<   2008年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

百賀の祝い

 2008.6.29 母親が今日100歳の誕生日を迎え、杉並区長よりお祝いをいただいた。
 母は、明治41年6月29日生まれ。明治、大正、昭和、平成と4時代にわたって生き抜いてきたわけだ。それほど体が強くない母の生命力には驚かされる。
 難聴であることと、車椅子生活を強いられてはいるが健やかに日々を送っている。
 月2回の習字で書く字の大きさが段々と小さくなってきている。週1回家族とのゲーム「花合わせ(花札)」では、まだまだ勝負強く点数を積み重ね、しばしばトップを奪う。そして自慢顔で、にっこりと笑う。
 こんな日々がいつまでも続けばよいのだが・・・・。
b0089323_1874545.jpgb0089323_1847447.jpg
by god-door70 | 2008-06-29 18:06 | Comments(2)

相田みつを美術館企画展

b0089323_15555316.jpg 2008.6.27 講演会の後、相田みつを美術館に立ち寄った。企画展「雨の日には・・・。相田みつをの生き方」を鑑賞。
 「雨の日には 雨の中を 風の日には 風の中を」というのが相田さんの生き方の原点。すべてを受け止め、受け入れいしょに生きる。
 そうありたいと思うのですが・・・。生身の人間なかなか、お言葉ですがそうはいかないのですよ。残念ながら仏さまのようには。
 ただ詩というか箴言というのか分からないが、一つひとつ読み進むにつれて、心が落ち着いてくる感じがしてくる。思わずメモしたのは「自分のうしろ姿は 自分じゃみえねんだよなあ」。
 教育荒廃の結果として育った電車のなかで化粧する女、菓子パンを食う男女よ。一度、相田みつさんの言葉でも読んでみたら!
by god-door70 | 2008-06-26 15:13 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

府中市美術館、武蔵野音楽大学多摩楽器展示室

 2008.6.24 府中市美術館で「ゆかいな木版画~その、柔らかな微笑み」展を鑑賞。  竹久夢二、万鉄五郎、川上澄生など珍しい木版画を堪能。当美術館は、大正・昭和に活躍した創作版画家たちの版画作品を多数所蔵しているようだ。切り絵と共通する面もあり、楽しみながら鑑賞した。
 多摩センターの近くに武蔵野音楽大学多摩楽器展示室があるので立ち寄った。100点ほどの弦楽器が世界各地・地域別に展示されていた。アジア系の珍しい楽器類を見ることができた。
 武蔵野音楽大学の楽器所蔵総数は5,000点以上で、江古田キャンパス楽器博物館に約3,900点、入間キャンパス楽器博物館に約1,400点の楽器が展示されているようだ。
 機会をみて見学したいと思っている。
b0089323_22343656.jpgb0089323_22345942.jpg

by god-door70 | 2008-06-25 23:12 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

庭の花(クローバー)

 2008.6.22 庭の花・クロバーを撮る。
 木の陰に、クローバーの花がさいているのを見付けた。今まで気が付かなかったが結構可愛らしく咲く。四つ葉のクローバーはなかったけれど・・・。
b0089323_21165083.jpgb0089323_21195573.jpgb0089323_21231413.jpg

by god-door70 | 2008-06-22 10:41 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

杉並区文化財保護ボランティア勉強会

b0089323_1113155.jpg2008.6.21 杉並区文化財保護ボランティア勉強会「杉並の歴史・文化財をもっと知ろう」に参加。幹事さんたちのご努力で新たに発足。継続と発展を期待し、協力できればと思う。
 今回は、ボランティアの一員であり、杉並郷土史会副会長である新村康敏さんによる「史跡を探る巣び奈美の歴史」を聞く。豊富な杉並関連の写真・古地図によるお話。
興味ある新知識(囲碁本因坊五世の墓、神戸坂百姓門訴事件など)を得ることができた。
by god-door70 | 2008-06-21 18:56 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

妙法寺石灯籠第2次調査

 2008.6.18 杉並区文化財保護ボランティアGによる妙法寺石灯籠第2次調査の参加。
 境内ならびに隣接地に多数存在し調査に手間取った。中庭には文化財指定の雪見型石灯籠が保存されているので後日調査することとした。
 寺院裏に花菖蒲、紫陽花が見事に花を咲かせていた。数人の写真愛好家が大きなレンズのカメラで花菖蒲を撮影していた。
b0089323_21244419.jpgb0089323_21252926.jpg

by god-door70 | 2008-06-18 21:35 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

切干大根をつくる

 2008.6.17 農園でダイコンが上手に沢山出来たので、切干大根を作ることにした。
 3本のダイコンをスライス、カットして1本の長さ15cm,3-4mm角にする。写真にある大型ダイコン3本だから処理するのはなかなか大変。
 千葉で農業をしている知り合いからの情報では下から空気が入るサッシュを使うのが乾燥するには一番良いとのことで、建築業を営む知人から譲ってもらったサッシュで乾燥することとした。
 重ならないように散らせるのが難しい。水分を含んでいるので、どうしても重なりかたまってしまう。2,3日天日干し、どんな切干大根ができることでしょうか。
b0089323_21385362.jpg
b0089323_21391577.jpg

by god-door70 | 2008-06-17 21:57 | Comments(0)

庭の花(ユリ)

 2008.6.15 庭の花・ユリを撮る。
 ここ2,3日の真夏に近い気温のせいか、ユリが咲き始めた。
 白色だけでチョット面白くないが、紫陽花の紫色との対で見れば良いのかも。
 蕾のものがまだあるので、しばらくは楽しめそうだ。
b0089323_2129674.jpgb0089323_21292776.jpg

by god-door70 | 2008-06-14 22:14 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

第24回日本剪画美術展

b0089323_21185985.jpg 2008.6.15  第24回日本剪画美術展の案内状をいただいたのでO美術館に出向く。
 特定非営利活動法人「日本剪画協会」が、文化庁と東京都が後援する切り絵の美術展。丁度、当協会長である石田良介氏により出展作品の講評会が行われていた。
 構図デザインだけでなく、台紙、落款とその位置、額などの作品とのバランスなども批評されていた。
 落ち着きのある、そして夢を膨らませ、広がりを感じさせる作品造りを期待しているのか、しばしば「作品の中に神が宿る(位置する)場所がほしい」という面白い表現を使っていた。おおいに参考にしたい。
by god-door70 | 2008-06-14 21:55 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

ミニ・ウォーキング(浜田山駅~永福町駅)

b0089323_13484724.jpg 2008.6.10 浜田山駅付近から永福町駅付近を往復のミニ・ウォーキング。
 井の頭沿線特に浜田山駅付近と西永福駅付近まではこの沿線で紫陽花が見事に咲く。「電車と紫陽花」を目当てに素人カメラマンが集う。
 ウォーキングの途中でシャッターを押すが、スピードで進行してくる電車を上手くキャッチするのはなかなか難しい。次回は連続撮影装置を使ってトライしてみたい。
b0089323_13395152.jpg
b0089323_1340121.jpg

by god-door70 | 2008-06-11 18:39 | ウォーキング(walking) | Comments(0)