<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「フラワーアレンジメント」#1

 2010.10.30 家族がフラワーアレンジメント教室で制作した「薔薇・紫陽花」。早速施設入居中の102歳の母に持っていった。若い頃庭に好きな花々を咲かせていた母は「きれいね。きれいね」を連発して喜んでくれた。生花は施設では管理し難いので2,3年位は大丈夫そうなアレンジメントフラワーは、部屋飾りに適しているようだ。
b0089323_14283182.jpg

by god-door70 | 2010-10-30 18:28 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(2)

阿佐ヶ谷ジャズ

 2010.10.23 阿佐ヶ谷河北病院に友人K君が入院しているので見舞った。早い快癒を願っている。帰途阿佐ヶ谷駅付近を通ったら、「阿佐ヶ谷ジャズ」なるイベントの一つとして街頭で有名なジャズ曲を演奏しているグループに出くわした。町興しイベントで阿佐ヶ谷は「七夕」が知られているが、最近は「阿佐ヶ谷ジャズ」も活発となっているようだ。街に出ると偶然にいろいろの出合いにぶつかるチャンスがおとずれる。
b0089323_10204669.jpg

by god-door70 | 2010-10-23 18:57 | Comments(0)

宮内庁式部職部による「雅楽演奏会」

 2010.10.22 宮内庁式部職部による「雅楽演奏会」を北の丸雅楽会場で見学。
 正式な雅楽演奏会で「管弦」と「舞楽」を聴きそして観るのは初めての経験。劇場やテレビ映像で観るのとは違って皇居内であることからその雰囲気は、厳かさも加わり日本古来の歌や舞を肌で感じ得た。雅楽の知識は皆無で、音楽も舞もその真髄を理解しているわけではないので論評外だが、「何でもみてやろう」としは収穫は大きい。写真撮影禁止なので当日パンフレット写真を拝借。何でもみてやろう#8。(本年度目標10回達成しそう)
b0089323_19491387.jpg
b0089323_19493949.jpg
 
by god-door70 | 2010-10-22 19:58 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

内藤とうがらし

 2010.10.19 都心に出た序に新宿区役所玄関前に展示されている「内藤とうがらし」を見物。 新宿御苑や付近が高遠藩主内藤家の江戸下屋敷であった当時、唐辛子や南京瓜などの野菜が作られていた。なかでもこの地域に適したトウガラシが評判で「内藤とうがらし」と呼ばれ、実が上を向いていて葉から出ているので畑一面が真っ赤になるほどだったようだ。確かに実が上を向いていた。
 郷里が高遠だが初めて「内藤とうがらし」を目にした。
b0089323_10461247.jpg

by god-door70 | 2010-10-19 18:12 | Comments(0)

葡萄実る

 2010.10.18 庭の葡萄が実り食べごろになってきた。昨年末に油粕を根元付近に埋め込んだので今年は例年よりは実ったようだ。袋を取り外すのをもう少し早めた方が良かったかもしれない。色付きを遅めた可能性がある。
b0089323_1052835.jpg

by god-door70 | 2010-10-18 10:00 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(1)

「杉並区総合文化祭写真展」に応募

 2010.10.16 今年も「杉並区総合文化祭写真展」に応募した。セシオン杉並展示室で
10/16~10/18開催している。「観桜」一点を出品。
 東京ぶらりで奥多摩にウォーキングに行った時に撮影したもの。もう少し人物が大きく写っていれば良かったのだが、瞬間を撮るのはなかなか難しい。
b0089323_18191434.jpg

by god-door70 | 2010-10-16 17:59 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

第二回紙パ倶楽部絵画展のご案内

2010.10.13 所属している紙パルプ倶楽部絵画同好会の第二回の展示会が来る11月8日から14日まで開催されます。出展者27名、出店数48点で、油彩・水彩・パステル・ペン画・アクリル・色鉛筆・切り絵とジャンルも幅広い展示となっています。
 小生は今回初めての参加で、切り絵作品2点「冷麺屋(韓国)」と「ヴェネチア」を出品しました。都心にお出掛けの折にはお立ち寄りいただければ幸いです。
b0089323_11424195.jpg
b0089323_11572252.jpg

by god-door70 | 2010-10-13 11:47 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

切り絵作品#128

 2010-10-10 切り絵作品#128(「はなび」、サイズ:420x300)。
 今年の夏7月に隅田川花火を見物した折に作品にと思っていたのだが、ようやく形となった。色入れせず敢えてモノクロにした。しばらくモノクロを手掛けるのもいいかな?。
 しかし、花火に色が無いのもちょっと変てこかも知れない。気が向いたら色入れもトライしてみたいが、再度細かいカットは大変だから何時になる分からない。  
b0089323_11432994.jpg
リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
by god-door70 | 2010-10-09 11:43 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(0)

宮崎正弘氏講演会

b0089323_1431382.jpg 2010.10.7 紙パルプ倶楽部午餐会で評論家宮崎正弘氏による講演「上海バブルが崩壊するとき」を拝聴。
 不動産価格暴落、地域格差、所得格差、インフレなど既に深刻化しつつある。統計資料のごまかしもあり実態把握困難だが危険予測をしておくべきだ。尖閣問題は、官政権を試した「軍・漁民・政府」一体作戦とみる。旧地図焼却運動を展開中。歴史を平気で書き換える国との友好関係は難儀。今回の漁船衝突事件は、毒餃子事件【犯人日本側を主張/1年棚上げ/中国犯人認める/鳩山首相に中国が誠意を以て解決したとコメントを強要】と同じ経緯を辿るとは限らない。儒教の国とかけ離れた「嘘をつかなければ生きていけない国」と認識した方がよい、と力説。
 日本が中国の属国に成り下がらないよう政権担当者はしっかりしてよ!
by god-door70 | 2010-10-07 18:00 | 講演会・映画 | Comments(0)

美術展「バルビゾンからの贈りもの」

b0089323_2384497.jpg 2010-10-7 府中市美術館開館十周年記念展「バルビゾンからの贈りもの」を観賞。
 バルビゾン村に移り住んだ東西の画家たちが描いた風景画を楽しんだ。切手デザインにもなった浅井忠の「収穫」(重要文化財)他5点をはじめとして日本の近代風景画の基礎を築いたバルビゾン派の画家たちの作品や「府中風景画コレクション」も。府中美術館はしばしば訪れるが、静かな雰囲気で落ち着いて名画を鑑賞できるのが嬉しい。それに比し最近開催される新国立美術館での大型展示は、人混みと喧騒のなかでの見学を嫌いしばらくご無沙汰である。NHK日曜美術館および主催新聞社の詳細解説記事で「オルセー美術館展」も「上村松園展」も映像・紙上見学だ。
 ◎切手データ:近代美術シリーズ第4集「収穫」(1979.11.22発行)
b0089323_2392593.jpg

by god-door70 | 2010-10-07 16:25 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)