過ぎていく。
 渋谷に出たついでに、イギリス・アメリカ・ドイツ・中国による制作映画「上海の伯爵夫人」を観る。
 日中戦争の戦雲迫る1930年代、激動の上海を舞台に、盲目のアメリカ人元外交官とロシアから亡命してきた伯爵夫人の運命的出会いと男女の愛が描かれた映画。
 ストーリーはともかくも、1930年代の上海の街の様子や人種差別(亡命ロシア人やユダヤ人など)、衣装から小道具まで見どころがあった。 マイ好感度:中プラス
by god-door70 | 2006-12-02 16:27 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)