<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

文化財調査#3(石仏・石塔・石造物)

 2010.6.25 杉並区より文化財保護ボランティアが調査依頼を受けている「石仏・石塔・石造物の実態調査」3回目を前回に引き続き M氏と共に作業した。上高井戸3寺社ほか29物件を確認。区画整理地や新興住宅地での地蔵・供養塔の確認作業は難易度が高い。
 今回の収穫は長泉寺に保存されている区指定文化財「西国巡礼図」を、寺のご厚意で拝見させていただいたことである。享保13年1728の大和絵。(自転車利用での調査)
b0089323_2159413.jpg
b0089323_21594038.jpg

by god-door70 | 2010-06-25 21:33 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(1)

切り絵作品#117、#118

 2010.6.22 切り絵作品#117(花シリーズ#63「ルピナス」、サイズ:205x80)、作品118(6曲ミニ屏風①、サイズ:210x510)。左から「富士」・「ウメ」・「筍」・「枝垂れ桜」・「ルピナス」・「フジ」。
 ニ双のうちの一つが完成。ちょっと細か過ぎる画題を選んだため6枚のバランスをとるのが難しくなってしまった。次の絵柄選択は模索中。
b0089323_1554011.jpg
リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
 
by god-door70 | 2010-06-22 14:36 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(4)

東京ぶらり#10-19

 210.6.20 梅雨入りになり、これからはぶらり歩きも空と相談しながらという季節。
 画材道具の入手を兼ねてJR池袋から雑司ヶ谷霊園を経て護国寺までぶらり。途中、オリエント博物館、雑司ヶ谷宣教師館に立ち寄った。宣教師館[マッケーレブ邸]は、19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色がある建物とのこと(東京都指定文化財)。休館で内部見学できず残念。大英博物館でロゼッタストーンの実物を見学した経験があるが、オリエント博物館のレプリカは本物紛いに出来ていた。夏目漱石、大隈重信などの墓地なども見物しながらの東京ぶらり#19(1万2千歩)。
b0089323_11413927.jpg

by god-door70 | 2010-06-20 20:02 | ウォーキング(walking) | Comments(1)

舞台「大奥」

 2010.6.16 明治座で「大奥」を観劇。TVドラマで人気連続番組だったものを舞台化した出し物。筋書きはともかく、大奥女性の着装する見事な打掛けは豪華・絢爛で見る目を楽しませくれた。女性客8割から9割かも。(何でも見てやろう#6)
 平成5年改築後の明治座に入館するのは初めてだったが、各階に架けてある絵画は橋本明治、東山魁夷など大家の作品がずらり、20点以上にビックリ。芝居は二の次になって開幕前、幕間に各階をぐるぐると回って鑑賞。周りは騒がしかったが、脚をを止めている人無しなので想わぬ至福の機会を得た。花(舞台)よりダンゴ(絵画)。
b0089323_107519.jpg

by god-door70 | 2010-06-16 10:06 | 講演会・映画 | Comments(2)

講演「広重東海道五十三次ななめ切り」

b0089323_10372350.jpg 2010.6.15 岡田徹也氏の講演「広重東海道五十三次ななめ切り」を拝聴。静岡県由井にある広重美術館の建設・展示に携わった関係で広重版画に造詣が深いようだ。
 広重版画絵は司馬江漢の影響を相当受けている。模写したと感じられる作品すらあるとの見解。「白須賀」や「荒井」を具体的に比較して解説。ふむふむと感じ入った次第。北斎・広重の時代はそれが当たり前だったのではとも。
by god-door70 | 2010-06-15 18:33 | Comments(0)

文化財調査#2(石仏・石塔・石造物)

 2010.6.12 杉並区より文化財保護ボランティアが調査依頼を受けている「石仏・石塔・石造物の実態調査」2回目を M氏と共に作業した。上高井戸5寺社の調査依頼リスト記載38物件を確認。郷土博物館へ移動した物件があり確認作業が手間取った。
 明治16年開創された吉祥院の境内に成田山を模した築山があり、多数の石造物があり見分けるのに苦労した。(1万歩の調査行)
b0089323_9542314.jpg

by god-door70 | 2010-06-12 18:57 | Comments(0)

堀切菖蒲園

 2010.6.11 堀切菖蒲園で満開のハナショウブを見物。200種、6000株とのことであった。見物客も大勢、シャッターを押す人、スケッチをする人、色とりどり。
 「古稀」なる名称のハナショウブが名称板だけで株もなければハナもなし。他は全部咲いているのに。これから植えるのか、枯れてしまったのかブラックジョーク気味?。
b0089323_21152318.jpg
b0089323_21171080.jpg

by god-door70 | 2010-06-11 22:09 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

東京ぶらり#10-18

b0089323_21435517.jpg 2010.6.11 向島百花園、江戸小紋博物館、藍染博物館を目的の東京ぶらり#10-18。京成線を途中下車して堀切菖蒲園にも立ち寄り、満開の菖蒲を見物。江戸時代の小紋帳や反物を小紋博物館で見学、藍染博物館では墨田区無形文化財の藤沢さんから藍染の製造工程や歴史をお聴き出来た。86歳とのことであったが、さすが優れた技術者は壮健で、話が戦争体験(シベリヤ抑留)にまで及んだ。小生の被爆体験もお話したり一時間程お邪魔してしまった。向島百花園は町民文化が盛んになった文化・文政(1804~1830)に骨董屋の佐原鞠塢が造園、萩のトンネルが有名だそうだ。池の先にスカイタワーが姿を現していた。ザクロの花が綺麗に咲いていた。
b0089323_21372518.jpg
b0089323_21383449.jpg

by god-door70 | 2010-06-11 21:38 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

神楽坂文士展

b0089323_2128580.jpg 2010.6.10 都心n出た序に新宿区歴史博物館で開催されている「牛込神楽坂の文士たち」資料展を見学。
明治以降、神楽坂周辺に北原白秋、泉鏡花、尾崎紅葉などの文化人が居住し、優れた作品を生み出した。文人資料よりも町並みを題材にした画家たちの水彩画などに興味を持った。堀潔の「牛込神楽坂」「神楽坂バナナのたたき売り」など昭和時代初期の風情を嗅ぎ取ることが出来た。
by god-door70 | 2010-06-10 21:25 | Comments(0)

藤田正美氏「劣化する政治と経済」

b0089323_21252487.jpg 2010.6.10 紙パルプ倶楽部午餐会でジャーナリスト藤田正美氏による講演「劣化する政治と経済・日本再生の道」を拝聴。
 政治家として失格の鳩山首相の退陣により、菅政権が誕生。問題山積みの日本の舵取りに失敗すれば世界からの信用は地に落ちる状況となる。新首相は「経済成長、財政再建、社会保障を一体的に実現する」と語った。「友愛」とか「国民の命」とかを連発した鳩山前首相よりは、現実的な問題意識が鮮明で、安心感があるように思える。期待したいが、野党時代の主張そして最近の沈黙が政権とりのためだとすると何を考えて実行していくのか判然としない。バラマキ政策を誰が負担するのかが問題。再生の道として最大課題は少子化問題への対応だ。移民の受け入れすら考慮しなければ日本は衰退の一歩を辿る。
 いずれにしてもお題目だけでなく実行こそと思うのだけど。
by god-door70 | 2010-06-10 18:06 | 講演会・映画 | Comments(0)