<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

切手に見る紙のお話(34) 紙の歳時記(新年【1】)「注連飾り(しめ飾り)」

紙の歳時記(新年【1】)「注連飾り(しめ飾り)」
b0089323_1733246.jpg 正月などに門松や玄関.床の間・神棚などを注連縄を張って飾るのが「注連飾り」。家の玄関や軒下に取り付けられる「注連飾り」は、注連縄が変化したものである。一般家庭にも神様(年神様)が宿られるということから、清浄な所であるとしてお迎えする意味合いがある。この風習は、神社が用いる神域と外界とを隔てるための紙垂(しで)をつけた注連縄がもとになっている。正月近くになると玄関口や神棚などに注連飾りをし、自分の家が年神様を迎えるに相応しい神聖な場所であることを示すために家の中に注連縄を張ったのが始まりとされている。人間に災いをもたらすという禍神が、家の中に入らぬように飾られるわけ。
 稲のわらで編んで作った縄に「紙垂」を下げた注連縄に、目に見える形で神聖な神の領域(現世と神域を隔てる、あるいは接触する結界)を示し、担わせている。紙垂は白だけでなく五色の紙や、金箔・銀箔が用いられることもある。紙垂の切り方・折り方は四垂が一般的であるが、千変万化である。紙は和紙。昔は方書、檀紙、楮半紙、美濃紙が使われたが、近年は半紙が多い。
 注連飾りには、邪気を払い神域を示す紙垂をはじめ、子孫の連続を象徴するダイダイの実やユズリハの葉、誠実・清廉潔白を象徴するウラジロの葉、東京を中心にエビの頭部のレプリカや昆布などが添付されることが多い。
 東北の正月飾りは、「網切り」、「御幣」、「切り透かし」、「真っ白な切り紙」が神棚の前の空間に、あたかも浮遊するように飾られ、紙をたたえて空間にたなびく。東北の慎ましやかな正月飾りは白い切り紙に目出度い品などを切り出して祀る。東北の震災復興にはまだまだ歳月を要するだろう。政権交代によって復興のスピードが加速することを願っている。
 ●切手データ:年賀切手「しめ飾り」、昭和13年(1938)用、2銭、1937.12.15発行
 ●参考資料:平凡社大百科事典、「紙の歳時記」(木耳社)、「百万塔」(紙の博物館)、
         「東北の伝承切り紙」(平凡社)、wikipedia「注連縄」 
by god-door70 | 2012-12-31 08:00 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

A4判2013切り絵カレンダー

2012.12.25 A4判2013切り絵カレンダーをようやく完成させた。年末ぎりぎりで、毎年ご利用頂いている方々に心配を掛けてしまった。ここ連続4年、M証券サテライトHブース店頭でご使用頂いているが、結構評判で来客者から「どこのカレンダー?」と質問を受けることがある、と言われたりしている。話半分でも嬉しく、励みにもなる。
【作品№148「2013切り絵カレンダーA4判」】
b0089323_16483058.jpg

by god-door70 | 2012-12-25 16:32 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(0)

フラワーアレンジメント#30

2012.12.24 フラワーアレンジメント#30「クリスマスリ-ス&プリメーキング」
b0089323_2147793.jpg

by god-door70 | 2012-12-24 08:00 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)

フラワーアレンジメント#29

2012.12.15 フラワーアレンジメント#29「ナチュラルハロウィン」
b0089323_21402638.jpg
」。
by god-door70 | 2012-12-15 21:43 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(1)

琳派芸術Ⅱ展

2012.12.13 「琳派芸術Ⅱ展」を出光美術館で鑑賞。酒井抱一(1761〜1828)を中心とした江戸琳派の金と銀の豊かな世界を観ることができた。尾形光琳を意識して描いた「風神雷神図屏風」、「八ツ橋図屏風」など豪華な金屏風の代表作や、名品と言われる銀屏風の「紅白梅図屏風」も。高弟・鈴木其一(1796〜1858)や各時代の琳派の絵師が描いた草花図、四季花木図を参考にして切り絵で屏風を制作できたらな、と思うが夢のまた夢だ。四季の花を題材にミニ屏風(六曲二双)を作品にしたことはあるのだが・・
b0089323_2248316.jpg
b0089323_22492994.jpg
b0089323_22273432.jpg

by god-door70 | 2012-12-13 22:51 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

2013切り絵ミニカレンダー

2012.12.13 切り絵のデザインを利用した2013度卓上用ミニカレンダーを制作した。
【作品№147【2013卓上用ミニカレンダー」】
b0089323_22523886.jpg
リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
by god-door70 | 2012-12-11 22:31 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(2)

干支人形「巳」

2012.12.10 来年の干支人形を知人から早々に頂戴した。小副川祐二作の博多人形「巳」。いよいよ新年モードに切り替えることになる。来る年の願い事は、健康、家内安全、景気回復等々数え上げればきりがない。それよりも残された人生の歳月、来る年月の目標こそ大事だ。これから考えることにしようでは遅いかな。
b0089323_15211131.jpg

by god-door70 | 2012-12-11 15:18 | Comments(0)

「巨匠たちも英国水彩画展」

2012.11.7 Bunkamuraザ・ミュージアムで開催の「巨匠たちも英国水彩画展」を観賞。
18世紀から19世紀の英国の巨匠たちの水彩画を中心とした約150点の作品で、非常に充実した内容の展覧会(マンチェスター大学ウイットワース美術館蔵)。好みの画家ターナーの水彩画コーナーがあり多数の作品を堪能堪能した。以前、テイト・ギャラリーでターナーの油彩画を飽きるほどの多数の作品を観たのだが、澄んだ色彩の水彩画も見応えがあった。
b0089323_2213435.jpg

by god-door70 | 2012-12-07 22:16 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

門司港・長府・唐戸・小豆島(1)

2012.12.1~12.4 学友との会合で「門司港は、レトロの町で見所もありグルメが楽しめるし、門司港駅は最初に国の重要文化財に指定された鉄道駅舎」という話を聞き、それでは行かねばと出掛けることにした。門司港や対岸下関側の町(長府・唐戸)を散策。帰路、瀬戸内海小豆島に寄り、紅葉の寒霞渓、二十四の瞳映画村やオリーブ畑などを見学した。
 門司港は歴史的建造物が多く残っており、貿易港として繁栄した懐かしい風景に出合えた。門司港駅(1914)をはじめ旧門司税関(1912)、旧大阪商船(1917)、旧門司三井倶楽部(1921)、旧三宣楼(1931)など見所一杯。人力車に乗せてもらってひと回り。駅舎保存修理工事で来年初めから建物全体が囲われて見ることが出来なくなるという。ラッキーだった。古き良き時代へタイムスリップすることが出来るレトロな街だ。
b0089323_1711795.jpg
b0089323_17271232.jpg

by god-door70 | 2012-12-02 22:17 | Comments(2)

門司港・長府・唐戸・小豆島(2)

2012.12.2~12.4 城下町長府と唐戸を散策。長府では「長府毛利家墓所・功山寺」「乃木将軍育った家のある乃木神社」「長府藩侍屋敷跡に連なる土塀」など城下町らしい風情を味わいながら見物。長府毛利藩は5万石。功山寺は高杉晋作が挙兵した寺。
 唐戸は古くから栄えた港町。レトロな建物では旧下関英国領事館、旧秋田商会(1915)、下関南部町郵便局(1900)、山口銀行旧本店(1920)、日清講和条約を締結した史跡春帆楼などがある。壇ノ浦を望む赤間神宮は、源平壇ノ浦合に戦敗れ関門海峡に入水した安徳天皇(8歳)を祀っている。下関海岸砲台関門橋下に装備された長州藩の青銅砲は、英・仏・蘭・米4カ国連合艦隊と交戦したものだろう。北九州の新鮮な食材を供給する唐戸市場の賑わいを体験した。
b0089323_21584285.jpg
b0089323_21504465.jpg

by god-door70 | 2012-12-02 18:32 | Comments(0)