<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「紙パ倶楽部絵画展」初日

2012.10.29 「紙パ倶楽部絵画展」所属している紙パルプ倶楽部絵画同好会の第4回の絵画展が、本日から11月4日まで開催されます。出展者34名、出展数58点で、油彩・水彩・パステル・ペン画・アクリル・ペン画・色鉛筆画・切り絵・紙彩賀画・木版画と幅広いジャンルの作品展示となっています。場所は、銀座会議室(松屋銀座アネックスビル2階)です。都心にお出掛けの折にはお立ち寄りいただければ幸いです。
b0089323_23124934.jpg

by god-door70 | 2012-10-29 22:50 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

第23回神戸同姓会総会

2012.10.28 「第23回神戸同姓会」総会が、アルカディア市ヶ谷・私学会館で開催されたので出席。役員改選議題で、新任副会長2名と新任幹事1名を承認。会長、常任幹事2名と10名の幹事の留任を決め、今後5年間会運営にあたることとなった。毎回のことであるが、会員の老齢化への対応と会員数の減少が会の今後の運営に影響してくる問題への対応が肝要である。
 総会後の講演は、会長による「私の歩んだ道」。地質学、古生物学を目指し、通算省地質調査所で取り組んだ「日本全国の地質図作り」の貴重な講話を拝聴した。フィールドワーク資料、地質図の原図なども拝見できた。原始データの保存の重要性を強調されていた。原始データ散逸は国家の損失であり、蓄積と保存の重要性を熱く語っておられた。
b0089323_2311553.jpg

by god-door70 | 2012-10-28 20:47 | Comments(0)

服部真由ピアノリサイタル

2012.10.27 会社の同僚T・S氏の姪御さんの音楽会「服部真由ピアノリサイタル」に出向いた。CD「赤ちゃんの家族」発売記念のリサイタルが津田ホールで開催された。東京芸大を経て同大学院卒業後パリに留学、国際ピアノコンクールで各種の受賞、国内外でソロ・リサイタルをされているピアニスト。開催の度に腕をあげて今回は得意とするラヴェルの曲に加え、ブラジルの作曲家ヴィラ=ロボスの作品に意欲的に取り組んでいた。演奏技術も曲の解説、お話も益々上手になった、と感じた。
b0089323_22452920.jpg

by god-door70 | 2012-10-27 22:27 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

昭和記念公園

2012.10.25 知人の墨絵作品展の後、足をのばし「昭和記念公園」を散歩した。丁度コスモスが満開で、花の丘(コスモスの丘)の小道を歩くことが出来た。花見のタイミングは難しいが、今回はタイミングが良かった。丘一面に乱れ咲く、という感じ。原っぱの花畑にも薄いイエロー系のコスモスも見事だったが、ピンク系の方が華やかでよい。花言葉は、「乙女の純潔 真心 美麗」だそうだ。ふむふむ。
b0089323_1841403.jpg
b0089323_18583815.jpg
b0089323_19133278.jpg

by god-door70 | 2012-10-26 20:33 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

「東京裟墨会」展

2010.10.25 知人H.Tさんの所属している水墨画を中心とした「東京裟墨会」の作品展を見学。会員約50名で、なかなか見応えある水墨画・墨彩を発表していた。構図や画題で参考になる作品にも出合えた。H・Tさんの今回作品「波浪」は、構図、色彩も墨絵を超越した意欲的であった。撮影禁止だったのでブログアップできないのが残念だ。
b0089323_18181259.jpg

by god-door70 | 2012-10-25 17:58 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

庭の花(秋明菊)

2012.10.23 朝日に照らされて綺麗に見えたのでパチリ。「秋明菊(シュウメイギク)」は、花・園芸百科によると原産地は中国や台湾、渡来し野生化。英文名【ジャパニーズ・アネモネ】で、植物学者ツンベルグが日本で最初にこの花を見付けた、といわれている。京都の貴船山に多く自生するため、キブネギク(貴船菊)の別名がある。
b0089323_10202435.jpg

by god-door70 | 2012-10-24 10:39 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

第4回「紙パルプ倶楽部絵画展」

2012.10.20 所属している紙パルプ倶楽部絵画同好会の第4回の絵画展が、来る10月29日から11月4日まで開催されます。出展者34名、出展数58点で、油彩・水彩・パステル・ペン画・アクリル・ペン画・色鉛筆画・切り絵・紙彩賀画・木版画と幅広いジャンルの作品展示となっています。場所は、銀座会議室(松屋銀座アネックスビル2階)、会期は来る10/29から11/4です。小生は3回目の参加で、切り絵作品2点「信州高遠の春」と「バトリョ邸(スペイン)」を出品しました。都心にお出掛けの折にはお立ち寄りいただければ幸いです。
b0089323_217927.jpg
b0089323_2173581.jpg

by god-door70 | 2012-10-20 09:00 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「杉並区総合文化祭写真展」に出品

2012.10.13 「杉並区総合文化祭写真展」(セシオン杉並10/13~10/17)に2作品を出品した。「青梅市塩船観音寺つつじ祭り」を訪れた折に撮った2枚の写真「お元気ですか?」と「祭りの朝」とを出品した。今回で3度目の出品であるが、入賞作品には至らず来年また挑戦してみたいものだ。永年同じ審査員が一人で選定しているようなので、傾向と好みにフィットしないといけないのかもしれない。総出品数:約100点。
b0089323_18255057.jpg
b0089323_18493168.jpg

by god-door70 | 2012-10-14 18:47 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「山田正男写真展」

2012.10.12 「稲の会」の会員である山田正男さんの個展・写真展【わたしの撮影紀行】が、銀座フレールマン・ギンザサロン/ミニギャラリーで開催されたので鑑賞に出掛けた。展示する作品を選択するのに苦労したそうだ。全国を回りながら撮影した沢山の作品の中から十数点を選んで、個性を発揮しなければいけないのだから難しいことなのだろう。光や雲の一瞬をとらえた作品が素晴らしい。「稲の会」は結成5年目になるが、会員による個展開催第1号の山田さんの活躍を祝い、今後益々の傑作を生み出してくれることを願っている。
b0089323_1836813.jpg

by god-door70 | 2012-10-12 18:41 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

東京駅・赤れんが駅舎

2012.10.10 サントリー美術館で企画展を観賞後、東京駅八重洲側から丸の内側に出て5年に及ぶ復元工事が完了した「赤れんが駅舎」を見物した。
 多くの見物に訪れた人々で賑わっていた。建物を狙うカメラの行列、見上げる顔、顔。駅舎は全長約335メートル、高いところは約45メートルという。明治建築界の第一人者 辰野金吾 が設計(開業1914・大正3)。南口、北口ドームの天井に、えとのレリーフやワシの彫刻が見どころだというので、天井を見上げたがあまり高いので見分けがつかなかった(眼が悪いからかも)。歴史的建造物や文化財が風雪を耐え復元されることは素晴らしいことだ。
b0089323_1918959.jpg
b0089323_19183258.jpg
b0089323_21464120.jpg

by god-door70 | 2012-10-10 22:06 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)