<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ウォーキング(東京ぶらり6) 「レオナール・フジタ展」ほか

 2008.11.28 上野の森美術館で「レオナール・フジタ展」 、都美術館で「フェルメール展」・「日本きりえ美術展」を見物すべく上野に。その後、公園付近を歩く。
 「レオナール・フジタ展」は、没後40年藤田嗣治(洗礼名レオナール)の作品230点の大規模展示。乳白色の大作「争闘」の連作、「構図」の連作には圧倒される。「裸婦」もよし。
b0089323_22455345.jpg 「フェルメール展」入場者50万人を超えたとか、長蛇の列にガックリ。日本初公開5点を含む7点。ゆっくり観られる雰囲気ではないが仕方ない。2000年に大阪市立美術館に名作《真珠の耳飾りの少女》を含む5点を観るためにわざわざ大阪に出向いたことがある。《牛乳を注ぐ女》はアムステルダム国立美術館で機会をえているので、作品数が極少のフェルメール作品に多く出合えた方だろう。
 「日本きりえ美術展」は、31回目の作品展とか、はじめて見学したが紙を切れば張ろうが、ちぎろうが、重ねようが、何でもOKには少し違和感を持ちながら見学。もちろん参考になったが・・・。
 上野駅⇒上野の森美術館⇒東京都美術館⇒東京芸術大学⇒護国院(大黒天)⇒旧森鴎外邸跡(下)⇒上野駅。約1万2千歩の美術展主体のぶらりウォーキング(東京ぶらり6)。東京芸術大学食堂で芸術家の卵達が集う中で、昼飯をとった。量多く食べきれず。b0089323_223714100.jpg
b0089323_2237361.jpg

by god-door70 | 2008-11-28 22:54 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

岡本太郎の描いた巨大壁画『明日の神話』

 2008.11.28 2008年11月17日に、岡本太郎の描いた巨大壁画『明日の神話』が渋谷に設置された。永久設置場所は、JR線と京王井の頭線を結ぶ連絡通路。
 公開日の翌朝、壁画前を通ったが、デジカメを持参していず撮影できなかった。今回上野に美術展を見に行く途中でパチリ。正に巨大壁画で一枚の写真におさめるのには一苦労。壁画前に立ち止まる人、カメラをむける人がちらほら。ガードマン二人が常駐で警備とか。何時まで続けるのだろうか。維持管理が大変だ。
 今晩のニュースで、『明日の神話』の発想第一デッサン原画が発見されたと報道していた。絵そのものにはよく理解できないけれど話題性には事欠かない太郎さんである。
b0089323_2051672.jpg

by god-door70 | 2008-11-28 21:04 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

ウォーキング(東京ぶらり5) 「田村一男の世界展」

b0089323_20402938.jpg2008.11.24 はけの美術館で「冬の彼方に<田村一男の世界>」を鑑賞が目的で武蔵野を歩く。
 「山のかたちを借りて、自分の気持ちを語りたい」との想いで、信州の自然を描き続けた画家・田村一男の作品約30点をのんびりと観る。夏は槍ヶ岳など登山に、冬はスキーに明け暮れた青春時代が懐かしい。松本市美術館に田村画伯の記念室が設けられたようだ。訪れたいものだ。
 国分寺駅⇒殿ケ谷戸庭園⇒貫井神社⇒滄浪泉園⇒小金井小次郎の墓⇒はけの美術館⇒東京農工大学⇒武蔵小金井駅。殿ケ谷戸庭園(旧満鉄副総裁江口定條別邸・上段)、滄浪泉園(旧外交官波多野承五郎別荘・下段右)で紅葉を楽しみ、貫井神社(下段左)で湧水池を見学。いちょう並木が有名な農工大に立ち寄ったが、残念ながら全く紅葉は駄目でいちょうは緑色を誇っていた。
約1万5千歩のぶらりウォーキング(東京ぶらり5)。
b0089323_20411866.jpg
b0089323_22394386.jpgb0089323_2240637.jpg

by god-door70 | 2008-11-24 20:52 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

ウォーキング(東京ぶらり4) 「ボストン美術館浮世絵名品展」

b0089323_22102528.jpg 2008.11.22 江戸東京博物館特別展「ボストン美術館 浮世絵名品展」を見学する目的で両国に出向いた。そのついでに両国周辺をウォーキング(東京ぶらり4)。17-18世紀活躍の名立たる浮世絵師の作品を150点以上を鑑賞できた。鳥居清倍、鈴木晴信、鳥居清長、歌麿、写楽、北斎、広重、国芳、菱川師宣などなど、よくぞ集めたりの感。それだけ名品が海外に流出しているということ。連休初日で会場ごったがえし状態、肩越し見で一苦労。
 両国駅⇒国技館⇒旧安田庭園(上段)⇒災害慰霊堂・都復興記念館⇒江戸東京博物館⇒吉良邸跡(下段左)
⇒出羽海部屋⇒春日野部屋(下段右)⇒回向院⇒両国駅。個性ある門構えの相撲部屋がここそこにあり、街道沿いではお相撲さんの彫刻像に出くわす。
 旧安田庭園は元禄年間の名園を復元した回遊式庭園。関東大震災慰霊堂で当時の悲惨な状況を写真・絵などで見学。吉良上野介の上屋敷跡ではなまこ壁や首洗い井戸を見物。鼠小僧次郎吉の墓(右上)のある回向院に寄り、約1万歩のぶらり散歩終了。
b0089323_22104992.jpg
b0089323_22412221.jpgb0089323_22414493.jpg

by god-door70 | 2008-11-22 22:22 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

日フィル・アフタヌーン音楽会

b0089323_18212634.jpg 2008.11..19 日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会(アフタヌーン・シリーズ第7回)に出向く。
 曲目は、ベートーベン「交響曲第2番」と「ピアノ協奏曲第5番(皇帝)」、指揮:沼尻竜典、ピアノ:クリスティーナ・オルティーズ。「運命」「田園」「第九」はよく演奏されるが、第2番は珍しい。ピアノ演奏は、ブラジル生まれで世界的に活躍する女性ピアニスト。可もなく不可もなく、眠らずに。
by god-door70 | 2008-11-19 18:43 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

ウォーキング(東京ぶらり3)浅草寺伝法院庭園

2008.11.15 浅草寺伝法院庭園が特別公開されていると聞き、東京ぶらりを兼ねて出掛けた。小堀遠州が築庭した回遊式庭園(下)を見学。紅葉に映えて見応えがあった。b0089323_23155579.jpg 
 浅草から向島、押上までのコースを歩いた。約13,000歩。途中、「江戸下町伝統工芸館」、「待乳山聖天」、「今戸神社」、隅田川・桜橋を渡り「弘福寺」、「羽子板資料館」などに立ち寄り「おしあげ駅」に到着。町中はコース取りが難しく、しばしば迷い時間をくってしまう。
 「待乳山聖天」(右)境内で大根を持ったご婦人を見かけ、買い物帰りかと思ったら本堂に大根をお供えしていた。大根をなぜ?。大根は人間の深い迷いの心、いかりの毒を表すとのことで、大根をお供えることによって聖天さまがこの体の毒を洗い清めてくれるのだそうだ。いろいろな信仰があるんだ。
 本堂お供え台に大根が山積みで崩れ落ちそう。どう処分するのだろうか。
b0089323_9223484.jpgb0089323_9231559.jpg

 
 
by god-door70 | 2008-11-15 22:29 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

記念艦「三笠」

b0089323_2125091.jpg 2008.11.14 横須賀周辺を訪れた。目的は、「日本の近代遺産50選:明治・大正・昭和の足跡」の一つに選ばれている【記念艦「三笠」】の見学。50選は、日本経済新聞夕刊木曜日連載中である。
 「三笠」は、1900年進水した英国製戦艦。三笠公園に旭日旗をはためかせ記念艦として岩壁に固定されていた。東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊の旗艦としてロシアのバルチック艦隊を迎撃し、日本海海戦に勝利した全長122mの巨体戦艦。秋山真之参謀などが登場する司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読み返したくなる衝動にかられた。
 横須賀市内にある「金沢文庫」や「称名寺」も見学した。「金沢文庫」は、鎌倉時代に北条実時が創設した武家の書籍が受け継がれている。「称名寺」は、鎌倉幕府執権を受け継ぐ北条氏の支流である金沢北条氏の菩提寺。b0089323_926655.jpgb0089323_9263323.jpg

b0089323_2132481.jpg
 
  
by god-door70 | 2008-11-15 21:37 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「切干大根」づくり

 2008.11.13 農園で収穫した大根で「切干大根」づくりの作業をした。
 毎年この時期になると恒例の作業である。今年で農園使用期限(5年間)が終了するので、自家製「切干大根」もつくれなくなる。野菜の自給自足が途絶るわけだ。いろいろな種類の野菜作りを経験し面白かった。再度応募(抽選)するか思案している。
b0089323_21455357.jpg

by god-door70 | 2008-11-13 22:02 | Comments(0)

杉の子会(荻窪界隈)

b0089323_9283396.jpg 2008.11.10 杉の子会に参加。前回所用で参加しなかったので、会の皆さんとは春以来の出会い。
 JR荻窪駅付近を散策して、昼食会となった。散策は、つい先だって史跡散歩で立ち寄った荻窪白山神社と光明寺。白山神社は、歯痛を治す神様。丁度歯を治療中なので、完治を祈願した。そういえば明日治療日だ。祈願したから明日は無痛治療だろう。光明寺は通称「荻寺」と呼ばれ、荻窪の地名の由来とされているとか。寺の鐘楼裏の一隅に「荻」が少々残っていた。
 来年正月に再会を期して解散。

by god-door70 | 2008-11-10 18:48 | Comments(0)

ウォーキング(杉並区史跡散歩2)

b0089323_2239063.jpg 2008.11.8 杉並区史跡散歩第2号として「Mコース:永福の寺町周辺」を歩いた。雨が降りそうなので傘j持参であったが、幸い雨に見舞われなかった。
 自宅⇒永福稲荷神社(下左)⇒永福寺⇒和田堀廟所⇒真教寺を含め8つのお寺(寺町)⇒自宅のコース。Mコースは正式には「永福町駅から下高井戸駅」のコース設定であるが、自宅からスタート、ゴールも自宅にと変更設定。
 永福寺には五輪庚申供養塔(1646年)があった。区内最古で、当時としては五輪塔形式は珍しいそうだ(下右)。和田堀廟所で樋口一葉の墓(右)を見学。
 永福の寺町は、関東大震災や区画整理で江戸府内から移転してきた寺群である。この地区には以前に、歌舞伎役者市川団蔵家歴代墓石の拓本とり作業を見学するために法照寺を訪れたことがある。約1万歩の史跡散歩。
b0089323_9353032.jpgb0089323_938163.jpg

by god-door70 | 2008-11-08 23:03 | ウォーキング(walking) | Comments(0)