<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

農園作業

b0089323_11253622.jpg 2008.8.30 集中豪雨に見舞われているここ2.3日は農園作業どころではありませんでした。午後の晴れ間を見計らって農園に出向いた。
 キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーの定植作業を完了したところで、空模様があやしくなったので、葉野菜の播種準備作業、大根の播種、ニンジン間引き作業を残して退散。
 帰途スコールのような雨にたたかれ傘なしでグッショリの始末。途中軒下で雨宿りしていたら家のご婦人が玄関から顔をだされ傘をどうぞと有難く拝借。帰宅早々沸かしてあった風呂に直行。タイで遭遇した熱帯性スコールも凄かったことを想い出してしまった次第。
     「大夕立農園作業逃げ場なし」
    「大夕立農薬散布無駄となり」

by god-door70 | 2008-08-30 11:09 | Comments(0)

「囲碁世界王座戦(トヨタ&デンソー杯)」

 2008.8.27 第四期囲碁世界王座戦(トヨタ&デンソー杯)準々決勝・大盤解説会を日本棋院会館で見学。
 準決勝に残っていたのは日本代表は張九段ひとりだけ、他の7人は韓国、中国の棋士。日本は世界レベルでは現状劣勢のようだ。
 解説がマイケル・レドモンド九段、聞き手が梅沢由香里女流棋聖という豪華メンバー。
 初体験であったので、雰囲気やその手法などを体験できた一日。
b0089323_20405767.jpg

by god-door70 | 2008-08-27 21:05 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(5)

「東京阿波おどり」前夜祭

b0089323_20584713.jpg 2008.8.22 高円寺駅近辺での会合を終わって会場を出てきたら、東京阿波おどり」(高円寺)前夜祭とかでアーケードを明日の本番さながらに「おどり連」が乱舞していた。
 本番の明日、明後日は雨模様でもあり、大変な人出であろうから見物できたのは偶然でラッキーだった。 
 「東京阿波おどり」の「前夜祭の踊り」を見物するのも一方法かと思われる。そして本番はテレビ映像で見るのが、小生のような前期高齢者には良いかも?
 残念ながらデジカメを持っていなかったが、同行していた I さんから映像をいただき拝借した。
b0089323_11193556.jpgb0089323_1120478.jpg

by god-door70 | 2008-08-22 20:53 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「防衛省」見学

2008.8.20(2) 防衛省庁舎(市谷台)内部を見学した。
 市ヶ谷台敷地は尾張徳川家上屋敷があったところで、都内で2番目の高さ(海抜約350m位)とのこと。変遷小史によると、明治維新後、尾張徳川家から返上され、明治7年に京都兵学寮が移転後、幾多の変遷をたどり昭和16年に大本営陸軍部、陸軍省、参謀本部がこの地に置かれ、終戦を迎えた。20年8月米軍に接収された。b0089323_21513163.jpg 
 正門を入って儀仗広場から庁舎C棟を抜けてB棟横を通って「市ヶ谷記念館」を見学。記念館大講堂は極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷として使用された。裁判写真を見ながら被告席、裁判官席、弁護人席などをイメージしながら建物内部をみると歴史のひとこまが甦ってくる感じがする。
 三島由紀夫が立てこもった部屋(陸上自衛隊東部方面総監執務室)のドアには三島による刀傷が生々しく残っていた(右写真)。天皇専用階段のきめ細かい造作なども。
 殉職者慰霊碑に参拝し見学を終了。自衛隊発足後1,700強の隊員が殉職されたとのこと。それにしても戦後60年以上戦争をせず、弾を一度も打たずに国内のみならず世界に貢献してきた自衛隊をおおいに誇りたい。
                 東京裁判法廷に使用された会議場
b0089323_21534028.jpg
b0089323_11225134.jpgb0089323_11231748.jpg
by god-door70 | 2008-08-20 21:01 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

久保修「紙のジャポニズム」展

 2008.8.20 久保修「紙のジャポニズム~日本を感じる旅~」展を観る。
 毎年、伊勢丹ギャラリーで開かれる切り絵の個展。
  今年久保先生は、ニューヨークで個展を開催、世界に「日本の切り絵」の素晴らしさを紹介し、好評を得た切り絵画家のリーダー的役割を担うお一人。ニューヨークを題材にした切り絵の新作も含め多数の作品に出合えた。
 久保教室で指導を受けているが、とんと上達はしていない。今回の作品展を少しでも参考にして、「趣味としての切り絵」を続ければと思っている。
b0089323_13504565.jpg

by god-door70 | 2008-08-20 13:32 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

「小磯良平展」

b0089323_20534352.jpgb0089323_2122348.jpg 2008.8.19 「小磯良平展」を吉祥寺美術館で観る。
 神戸市立小磯記念美術館所蔵の約30点。「踊り子」「二人の裸婦」「働く人」などの代表作に出合えた。
 民族楽器の切手を収集している関係で、「リュートを持つ男」や背景にリュートを描いた作品に眼を奪われた。
by god-door70 | 2008-08-19 21:29 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「清澄庭園」

 2008.8.17(2) 深川・富岡八幡宮の例大祭・神輿行列を見物した後、都指定名勝である「清澄公園」に立ち寄る。
 一説では、江戸の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられている庭園とか。池のまわりに岩崎家が全国各地から集めたという名石・奇石が数多く配置されていた。敷石や渡り石も見事だった。
 神輿行列の掛声が庭園全体に伝わってきて、日頃の静けさ・雰囲気と異なっているのであろう。
b0089323_112705.jpgb0089323_11272737.jpg

by god-door70 | 2008-08-17 22:31 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

「深川富岡八幡宮の例大祭」

b0089323_21564775.jpg 2008.8.17 東京一の神輿祭りで3年に一度の本祭りということで「深川富岡八幡宮の例大祭」を見物に出掛けた。珍しくこの時期としては涼しいどんよりと曇った日で暑くなく助かった。
 54の町が出す町内神輿の行列。ところどころで神輿の列に水を浴びせる珍しい光景が見られた。水をかける役割を担って祭りに参加するのだとのこと。
 右は、行列の順番を示す「神輿連合渡御駒番」、毎回くじ引きによって決まるのだそうだ。最後列の神輿を隅田川清洲橋付近ででくわしたが、何か他の神輿より威勢が良く感じられた。「トリ」の役割を担っているのだろうか?
     「近寄りて深川神輿の水かぶり」
    「水避けて深川神輿見てをりぬ」
    「かつぐ児の紐の湿りし祭り笠」

b0089323_21543494.jpg
b0089323_11294171.jpgb0089323_1130890.jpg
 
by god-door70 | 2008-08-17 22:12 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

母100歳の絵筆

 2008.8.15 終戦記念日。猛烈に暑い日、35度にも達しているとのこと。
 明治・大正・昭和・平成と4時代を生き抜きいて今年6月に100歳になった母が、めずらしく100歳になってから初めて絵筆をとった。雨と虹を描いたようだが・・・・。
 戦中、戦後の食糧調達が困難な時代の子育ての苦労は想像に絶する。
 食べ物を平気で捨ててしまう飽食時代の若い親や子供らに一度、食べ物の無い経験させてみたいものだ。
b0089323_1132577.jpgb0089323_11323069.jpg
 
by god-door70 | 2008-08-15 16:01 | Comments(0)

「青春のロシア・アヴァンギャルド」絵画展

2008.8.15 渋谷に出たついでにザ・ミュージャムで「青春のロシア・アヴァンギャルド」絵画展を観る。モスクワ市近代美術館所蔵のロシア革命時代で活躍した若者たちの作品。
 シャガールがロシアでの活動していた頃の作品が珍しかった。
b0089323_1542737.jpg

by god-door70 | 2008-08-15 15:15 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)