<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

二つの切り絵展見学

b0089323_13493589.jpg
b0089323_13495974.jpg 2009.9.29 自作切り絵作品を展示していた「第一回稲の会作品展」が昨日終了。切り絵教室久保修先生の「紙のジャポニズム」展を新宿伊勢丹ギャラリ-での展示最終日になってしまったが見学できた。新しい技法や額装方法など学ぶべき点が随所にあった。先生は文化庁より文化交流使に任命され、しばらくの間渡米してしまうので教室休校となる。帰国後の体験談を拝聴するのが楽しみだ。
 もう一つの切り絵展は、全国切り絵作家協会主催の「切り絵で見る新しい意街の風景」展。石井日出男さんの見事な作品「六本木ヒルアリーナ」(読売新聞に掲載された)を見学した。比較するのは失礼だが、私など幼稚園レベル以下だなあ。とつくづく思う。
by god-door70 | 2009-09-29 18:47 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

グループ展「第一回稲の会作品展」

 2009.9.24~9/28 勤務していた職場OB,OGが集った趣味の作品展「第一回稲の会作品展」に参加。水彩、油彩、文化刺繍、書、デッサン画、パステル画、写真、切り絵と広範囲のジャンルで展示することができた。 ひとつの分野だけの展示ではないので来場者にも楽しんでもらえたのではないかと思っている。自身は切り絵6点を出品した。
 会を立ち上げることができ、展示会を曲りなりにも開催できたたことが嬉しい。むしろ今後の継続をしっかりやっていかなければと思っている。立ち上げに協力いただいた方そして出品者に感謝、感激。次回開催までには会員を増やし、自らの作品づくりにも力を入れたいものである。
b0089323_21212753.jpg
b0089323_17293241.jpgb0089323_17295916.jpg

by god-door70 | 2009-09-28 21:48 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(4)

智美術館など

b0089323_2127584.jpg 2009.9.20 Tさんに教えてもらった菊池寛実記念 智美術館を訪れた。当館は、現代陶芸のコレクターである菊池智(とも)が長年にわたり蒐集してきた現代陶芸のコレクションを公開している陶芸美術館。磁器に色彩豊かな絵付けをした器を制作し、独自の世界を広げてきた前田正博の作品が展示されていた。陶磁器鑑賞は苦手な小生でも、鳥、サボテン、月など自然を文様をモチーフとしながら色調豊かな器作品には時間を忘れさせてくれた。b0089323_2132557.jpg           泉屋博古館古館にまわり「高島屋史料館所蔵名品展(後期)」を見学。大観、鉄斎などの名品ぞろいだった。鉄斎が祭りを描いた輪をつくり踊る老若男女の格好と顔つきが生き生きとして、見慣れた鉄斎の力強い描写とギャップを
b0089323_21582559.jpg感じる珍しく作品だった。ときどき面白い発見に出くわす。
 智美術館に隣接する西洋館(左)は、国の登録文化財に指定されている大正時代に建てられた貴重な建物とか。残念ながら公開していないが、窓にはティファニーの孔雀のステンドグラスがはめ込まれ美しく迎賓館として使われているようだ。
by god-door70 | 2009-09-20 20:36 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

ハンドベル演奏

 2009.9.19 孫が通っている中学校の学園祭でハンドベル部の一員として演奏したので出向いた。日頃の練習成果を発揮できたのだろうか。皆真剣に演奏に取り組んでいる雰囲気が伝わってきた。ミッションスクールらしく讃美歌が曲目に組み入れられていた。
b0089323_1804250.jpg

by god-door70 | 2009-09-19 18:13 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

水中観光船

 2009.9.15-16(5) 三浦・宮川湾水中観光船に乗船し、水中の魚群を見物。メジナ、鯛2種、小さいフグの4種類程度。船底での見学はせいぜい水深5m程度で浅いので、沖縄で乗船した水深50m程度まで潜る船とは比較にならないが、水族館の魚の泳ぎ方と違う実海中での様子がみられた。(写真左) 八景島シーパラダイスの大規模水族館(写真右)にも立ち寄りイルカショーを見物。イルカショーは何時みても面白く楽しい。b0089323_17312356.jpgb0089323_17315182.jpg
by god-door70 | 2009-09-16 22:04 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

海軍カレー

 2009.9.15-16(4) 横須賀名物・海軍カレーを「魚藍亭 よこすかあ海軍カレー艦」にて食す。店内には個室・艦長室があり船内で食事している雰囲気。
 元祖海軍カレーを注文。英国海軍は、シチューを作るのに日持ちしない牛乳の代わりに香辛料を使いカレー味にした。日本人がそれにとろみをつけてご飯にかけたのが海軍カレーの始まりだそうだ。ふむふむ。メニューには数種類のカレーがあったが、なぜか元祖海軍カレーだけにはコップ一杯の牛乳がついていた。軍艦食堂でもきっとそうだったんだろう。b0089323_1835777.jpgb0089323_1029714.jpg

by god-door70 | 2009-09-16 18:19 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

無人島・猿島

 2009.9.15-16(3) 戦艦三笠を見学した後、三笠桟橋から小型船で猿島に渡る。
 猿島は横須賀沖に浮かぶ東京湾唯一の無人島。
 海の守りとして幕末以来数度砲台が築かれた要塞が残っている。露天掘り幹道のレンガ積み壁、レンガのアーチ造りトンネルなどが見学できた。自然が息づく島だ。
b0089323_163413.jpg
b0089323_17342070.jpgb0089323_1735844.jpg

by god-door70 | 2009-09-16 16:02 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

戦艦・三笠

 2009.9.15-16(2) 戦艦・三笠の見学は2度目。三笠は、日露戦争で東郷平八郎司令長官が乗艦し指揮をとり、日本海海戦でバルッチック艦隊に勝利した旗艦戦艦。ボランティアガイドさんが「学校で歴史を正確に教えないのが悲しい」と。来年のNHK大河ドラマ・テーマのひとつになっているとか。三笠も出てくるのかな。
b0089323_16402575.jpg
b0089323_2327270.jpgb0089323_23272665.jpg

by god-door70 | 2009-09-16 10:36 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

アンリ・リヴィエール展など

b0089323_215562.jpg 2009.9.15-16(1) 三浦半島を一周し、葉山近代美術館、横須賀美術館、戦艦三笠、八景島シーバラダイス水族館などを見物。
 主目的はジャポニズムに影響を受けた版画家・リヴィエールの木版画やリトグラフ(下左)を(葉山)、そして横須賀美術館併設の谷内六郎館で雑誌「新潮」表紙絵を見学することであった。共に、色彩の美しさ、穏やかさに満ち溢れて、谷内表紙絵が描く子供の情景には夢がある。東京湾を航行する船舶を見渡せる景観にある横須賀美術館では「クレー展」(下右)が開かれていた。b0089323_23295175.jpgb0089323_2330272.jpg
b0089323_21283449.jpg

by god-door70 | 2009-09-15 21:14 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

2美術展見学

 2009.9.11 吉祥寺画材屋に出向いたついでに、吉祥寺美術館と三鷹美術館に立ち寄った。吉祥寺美術館では「上村淳之展-唳禽(れいきん)を描く」を見学。淳之画伯は、松園・松篁と三代続く現代の代表的日本画家で、鳥たちを飼育しながら花鳥画を描いている。見学する度に背景の色彩が魅力的で参考にしたいと思っているのだが・・・。
 三鷹美術館では風景画家吉田博をはじめとする四代にわたる家人7名の「世界をめぐる吉田家4代の画家たち展」が開かれていた。木版画、油彩を中心に世界の風景画が展示されていて、受け継いだそれぞれの画風が比較できた。家族展を開けるのは素晴らしくことでもあり、うらやましい限りだ。
 b0089323_11434594.jpgb0089323_1144278.jpg

by god-door70 | 2009-09-11 11:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)