<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「成川美術館」

 2009.11.28 箱根2日目好天気なので、駒ケ岳ロープウェーで駒ケ岳山上に登り富士山を遠望、芦ノ湖を眼下にした。雪をいただく富士山は何時みても美しい。富士市にある工場に勤務した6年間、毎朝富士山に向かってラジオ体操をしたものだ。清々しい一日のスタートだった。
b0089323_15564913.jpgb0089323_16154930.jpg 「芦ノ湖と富士」デザイン切手は国立公園切手第一次(1936.7.10発行・3銭)、第二次(1962.1.16発行・5円)の2回発行されている。1936年は私が生まれた年だ。
 2枚の切手の最大の違いは、第一次(左)には皇室菊花紋章があるが、第二次(右)には無いことだ。1947年後半発行の切手から連合軍の占領政策の転換により紋章が消えた。1947年は日本国憲法施行の年である。
 帰途、成川美術館に立ち寄り「堀文子の世界展」を見学した。美術館所蔵の山元丘人、牧 進、高山辰雄、東山魁夷などの作品も。牧進画伯の色紙「花シリーズ」が参考となった。
b0089323_16454426.jpg
b0089323_16513416.jpgb0089323_16504598.jpg

by god-door70 | 2009-11-28 20:26 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

「箱根マイセン美術館」と「ポーラ美術館」

b0089323_15103629.jpg 2009.11.27 所用で箱根に出向いた機会に仙石原付近にある美術館などを見学。「箱根マイセン美術館」で古マイセン陶器を見学。1995年にドイツ東部、ザクセン州のマイセン磁器の名で知られる有名な陶業都市マイセンを訪れて、陶業工程を見学したことがあったので、その折を思い出しながらヨーロッパの貴族たちが好んで所有した磁器のすばらしさに再び触れることが出来た。b0089323_16375443.jpg
 「ポーラ美術館」へ向かう途中、「箱根湿生花園」に立ち寄ったがすでに紅葉は終わり、季節がら花なしで残念、春か夏に来たいものだ。森の中に近代建築が現れた感じで建つ「ポーラ美術館」では、企画展「ボナールの庭、マティスの室内」展が開かれていた。お目当てはポーラ美術館所蔵絵画。収蔵作家リストによると19世紀の名だたる国内外の名前がづらり、よくぞ集めたり。今回の展示で岡田三郎助「あやめの衣」に出合えたのが収穫。この絵は、1982.8.5発行近代美術シリーズ全 16集の第13集60円切手デザインになっている。b0089323_11135323.jpgb0089323_11142210.jpg

by god-door70 | 2009-11-27 20:09 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

我が家の紅葉

 2009.11.26 紅葉の季節である。各所で紅葉祭りが開かれ、美しさを競っている。
 我が家の紅葉はすでに落葉し始めている。
b0089323_2353431.jpg
b0089323_2361330.jpg

by god-door70 | 2009-11-26 23:04 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

「速水御舟-日本画への挑戦-」展

b0089323_122083.jpg 2009.11.26 渋谷区広尾に山種美術館が新設・移転した新美術館オープン記念展「速水御舟-日本画への挑戦-」を見学。
 重要文化財「炎舞」「名樹散椿」2作品を含めほぼ140点に及ぶ展示に酔いしれた感。40歳の短い生涯は惜しまれる。どんな可能性を持っていたのであろうか計り知れない。「なぜ挑戦?」だが、日本画への顔料の可能性をとことん追求した画家への賛美なのだろうか。
 「炎舞」は、近代美術シリーズ第2集(1979.6.25発行)の1枚に切手デザインとして使われている。好みの切手の一枚だ。
b0089323_11561559.jpgb0089323_11564153.jpg

by god-door70 | 2009-11-26 18:21 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

講演「日本人の心」(宗教学者山折哲雄氏)

b0089323_2254428.jpg 2009.11.25 内外情勢調査会懇談会で宗教学者山折哲雄氏による講演「日本人の心」を拝聴した。
 氏の見解では昭和20年終戦の時をもって日本人の心は消滅してしまった。現在の日本人の精神的貧困がそれを示している。トップ指導者が国内外に日本国の進む道を示せないことが主原因である。この世の三原則①永遠なものはない②形のあるものは壊れる③人は死ぬ、「盛者必衰」を踏まえ、日本の文化・歴史・宗教観を日本の戦略として世界に広める必要があるとのこと。
by god-door70 | 2009-11-25 22:48 | 講演会・映画 | Comments(0)

庭の花(皇帝ダリア)

 2009.11.21 庭の花(皇帝ダリア)を撮る。台風の強風で横倒しになったこともあり、今年は開花するか心配していた。昨年よりも沢山咲いた感がある。この花は、青空に映える。電線無ければもっと良い写真になるのだが・・・。
b0089323_11261210.jpgb0089323_11264081.jpg


by god-door70 | 2009-11-21 14:22 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(2)

講演《「名画の秘めごと」のハイライト》

b0089323_21152260.jpgb0089323_2115504.jpg 2009.11.20 美術史家有地京子さんによる講演《「名画の秘めごと」のハイライト》を紙パルプ倶楽部に出席し拝聴。
 著書「名画の秘めごと」から数点を選び鑑賞のポイント・画家の特徴・名画の歴史的背景などを独特の語りで解説。ユトリロの父親はルノアール?、ルーブル美術館には二人のモナリザがいる?などなどの面白美術講話を楽しんだ。
by god-door70 | 2009-11-20 21:36 | 講演会・映画 | Comments(0)

鋸山日本寺の石像大仏

b0089323_2338542.jpg 2009.11.18(2) 鋸山日本寺にある石像大仏を見学。石像総高31mで、日本一の大仏さまだそうだ。原型は1783年に、大野甚五郎が門弟27名とともに3カ年を費やして彫刻完成したとのこと。(復元工事:昭和44年)。広大な境内には千五百羅漢、百尺石像観音など点在していた。鋸山ロープウェーに乗り、東京湾を眼下に。
b0089323_23222281.jpg


by god-door70 | 2009-11-18 23:15 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

東京ドイツ村

 2009.11.18(1) 木更津北IC近くにある「東京ドイツ村」を見物。広大な丘陵にドイツ風建物が点在している遊園地?。車は右回り走行の制限があるが園内乗り入れ自由。ドイツビールやソーセージ、パン工房などあり高台からの景色は絶景なり。
b0089323_2253448.jpg
b0089323_16472612.jpgb0089323_16475597.jpg

by god-door70 | 2009-11-18 22:39 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

菱川師宣記念館

b0089323_18564253.jpg 2009.11.17(2) 千葉・鋸南町生まれた浮世絵師・菱川師宣の記念館を訪れた。
 「見返り美人図」は国立博物館所蔵になっていてので、記念館には実物大と思われる複製が展示されていた。この美人図は、1948年記念切手(切手趣味週間)のデザインとなった。1991年にも、約50年後の1996年にも再び切手趣味週間切手デザインとして登場している。記念館では歌川国芳門下の逸材と言われている月岡芳年の浮世絵展が開かれていた。先々週に「歌川国芳展」を見学したばかりだが偶然の芳年作品との出合い。
b0089323_22342488.jpgb0089323_22344551.jpg

by god-door70 | 2009-11-17 21:56 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)