<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

秩父芝桜の丘

 2007.4.27 以前から一度行って見たかった秩父にある「芝桜の丘」(羊山公園)に咲く芝桜見物がようやく実現した。そんなに遠くないのだが、なかなかチャンスが無かった。天気もよいことだし、8分咲きとのことだったので出掛けた。5月連休が満開となるだろう。平日でも結構見物客が多かったので、連休は芝桜が人の波に押しつぶされてしまうのでは。
 群生というのでなく、配色を考えながら丘陵に咲かせた芝桜を楽しんだ。
 帰途、長瀞にまわり「長瀞ラインくだり」の小船にのり、清流を水しぶきをあびながら約30分ほどくだった。両岸の新緑、ところどころの八重桜、形さまざまな石などを味わった。
b0089323_2185269.jpg
b0089323_1759961.jpgb0089323_17593168.jpg

by god-door70 | 2007-04-27 20:54 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

ハンカチノキ

 2007.4.23 映画「クィーン」を新宿で観たので、ついでに新宿御苑に立ち寄り、「ハンカチノキ」を見物した。
 「ハンカチノキ」については、囲碁仲間のINAさんから珍しい樹があり、桜の終わる頃からが見頃と聞いていた。中国の高地に自生する木とかで、2枚の花弁というのだろうか正にハンカチがぶら下っているようにヒラヒラ揺れていた。ハンカチ?の長さは、10-15cm、なんとも愉快な木だ。
 今年の高校選抜野球で優勝した高校の投手が、「ハンカチ王子」とよばれ人気絶頂とか。大学に進学したので、6大学野球リーグに女性陣が押し掛けているとのこと。いやはや。b0089323_18265688.jpgb0089323_18271458.jpg
 
by god-door70 | 2007-04-23 18:06 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

映画(クィーン)

b0089323_231584.jpg 2007.4.23 映画「クィーン」を観る。元イギリス皇太子妃ダイアナが1997年パリで自動車事故死した。国葬にいたるまでの1週間に起こるエリザベス女王と英皇室の苦悩、特にすべてを一人で決断しなければならない女王の孤独、ブレア首相との葛藤を映し出していた。
 よくも顔かたち、立居振舞いが極似の俳優さんがいたものだ。エリザベス女王を演ずる英国女優は、今年のアカデミー主演女優賞を受賞したそうだ。ブレア首相もそっくりさんだ。
 バッキンガム宮殿の前に山積された弔問の花束を見ながら歩く表情が印象的だ。
 しかし、王室をテーマとしたこんな映画が放映されるとは、日本では考えられない。
 マイ好感度:上フラット。
by god-door70 | 2007-04-23 16:53 | 講演会・映画 | Comments(0)

甘夏ミカンの収穫

 2007.4.23 今年は甘夏ミカンの生り年で、2回目の収穫。3月半ばにも写真程度の収穫があったが、甘味がまだまだで若干酸っぱかった。今回は、木にながく残した分だけ甘味が加わったようだ。花よりミカン?
b0089323_1831636.jpgb0089323_18301330.jpg

by god-door70 | 2007-04-23 10:34 | Comments(0)

写真展

b0089323_22381163.jpg2007.4.22 知り合いがJCP写真展に作品を発表したので拝見すべく出向いた。
 城西フォトクラブとして第7回目の作品展とか。国内風景写真は勿論、海外風景もあり、いろとりどりで、女性会員も多いようで作品全体が明るい雰囲気を匂わせていた。熟年写真家も頑張っているとか。素晴らしいことだ。発表する場があると力が出るのだろう。
 最近は、デジタルカメラで撮った作品が多くなってきたようだ。従来からのフィルムカメラでの作品と微妙な違いがあるとの説明を受けたが見分けられなかった。
 
by god-door70 | 2007-04-22 22:41 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

京王沿線ウォーキング

 2007.4.21 2007年度京王沿線ウォーキング第1回「春風に乗って多摩川土手の野草を楽しむ」に参加。今年度のテーマは、「花、緑、紅葉に親しみ、心身の健康を維持しよう」。中河原駅⇒下河原緑道⇒府中いこいの森⇒多摩川遊歩道⇒押立神社⇒龍光寺⇒若宮神社⇒西光寺(近藤勇の銅像)⇒京王多摩川駅のコース、約9.5㎞。桜は既に散り、街路樹にハナミズキがピンク、白の花を咲かせていた。多摩川遊歩道には菜の花、タンポポなど野草が咲き、その中を黙々と歩く大集団の列がつづく。天気上々で、気持ちよい汗をかく。
 本年度も、年8回開催される。西武・小田急・東急・京王による私鉄リレーウォーキングがあるからこれだけでも年12回となる。目標は、すべてへの参加だがどうなるだろうか。
b0089323_1818615.jpgb0089323_1815364.jpgb0089323_18155920.jpg

by god-door70 | 2007-04-21 18:18 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

「じっと見る 《印象派から現代まで》」

b0089323_14505234.jpgb0089323_14525854.jpg2007.4.11 水墨画展の後、すぐ近くにブリジストン美術館があるので立ち寄った。
 昨日から展示「じっと見る《印象派から現代まで》」が始まっていた。
b0089323_14543891.jpg 「印象派へのいざない」「モネからセザンヌそして因子右派以後」「世紀末から20世紀へ」「日本の近代絵画」「20世紀のさまざまな表現」「抽象への道」に区分されての展示。印象派の絵画は、観易く、気が和む。
 切手デザインに採用されている3つの原画「岡鹿之助・雪の発電所」、「藤島武二・黒扇」、「岡田三郎助・婦人像」をb0089323_145550100.jpg見ることができた。思わぬ原画との出合い。
 「岡鹿之助・雪の発電所」は1981年近代美術シリ-ズ第9集、「藤島武二・黒扇」は、1980年同シリーズ第7集、「岡田三郎助・婦人像」は、1970年切手趣味週間の記念切手として発行された。
by god-door70 | 2007-04-15 15:03 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

水墨画個展

b0089323_16494462.jpg 2007.4.11 縁戚である太原正晴さんの「水墨画個展」が銀座「東京近代クラブ」で開催されているので出向く。
 会社勤務退職後、井田袈裟、渡辺能里子両先生に師事し、十数年水墨画、デッサンに励み個展を開くまでに至ったとのこと。
 「具象的描写」「半抽象・幻想的描写」「ヨーロッパの情景描写」に種分けされ30数点が展示されていた。沢山の作品の中から厳選されたのだろう。画名は、奥様のアイデアを主体に付けられるそうだ。5年後に再挑戦するとか、意欲満々のご様子。
 今日は氏のパワーをいただいたので、「切り絵」で個展でも目指そうかな?
 
by god-door70 | 2007-04-11 16:51 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(1)

井の頭公園の桜

 2007.4.5 高尾駅から吉祥寺駅を経由して井の頭線で帰宅。途中吉祥寺で乗り換えるため吉祥寺駅で下車したついでに井の頭恩賜公園の桜を見ながら井の頭公園駅まで歩いた。
 井の頭恩賜公園池のまわりに茂る桜は満開を過ぎ花びらの絨毯が始まっていた。池の水面に浮かぶ桜の花びらがボートを漕ぐオールの動きによって微妙に変化して沢山のターンを作り出していたいた。
b0089323_1835776.jpgb0089323_1842045.jpg

by god-door70 | 2007-04-05 11:54 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

多摩御陵・武蔵野御陵

 2007.4.5 「杉の子会」の帰途、多摩森林科学園のすぐ隣にある多摩御陵・武蔵野御陵に回り、大正天皇・同皇后、昭和天皇・同皇后の墓地訪れた。
 広大な敷地の中、参道は石砂利が長く続いた。墓前にはそれぞれに鳥居が建てられていて小高い石組みの塚に葬られていた。天皇が左、皇后が右に位置し、それぞれの墓塚間には樹木が茂り間を隔てていた。
b0089323_189731.jpgb0089323_1893493.jpg

by god-door70 | 2007-04-05 11:28 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)