<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

高橋真理子コンサート

b0089323_16164467.jpg 2007.7.27 高橋真理子コンサート「優美彩唱」に出向く。
 彼女のコンサートにはこれで何度目か忘れたが昔から結構聴きに行っている。好きな女性歌手の一人だ。
 今回は、古くからのヒット曲を中心にコンサートを盛り上げ、新曲は唄われなかった。歌唱力はまだまだ衰えていない。
 5000人収容できる国際フォーラム会場を超満員にする実力は見事で、スゴイ。
by god-door70 | 2007-07-27 16:04 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

庭の花(ムクゲ)

b0089323_107569.jpg2007.7.22 庭に咲くムクゲを撮る。雨にたたかれると、惨めにうなだれる。
 花弁が薄葉紙のようであり、細い皺があり、檀紙に極めて似ている。
  「薄檀紙もどきに誇る白ムクゲ」
 ムクゲは韓国の国花。埼玉県高麗(こま)は地名のごとく、朝鮮から渡来した人々の集落があった。小川町「紙の里」を見学した折に、高麗に咲くヒガンバナを見にまわったことがある。
                              「渡来人墓脇にムクゲ高麗の里」
by god-door70 | 2007-07-22 16:06 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

「都民と消防のふれあいコンサート」

b0089323_9414543.jpg 2007.7.21 東京消防音楽隊による「都民と消防のふれあいコンサート」に出向く。
白い制服、青のネクタイによる消防隊員による吹奏楽、カラーガーズ隊による色とりどりの旗を使った演技は耳と目を楽しませてくれた。「カラーガーズ」は、カラー(旗)をガード(守る)という意味だとか。20人以上の若い女性隊員による演技だったので、てっきり「カラーガールズ」だと思ってしまった。いやはや。
 特別出演のハーモニカ奏者寺沢ひろみさんによる楽器としてのハーモニカ説明と音楽隊との共演演奏も素晴らしかった。
by god-door70 | 2007-07-21 20:39 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「紙のジャポニズム~彩時記」展

b0089323_22191659.jpg 
2007.7.18 切り絵画家久保 修先生の「紙のジャポニズム~彩時記」展を観る。
 画集で先生の作品を沢山拝見しているが、実物を観るのは一年振りだ。今回も、「切り絵」とは思えない様な細かく描かれた作品は実に魅力的だ。大胆なデザインの作品にも目を奪われた。額装方法なども参考になることが多かった。 
 昨年同時期に開かれた展示作品を観て、先生の切り絵教室に入門したのだが、なかなか上達しない。楽しんで時間をつぶしている感じ。いつまで続けられるのだろうか。
by god-door70 | 2007-07-18 22:21 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

切手にみる紙のお話し(29) 相撲に使われる紙(5/終)

相撲に使われる紙(5/終)
元 結
 「元結」は、力士の髷(まげ)を結うための紙製のひもで、年間数拾万本使われているとのこと。
 和紙を細長く切り、木綿で巻き、海藻と米で作られた糊を塗布し乾燥させて作られる。元結の用途は、力士用以外には歌舞伎、時代劇、日本髪美容院等で使われる。日本相撲協会へ納められている元結は長野県で漉かれた和紙を用い信州飯田周辺の水引メーカーによって生産されている。
 元結で髪を縛ることを「元結をかける」と表現され、床山の腕の見せ所でもある。

付録/  紙 相 撲
 紙を切り抜いた紙製相撲を本場所さながらに毎月開催している「日本紙相撲協会」があり、50年以上の歴史があるという。
 協会規則によると、力士作成法では「材質は市販の画用紙。身長6㎝、右上手がつま先3.5㎝以上、体重は関取(十両・幕内力士)については1.5g前後、幕下力士は1.2g以下。本場所で使用する土俵では、直径12cm、上部板は14cm四方とし、土俵上に敷くサンドペーパーは150番を使用するなどなどきめ細かい。「日本紙相撲協会」のホームページは見ているだけでも楽しい。
 これまで集めてきた古い切り抜き資料のひとつに、2003.1.10日本経済新聞朝刊最終ページ「文化」欄に掲載された協会理事長青木敦司氏執筆の「力士ひらり紙相撲半世紀」がある。ご自宅の2階にある「紙相撲横浜国技館」の写真入り記事で、面白く読み返した。
これだけ熱中できる紙相撲協会所属の力士を抱える親方連中に敬意を表し、うらやましくも思う。
b0089323_13334649.jpgb0089323_13341318.jpg
相撲シリーズ全5集の第5集
   (1979.3.10発行)
(図1,2) 武隈と石見潟取組の図
(図3) 大童山土俵入の図
by god-door70 | 2007-07-15 13:52 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

日本剪画美術展

b0089323_1844791.jpg 2007.7.14 日本剪画美術展に出向く。
 毎年、文化庁と東京都の協賛を得て日本剪画協会主催で開催され、今年で23回目の美術展とか。大小100点ほどの作品が展示されていた。協会会員の発表の場らしく、会長による作品講評が行われていた。おおいに参考になった。
 韓国の伝統韓紙工芸家協会「韓国の紙工芸」のコーナーがあり、各種の紙工芸品が並べられていた。「切り絵」を素材とした工芸品にもかわいらしい作品がみられた。
 「切り絵」を素材にして立体的な作品もおもしろいので、手掛けられれば作品の巾が広げられるかもしれない。
 
by god-door70 | 2007-07-14 19:08 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

切手に見る紙のお話 (28) 相撲に使われる紙(4)横綱土俵入りの綱に紙垂<

相撲に使われる紙(4)
横綱土俵入りの綱に紙垂
 観客の前に力士が勢ぞろいして、顔見世する土俵入りは華麗で楽しませてくれる。
 幕内土俵入りの後に、横綱が露払いと太刀持ちを従えて、神事としての横綱土俵入りが行われる。今年名古屋場所から新横綱が誕生したことにより2横綱となり、それぞれ異なった型(雲竜型、不知火型)の横綱土俵入りを見ることが出来る。
 横綱のしめる綱は、麻と木綿と銅線を使うとのこと。その綱に四たれ紙垂がたらされている。
紙垂には壇紙が使われる。檀紙については、「切手に見る紙のお話(22)-(24)」の【新宮さま「命名の儀」と「大高檀紙」(1)-(3)】の項で詳しく書いたのでお読みいただけたらと思う。b0089323_1751921.jpg
b0089323_17513040.jpg
 相撲シリーズ全5集の第4集
  (1979.1.13発行)
 (図1.2) 大角力両国橋渡の図
 (図3) 勧進大相撲弓取の図
by god-door70 | 2007-07-11 18:22 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

映画(不都合な真実)

b0089323_2152468.jpg 2007.6.9 中国やモンゴルの植林に毎年参加しているNさんの誘いもあって、映画「不都合な真実」を観る。
b0089323_21332632.jpg アメリカ元副大統領、アル・ゴアの地球温暖化との闘いを描いたドキュメンタリー映画。ゴア氏は、地球の危機を訴える講演を世界中で1,000回以上も行ってきたとのこと。
 科学的データや調査資料がでてきたり、終わりに、いろいろな具体的提案が字幕にでてくるという珍しい映画だ。
 ゴアが大統領選挙で、もしブッシュに勝っていたら、アメリカは勿論、世界が変わっていたかも知れない。京都議定書にサインしてないのはアメリカと中国。ブッシュ・アメリカも共産党中国も早く京都議定書にサインしろよ!と言いたい。
 観終わった後、何となく環境への意識が変わってくるような感じがする。環境問題を映画で勉強した一日。まずは、無駄な電気を消すことから始めることにしよう。
by god-door70 | 2007-07-09 21:42 | 講演会・映画 | Comments(0)

切手にみる紙のお話し(27) 相撲に使われる紙(3)力 紙

相撲に使われる紙(3)
力 紙
 土俵下の赤房と白房の位置の水桶が置かれている。桶の水は、力士が仕切りに入る前に口をすすぎ、身を清めるためのもので、「力水」「清めの水」などと呼ばれている。
 水桶には呼出が用いる柝(タク:拍子木)と化粧紙(「力紙」と呼ばれている)がつるされている。
 古くは、化粧紙は四本柱の東西につるされて、取組中に元結が切れて髪が乱れた時に、すぐ紙をよって締め直しに用い、「力紙」と呼んだとのこと。
 現在は、力士は前の取組の勝ち力士が差し出す「力水」を口に含み、呼出から受けと取った「力紙」で口を拭っている。
b0089323_10551291.jpgb0089323_10554440.jpg 相撲シリーズ全5集の第3集
(1978.11.11発行)
 (図1,2) 当時英雄取組の図
 (図3) 幼遊び愛敬角力の図
      (歌麿画)
by god-door70 | 2007-07-04 11:42 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手(切り絵)

b0089323_1859869.jpg 2007.7.2 北陸のふるさと切手「おはら風の盆・舞」5種(2007.7.2)のデザインが切り絵によって表現されているので入手した。
 富山県在住の切り絵作家磐田長峯さんが原画を担当したとのこと。
 小生が通っている「切り絵教室」の久保修先生も、1999年にふるさと切手東京版「隅田川花火大会」切手2種と小型シート、「アサガオ」1種の原画を描いている。年賀はがきのデザインもされている。
 切り絵でデザインを表現している切手を調べてみるのも面白いかとも思っている。
by god-door70 | 2007-07-03 19:04 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)