<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「岡村吉衛門展」

 2010.2.24 多摩美術大学美術館で「岡村吉衛門展」を観る。
 岡村吉右衛門は、民芸運動の創始者柳宗悦や染色工芸家の芹沢銈介を師にもちつつ独自の活動と作品を展開した染色家とか。「型染版画」の作品が展示されていた。描かれた文様、鳥や獣、魚、鯨、樹木、草花など、さまざまな動植物をとりいれた自然のモチーフが楽しめた。特に「十二星座シリーズ」の型染版画作品は判じ物気分でみるのも一興。
b0089323_21245245.jpgb0089323_2125113.jpg

by god-door70 | 2010-02-24 21:05 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「木田安彦の世界」展

 2010.2.17 汐留ミュージアムで「木田安彦の世界」展を観る。
 日本文化の精髄を体内[に宿す数少ない美術家とか。初めて観る画伯による木版画・ガラス絵・板絵であった。大胆な構図に圧倒される。「西国三十三所」は迫力に満ちていた。
 自分の切り絵がいかに貧弱かを痛感。
b0089323_1232770.jpg

by god-door70 | 2010-02-17 20:10 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

評論家石平氏講演「中国の経済情勢と今後」

b0089323_11424985.jpg 2010.2.17 内外情勢調査会懇談会で、評論家石 平氏による講演「中国の経済情勢と今後」を聴く。天安門事件を契機に祖国と決別、07年日本に帰化。中国の政治経済情勢を鋭く批判する天安門事件世代の論客。
 融資バブルで支えられた中国経済は混乱の道を歩んでいる。下剋上時代の幕開けと内憂外患で上海万博以後は警戒を要する。8%成長なくば中国は危険な状況に陥るので為政者サイドは何としてもその実現に腐心している。日本の総理は楽ですね。暴動も起こることもなく、あんな指導者なら即国家崩壊です。ブラックジョーク「マルクスはロシヤに行き落胆し、日本に来てご満悦。自説である社会主義を実践してくれている」と日本の現状をバッサリ。
 いずれにしても「中国リスク」に備えるべき時かも。
by god-door70 | 2010-02-17 18:09 | 講演会・映画 | Comments(0)

杉並区史跡散歩コースMを案内

 2010.2.13 小雪が散らついて気温も5度程度しか上がらない寒い日だったが、杉並区史跡散歩コースMの一部をボランティア仲間と一緒に案内した。
 永福町駅→龍光寺→和泉熊野神社→貴船神社→大円寺→郷土館まで約2.5時間のガイド。自分担当は2つの神社であった。稚拙なガイドで参加の皆さんに喜んでいただけたか自信はない。勉強になったのに加え、15km程度のウォークングにもなったのが収穫だ。
b0089323_21381486.jpgb0089323_2138351.jpg
by god-door70 | 2010-02-13 22:09 | Comments(0)

東京ぶらり#10-5

 2010.2.9 JR高田馬場駅から早稲田大学を経て、JR目白駅までのぶらり。
 穴八幡宮に参拝した後、馬場下町交差点の角にある「三朝庵」でそばを食す。江戸時代の元禄のころが起源と伝えられているおそば屋さん。入学試験の時期で大学構内には入ることは出来なかったので大隈講堂前を通過し、水稲荷神社で今年はじめての満開の梅に出合う。徳川・清水家江戸下屋敷のあった「甘泉園」で一休みして庭園を見物。しばらく都電線路に沿って歩き、切手博物館に立ち寄り目白に到着。約1万2千歩の東京ぶらり#10-5。汗がでるほどの気温であった。
b0089323_1841262.jpg
b0089323_18431225.jpgb0089323_18433438.jpg
by god-door70 | 2010-02-09 18:44 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

母101歳の正月

 2010.2.7 母は今年6月には102歳を迎える。この絵は、今年のカレンダー表紙用に色鉛筆で描いたもの。指の力が弱ってきているが、描く気力はまだ残っているのだろう。
b0089323_21465415.jpg


by god-door70 | 2010-02-07 15:36 | Comments(0)

「画業60年松尾敏男回顧展」

 2010.2.5 紙パルプ倶楽部会合の後、三越本店で「画業60年松尾敏男回顧展」を見学。日本芸術院会員として活躍する日本画家・松尾敏男画伯の60年にわたる画業を振り返る美術展。乳白色の画面は安らぎ、癒し、静かさを与えてくれる感じがする。
 万里の長城、ヴェネチャを描いた作品もあり、切り絵制作の題材にしたことがあるので何となく親近感を覚えた。
b0089323_21164787.jpg

by god-door70 | 2010-02-05 20:56 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「長寿食のすすめ」小泉武夫農学博士

b0089323_18201943.jpg 2010.2.5 紙パルプ倶楽部会合で、農学博士小泉武夫氏による講演「心と身体を癒す食事学ー長寿食のすすめ」を拝聴。文筆家で100冊以上の書籍を出版、日経新聞に「食あれば楽あり」を執筆中である。
 長寿県といわれてきた沖縄が平均寿命統計でトップから全国27位に急落した。アメリカの長期基地使用で沖縄の人々の食生活がアメリカナイズされ50年間で油4.4倍、肉3.6倍となり、ミネラル系食品が1/5になってしまった影響であるとか。ミネラル系食品こそ耐久力ある身体をつくり出す。耐久力を食物(ミネナル:根系・葉系・青果・大豆・魚・海藻)と腸(発酵食品:みそ・納豆・ヨーグルト)でつくりましょうと。この二つと笑いを加えわれば健康長寿が保障されるとか。
                     早速実行しなければと思うが三日坊主だからね?
by god-door70 | 2010-02-05 18:17 | 講演会・映画 | Comments(0)

横綱朝青龍引退

 2010.2.4 横綱・朝青龍が暴力を振るった責任をとって引退した。たまたま正月場所相撲を見物したので、朝青龍最後の土俵入り姿を見たことになる。8日目の見物だったので、事件を起こしたのが7日目の夜ということだから朝の4時まで飲んでいた当日だったことになる。いやはや。
 暴力と脱税と虚偽記載と同列で比べられないが、引責引退だけでみると小鳩を「寄り倒し」て朝青龍の勝ち。最終的に付け人(秘書)の所為にしなかっただけでも「押し出し」で子鳩の負けではないの?。朝青龍ファンではないけど。
b0089323_21562738.jpg
b0089323_2157115.jpg

by god-door70 | 2010-02-04 21:38 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)