<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

横浜市内見物

b0089323_11115822.jpg2007.12.19-20 横浜市内散策。赤レンガ倉庫や、三渓園、外人墓地、湊の見える丘などは既に見物しているので、今回は、市内の建物や博物館を観てまわった。
 みのとみらい線日本大通り駅で下車して、横浜市開港記念館(ジャックの塔・下1段左写真)、神奈川県庁(キングの塔・右写真)、シルク博物館、日本新聞博物館と歩き、中華街で食事。両博物館とも見応えがあった。
 食事は広東料理の店にした。珍しい料理が多かったが、少し油っぽかったのでちょっとだけ閉口した。上海、四川などと食べ比べていくのも良いかもしれない。
 横浜は好きな、何回来ても面白い街だ。
b0089323_14395015.jpgb0089323_14401646.jpgb0089323_1441339.jpgb0089323_14412672.jpg

by god-door70 | 2007-12-20 23:18 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

イルミネーション見物

 2007.12.18 クリスマスシーズンが近づいてきた。イルミネーション見物で、お台場、横浜みなとみらい、東京タワー、六本木ヒルズを訪れた。
 省エネ時代とはいえクリスマスシーズンは別格ということだろう。
 東京タワーではイルミネーションにかかる電気代を民間会社数社がスポンサーとなって負担しているとか。
 六本木ヒルズ展望台・東京シティービューは52階一周でき360度のパノラマだ。森美術館が休館だったのが残念だったが、一日イルミネション見物を楽しんだ。
b0089323_1443797.jpgb0089323_14434435.jpgb0089323_1444863.jpg

by god-door70 | 2007-12-18 22:43 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

ボランティア(灯篭調査3)

 2007.12.14 灯篭調査の3回目。
 堀の内にある妙法寺を対象としたところ、その数が多く半日以上かかっててしまった。
 水盤に面白いのがあった。江戸時代の建立で、盤の正面に「井桁に橘紋」が刻まれていて、4人の童子が支えている青銅製の水盤。
 水鉢では直径90㎝の腕型で明治40年奉納のものが珍しかった。100年前の作ということになる。
b0089323_14464788.jpgb0089323_14471279.jpg

by god-door70 | 2007-12-14 22:17 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

「秋の彩り」展とぶらぶら歩き

b0089323_10504258.jpgb0089323_10515358.jpg 2007.12.11 大倉集古館の裏庭を観て、山種美術館にまわり「秋の彩り」展をのぞく。小林古径、福田平八郎、東山魅夷、安井曾太郎など30人ほどの画伯の作品を楽しんだ。
 山種美術館から千鳥が淵を経て靖国神社を通り九段下へ歩く。
 サクラの季節は賑わい歩くのもままならないが、行き交う人はまばらと言うより無しに等しかった。
b0089323_1449063.jpgb0089323_14494111.jpg

by god-door70 | 2007-12-11 23:27 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

「切り絵で描く日本の彩」展

b0089323_17231981.jpg2007.12.11 切り絵教室の久保修先生が京王プラザホテルギャラリーで個展をひらかれているので見学。切り絵をいかに立体的にみせるか、さまざまな工夫がなされていた。おおいに参考にしたい。
b0089323_17222581.jpg 先生が出版している本に掲載されている作品が展示されていたが、やはり現物をみると印刷物と違い迫力がある。
 都心に出たついでに大倉集古館でひらかれている「富岡鉄斉展」を観る。
 大和文華館所蔵である鉄斎晩年の墨絵が多数展示されていた。中でも76歳に描いた「梅華満開夜図」は、小生好みの淡彩墨絵の1幅であった。
 鉄斎の作品はみな力強い筆遣いだ。
by god-door70 | 2007-12-11 17:55 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

タイ国新工場訪問

 2007.12.2-12.7 勤務していた会社がタイ国に工場進出(バンコック近郊)し、今年初めに稼動したので視察目的でタイに出向いた。関連会社3社(チェンマイ近郊3社)も訪問。
 タイでは工場団地建設し、海外企業誘致活動がなお活発におこなわれている。その一方で、ヴェトナムに工場を移す企業も出てきているようだ。
b0089323_2284521.jpg タイには7年前にツアーで主要観光地は訪れているが、高層建築、車の洪水など特にバンコクでの変化が著しく感じられた。10年前の通貨危機で工事が止まったままの建物も散見された。傷跡が生々しい。しかしトレンドとしては国力の右肩上がりは間違いないだろう。 
 バンコック滞在していた日が丁度タイ国王ラーマ9世の80歳誕生日で国中お祝いムードにつつまれていた。王宮広場で祝賀行事が日夜開かれ、国旗と皇室旗がいたるところに掲げられていた。国歌、皇室を讃える歌が流れてくる。日本との違い顕著だ。
b0089323_14523561.jpgb0089323_1453052.jpg
b0089323_14532671.jpgb0089323_1457232.jpgb0089323_1454946.jpg






  
by god-door70 | 2007-12-07 22:35 | Comments(0)