<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

母親(99歳7ヶ月)の絵

b0089323_9354913.jpg 2008.1.31 99歳7ヶ月である母親は、ここのところ絵筆をもつことが無かった。
 毛筆の方は、月に2.3度書いてはいるが、大きな字を書くことが難しくなってきている。
 久し振りにポストカードに小さな絵を描いた。
 細かい描写は無理であるが、色彩感覚は維持しているようだ。
 6月には百歳を迎えることとなるが、健康維持を願っている。その時にどんな字や絵を描くのか今から楽しみだ。 
by god-door70 | 2008-01-31 12:32 | Comments(0)

「近代日本画美の系譜」

b0089323_12325673.jpg 2008.1.22 都心に出向いたついでに水野美術館コレクションの名品を展示する「近代日本画美の系譜」を大丸ミュージアムで観た。
 水野美術館については知らなかったが、実業家である水野正幸氏が蒐集した絵画を2002年長野市に開館した日本画専門の美術館だそうである。400点にものぼる当館所蔵コレクションのなかから近代日本画の逸品60点を展示したという。
 機会があったらこの美術館を訪れたいと思っている。庭園も素晴らしいようだ。
b0089323_1325640.jpgb0089323_12592253.jpg 切手デザインにある横山大観「無我」(現存3点あるうちの1点)や大観の親友・菱田春草(信州飯田出身)との合作品も。
 日本画「無我」と切手に描かれた「無我」を比較すると、本作品が原本でなく、東京国立博物館あるいは足立美術館所蔵(島根県)のいずれかだろう。2作品を両館で観たことがあるが判然としないがおそらく前者だろう。 面白い発見に時折出くわす。 
by god-door70 | 2008-01-27 13:04 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

ボランティア(灯篭・水盤調査4)

 2008.1.18 杉並区から要請を受けている灯篭・水盤・水鉢の実態調査の4回目。
 寒い最高温度10度に満たない午前中の2時間ほど杉並区堀の内にある「修行寺」、「本佛寺」、「福相寺」の3寺を調査。
 時折予期しない面白いものに出くわすことがある。今回は、「俵に乗るねずみ」の石造物一対。大阪の商家が家業繁栄を祈願し、福相寺に奉納したもの。
 今年の干支は「ねずみ」。小生の干支も「ねずみ」。何か因縁みたいなものを感じる。
b0089323_18264864.jpgb0089323_18271238.jpg

by god-door70 | 2008-01-18 18:21 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

メジロと渋柿

b0089323_2111078.jpg 2008.1.16 とうとうメジロが3個の渋柿を食べ終わりました。落ちた柿も突付き、最後の最後まで。
 ただ1個だけは最後まで口を付けませんでした。彼等にとって柿の色が薄い黄色だったために好みでなかったか、危険な色だったのかもしれません。
 そういえばカラス対策に黄色の袋を区清掃局が推奨しているから黄色系は苦手なのかも。
 メジロ日記は、これでエンド。残った1個は、生き残った貴重な干し柿として数日後には家内と私の口に半分づつ入ることになるでしょう。間違って買った渋柿で楽しんだ数週間でした。
b0089323_18282034.jpgb0089323_18284116.jpg
by god-door70 | 2008-01-16 21:16 | Comments(0)

書道教室作品展

b0089323_11433239.jpg 2008.1.15 篠田ゆうけい習字教室生徒さん達の作品発表会をセシオン杉並会場で観る。
 杉の子会におられる女性の作品が展示されているので、会の皆さんと同道して拝見。
 「椿」と一字を書する作品。女性らしくしなやかにそして優美な落ち着きを感じさせる作品だった。今後ますます素晴らしい書の作品を生み出されることを期待したい。
by god-door70 | 2008-01-15 21:16 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

杉の子会(善福寺公園・井草神社)

 2008.1.15 杉の子会に参加。 NPO杉の樹カレッジ同期のグループの集い。ほぼ3カ月にほぼ1回に集まるのだが、卒業2年以上通続いている。
 寒い冬の一日、善福寺公園を散策し、井草八幡宮に参拝。約1時間ほどのウォーキング。公園の池には鴨などの鳥群が羽を休めていた。
 グループで最高齢の女性が丁度80歳の誕生日に当たっていたので、彼女の「傘寿祝い」を兼ねて食事会で団欒。外国旅行も続けておられ、自転車で用足しに出掛けるという。見習いたいものだ。
 次回は、サクラ咲く4月初旬に、と再会を期して散会。b0089323_1132511.jpgb0089323_1134927.jpg









  
by god-door70 | 2008-01-15 18:30 | Comments(0)

明治神宮

b0089323_23361835.jpg 2008.1.11 明治神宮に御参りした後、たばこと塩の博物館で開催「幕末ニッポン・ハリスと黄昏の大君の都」展を観る。幕末日本の世相を紹介する特別展とのことで展示資料も多岐にわたっていて面白かった。
 都心にでたついでに畠山記念館で「花によせる日本の心」展を観る。春を象徴する梅・桜・椿の意匠の工芸品、特に茶道具が多く展示されていた。好み作品では「椿・梅に鶯図(十二ケ月花鳥図)」(酒井抱一筆)、「椿に鳩図」(狩野伯園筆)などがあった。
 今月の切り絵教室のテーマが「椿」なので、少しは参考にならないものかと思いながら観たのだが・・・
b0089323_18303467.jpgb0089323_18305615.jpg

by god-door70 | 2008-01-11 22:40 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

メジロが「かごの鳥」に

 2008.1.8 干していた4個の渋柿のうち3個はとうとうメジロが食べ尽くす状況になってきた。いたずら心で、洗濯物用メッシュかごで渋柿を囲いメジロが入るか試してみた。
 危険を察知してかごには入らないだろうと想像していたが、2,3回様子をみた後、2羽一緒に食べに侵入。ちょっとの音や、動きに反応して逃げる割には結構図太い。
 余程柿が美味しいのか、冬季で食べ物が付近に少ないからか、しばらくかごの中で残りの渋柿を突付いていた。
 しかし、最初から1個だけは突付かれないで元のままである。最後まで食べないのだろうか。こちらの方が興味津々となってきた。
        【警戒中のメイjロ】             【かごに入った2羽のメジロ】
b0089323_1833263.jpgb0089323_18332181.jpg
by god-door70 | 2008-01-08 21:48 | Comments(0)

切り絵教室初出

b0089323_22161680.jpg2008.1.7今年初めての切り絵教室に出席。
 切り絵画家・ 久保 修先生の教室。朝日カルチャーセンター(新宿・住友三角ビル4F)で月1回開催されている。
 家庭的雰囲気のなかで2.5時間、先生から頂くテーマ絵や個人が自由に描く絵をもとに切り絵を制作し、指導を受けている。
 興味のある方は、ぜひ見学にきて体験してみてはいかでしょうか。
by god-door70 | 2008-01-07 21:55 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

メジロその後

b0089323_22143579.jpg 2008.1.7 メジロのための食事となってしまった渋柿はどうなったでしょうか?
 4つのうち3個は見るも無残に毎朝食そして毎昼食用に突付かれ通しです。
 ところがどうしてなのか1個だけは1週間たっても突付かれません。柿の色なのか、熟し度なのかメジロの気持ち(?)は分かりません。1度も食べないので固さではないでしょう。
 今日はメジロではない少し大きな鳥(右・名前?)が出現。まだ用心深く遠くの方から様子をうかがっているようです。
 鳥の観測日記になってしまいそう。と言いながら、毎食時に窓越しに結構楽しんでいる。そろそろ意地悪でもしてみようかな?
     【懸命に食べるメジロ】        【左から2番目は突付かれずそのままの柿】
b0089323_18354239.jpgb0089323_1836457.jpg                                 
by god-door70 | 2008-01-07 15:18 | Comments(0)