<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

庭の花

 2009.5.20 庭の花(ウツギ)と夏みかんの樹を撮る。b0089323_2255250.jpgb0089323_226166.jpg
by god-door70 | 2009-05-20 20:39 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(1)

「桜さくらサクラ・2009」展

b0089323_16362928.jpg 2009.5.16 浅草で三社祭見物の後、九段にまわり出光美術館で「桜さくらサクラ・2009」展を鑑賞。
 さくらなしの千鳥ケ淵を通って、美術界巨匠が描く桜の絵画を堪能。今年も桜見物を各所で機会をもったが、満開の桜、夜桜、山桜など描かれた絵で2009年さくらの見納め。
b0089323_1654143.jpg 奥村土牛画「醍醐」は、切手のデザインとなっている。1997.4.18発行の切手趣味週間の切手に。
 美術展で切手に描かれた絵画に出合えるのはうれしく、楽しみのひとつでもある。
by god-door70 | 2009-05-17 17:06 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

三社祭り

 2009.5.16 浅草にある浅草神社夏の例大祭である三社祭見物に出掛けた。浅草寺の本尊の観音像を隅田川から網で引き上げた3人の漁師を祀っている神社だそうだ。
 浅草寺地蔵堂前に集結した多数の神輿が順次繰り出して仲見世を通って街に出向いていく。事故があって今年も「宮出し」中止の噂もあったが2年振りに復活、不景気を吹き飛ばす意味でもメインイベントは大切だ。神戸・大阪では新型インフルエンザが発生し、予定されていた催しが軒並み中止に追い込まれているようだ。残念なことだ。
b0089323_150616.jpg
b0089323_2271650.jpgb0089323_227373.jpg

by god-door70 | 2009-05-16 14:38 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

庭の花

 2009.5.10 久し振りに庭の花を撮影。花は自分の季節に忘れずに自己主張する。
 西洋スズランははじjめて花を咲かせた。来年は少しは仲間を増やして咲いてほしい。ユキワリソウもスズランもしっかりと自分の領域を確保、自己主張している。
b0089323_14485766.jpg
b0089323_224131.jpgb0089323_2242438.jpgb0089323_2244519.jpg

by god-door70 | 2009-05-10 14:52 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

山菜の便り

 2009.5.6 新潟県南魚沼市の知人Nさんから山菜の便りをいただいた。大好物である山うど、アケビの新芽、笹だんご。アケビ新芽のテンプラ、茹でて鰹節をかけたアケビの新芽は、実に美味である。酒のつまみには最高。お互いの健康を祝し、遠くから乾杯!
 NHK大河ドラマ「天地人」で描かれている直江兼続が越後上田庄(南魚沼市)生まれたとされている。そのお陰で関連寺院などにこの連休、ツアー客や車で街はごった返し状況で、そば屋は1時間待ちとか。今年1年の休日は騒々しいのではとのことであった。
b0089323_1745116.jpg

by god-door70 | 2009-05-06 17:22 | Comments(0)

大宮八幡宮植木市

 2009.5.3 大宮八幡宮植木市に出向く。例年より出店少なくなっているような気がする。不景気やメキシコ豚インフルエンザが影響しているとは思えないのだが。
  区民農園契約が5年で終了し、抽選にはずれてしまったので、今年からは家庭菜園に。トマト、ミニトマト、いんげん、パセリ、ハーブ2種のみとした。加えて、ブルーベリーの木1本、はたして実がなるのでしょうか。楽しみだ。
 神楽殿で古武道奉納武技が行われていた。b0089323_21572428.jpg
b0089323_21595760.jpg
by god-door70 | 2009-05-03 18:26 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

東京ぶらり#09-10

 2009.5.1 青梅塩船観音寺のツツジ見物と青梅市立美術館見学を目的に東京ぶらり#09-10。都心のぶらりが続いたが、久し振りに花見を兼ねて青梅市に。
 塩船観音寺から吹上しょうぶ公園、諸寺を経て青梅市内に入る約1万3千歩のぶらり。じょうぶ園は6月開花で人っ子一人おらず、結構広いので開花時には見事であろう。機会をつくり、また訪れようと思うが何時のことになるのか。
 塩船観音寺ではツツジ満開のなか運良く護摩焚き祭祀に出くわした。檀家ゼロで信徒さんだけで寺維持とか。昭和40年代につつじ植樹し現在に至り、参拝者増加し寺院復興・維持が可能となったそうだ。街おこしならぬ「寺おこし」だ。発想こそ命である。
 青梅市立美術館で、玉堂など「白と黒 墨絵の世界」展と小島善太郎美術館を見学。多摩川の流れを見下ろせる小さな美術館。静かなひと時を過ごす。
b0089323_21182192.jpg
b0089323_222141.jpgb0089323_2223623.jpg
b0089323_21183941.jpg


by god-door70 | 2009-05-01 21:05 | ウォーキング(walking) | Comments(0)