<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

花火見物(調布市花火大会)

b0089323_23131144.jpg 2007.9.29 例年開催される調布市花火大会は、東京近郊で見納めの花火と言われている。ここ数年見物に出向いているが、昨年に続き雨模様となり、少し肌寒く感じられた。
 調布花火名物「尺玉100連発」が近辺からの苦情もあったようで今年は打ち上げられなかった。スターマインが多く打ち上げられ、音楽とのコラボレーションもあり、苦心されていた。
  「花火まつ談笑の声輪を広げ」
  「暗がりに手握り合う遠花火」
  「はるか先仕掛け花火のナイアガラ」
  「花火見の帰り夜道に音残る」

b0089323_16204482.jpgb0089323_16212010.jpg
b0089323_16214533.jpgb0089323_1622134.jpg

by god-door70 | 2007-09-29 23:48 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

北斎・広重・豊国「還暦からの挑戦」展

b0089323_10113546.jpg 2007.9.17 大田記念美術館で、『北斎・広重・豊国「還暦からの挑戦」展』を観る。シニア・パワーを鼓舞する企画展?少し抵抗感を持ちつつも。
 江戸時代の著名な3浮世絵師の晩年の作品を並べた美術展。 切手デザインに採用されている葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」の有名な1点「神奈川沖浪裏」を観ることが出来た。70代前半に描かれた。90歳で没しているが、死の間際に「天与、あと10年命を長らせてください。せめてあと5年命があれば、真正の画工となれるのに」と嘆いたと伝えられているとのこと。その創作意欲と生への目的・執着に驚愕した。
 北斎、広重、三代豊国が60-70代に新しい画法に挑戦した作品に、それぞれの飽くなき好奇心、意欲、生きる姿勢に感服した。無理な話だが、少しでも近付ければ良いのだが・・・
切手データ:国際文通週間『北斎画・富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」』1963.10.6発行
by god-door70 | 2007-09-17 20:09 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

ミクロコスモス版画展

b0089323_1733731.jpg 2007.9.17 ミクロコスモス版画展を原宿・ギャラリー神宮苑で観る。
 横浜の版画工房「永沼版画アトリエ」で制作している方々の展覧会。
 文化財保護ボランティアでご一緒しているM.Iさん(写真)が2点出品しておられるので拝見した。
 銅版画の制法のお話をお聞きしながら、ほぼ20人の方々による個性あふれる銅版画・リトグラフの作品にふれることができ、勉強にもなった。
 
by god-door70 | 2007-09-17 17:23 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

野菜づくり

b0089323_22441081.jpg 2007.9.16 大根の播種(青首・三浦の2種)、キャベツへの追肥、ニンジンの間引きなど。
 まだまだ暑い最中の作業がしばらく続く。
 写真は、手前からブロッコリー、キャベツ、ニンジン、ネギ、里芋の発育状況。
 30㎡あれば、相当種類をトライできる。
 家庭菜園は少量多品種の作付けが適している。
   「大根蒔く指先細かく老い防ぎ
                               「里芋の葉傘を求め猫涼む
by god-door70 | 2007-09-16 23:03 | Comments(0)

大宮八幡宮の夏祭り

b0089323_12231515.jpg2007.9.15 大宮八幡宮の夏祭りに出掛けた。
 本宮付近にはさほど人出がなかったが、参道両脇に並ぶ夜店一帯はあふれるような人波。ぶつかるのを避けながら歩く。相変わらず夜店商品、食べ物、遊び器具が連なる。トルコ人が、「トルコの食べ物」を扱っていた。こんなところにも海外からの波(?)が・・・
   「帯しめて母娘手むすぶ夏祭
   「夏祭奉納太鼓の音闇破る
   「拾銭貨握りし祭はるか過去
b0089323_1624940.jpgb0089323_16243286.jpg

by god-door70 | 2007-09-15 20:05 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

舞劇「楊貴妃」

2007.9.14 オーチャードホールで、舞劇「楊貴妃」を観る。
 日中共同制作による世界初演舞台作品。世界3大美女のひとりと言われる楊貴妃にまつわる伝説をテーマとした舞劇。「傾国の美女」として反乱軍によって殺されたが、実は姿を変えて日本に逃れたという伝説があるようだ。山口県大津郡油谷町にある二尊寺境内に楊貴妃の墓と伝えられる五輪等があり、県の文化財となっているとか。
 それはともかく、西洋クラシックバレーと中国アクロバットをミックスした感じがするダイナミックな舞踊、そして皇帝、楊貴妃をはじめダンサー達の衣装に魅せられた。上海青年舞踊団の踊りが素晴らしかった。
 玄宗皇帝が楊貴妃を入浴に誘う場面があったが、中国に旅行した折に、楊貴妃が使っていた浴場を見物したことがあるので、その大きさ、深さ、建物の様子などを思い浮かべてしまった。
b0089323_1632517.jpgb0089323_162779.jpg

by god-door70 | 2007-09-14 22:12 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

杉の子会(大田黒公園)

2007.9.10 3カ月振りの杉の子会(NPO杉の樹カレッジ同グループ)。弁当持ちで大田黒公園で集まり、ひと時を過ごした。
 皆さん元気に日々を送られている様子。何よりのこと。 生憎雨が降ったり止んだりの天候で、屋外で食事がとれずに終わったが、地域の情報交換や近況などを語り合った。
 11月再会を約し解散。
b0089323_163415.jpgb0089323_16342462.jpg

by god-door70 | 2007-09-10 22:01 | Comments(0)

白寿の母が描いた色紙絵

b0089323_1850876.jpg 2007.9.8 今年6月29日に母が白寿(99歳)を迎えた。
 当然体力は衰えているが、健やかであるのが嬉しい。
 右は、先月に母親が描いた色紙絵である。99歳でもあり指の力が弱くなっているのでしっかりとした線を描けないが、50代から日本画を手掛けていたいたこともあり、「花火」を描いたのであろう。その雰囲気はでているように感じられる。
 日頃は折り紙、塗り絵の世界で過ごしている。体調が良い折に、これからも筆を持ってくれればと期待しているのだが・・・。
紙絵を手に微笑む母九九の夏
白寿母夏掛けたぐる指白し
by god-door70 | 2007-09-08 19:16 | Comments(4)