<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「かんてんぱぱガーデン」と「野村陽子植物細密画館」

b0089323_11181120.jpg2013.6.28-29 墓参を含め所用で郷里高遠へ。天候不安定で途中での寄り道は伊那食品工業㈱の運営する「かんてんぱぱガーデン」と園内「野村陽子植物細密画館」のみ。
 アルプスも八ヶ岳も雲に隠れていた。辰野、伊那は寒天産業の盛んな代表的地域だ。寒天を主原料とした商品は200種以上あるそうだ。企業メセナの一つとして植物細密画館は無料開放され彼女の作品を観ることが出来る。野村陽子さんは長野県箕輪町出身。晴れていれば南アルプスが展望できる海抜650mの高度。
by god-door70 | 2013-06-29 20:41 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「今日の墨表現展」「ルドン展」

2013.6.15 佐藤美術館で「今日の墨表現展」を、損保ジャパン東郷青児美術館で「ルドン展」を観賞。両展共、内面を重視した幻想的な作品が多く黒基調では共通するところが見られた。ルドンの黒と色彩の作品の落差を感じるのみであった。左・ルドン「起源2.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」、右・金子之「千年狐狸精」(墨表現展)
b0089323_15283731.jpgb0089323_1529610.jpg
by god-door70 | 2013-06-15 20:00 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「近代の日本画展」

2013.6.14 五島美術館で「近代の日本画展」を観賞。明治、大正、昭和初期の代表的日本画家の作品を心置きなく堪能した。大観の「霊峰四題の春夏秋冬」、「不二霊峰」他6点の名品を観る。五島慶太が散策を日課にしていたという美術館の庭も見物。石武蔵野台地の傾斜地に塔、石灯籠、石仏等が数多く配置された高低差が結構ある庭園であった。
b0089323_19225496.jpg

by god-door70 | 2013-06-14 17:45 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

切り絵カレンダー6月

b0089323_1825951.jpg
2013.6.1 梅雨入りしても雨の降る日が少なく農作物に被害が出ているという。蒸し暑い日も多い。京王井の頭線西永福駅付近に咲く紫陽花は例年のごとくここぞとばかりに咲き乱れる。雨に濡れた紫陽花も綺麗なのだが・・。雨嫌いの者としても少しは雨がほしいこの頃である。
 誕生月の六月を前にして5月30日104歳11ケ月で老衰により眠るように母が他界した。明治・大正・昭和・平成の4時代を正に1世紀生き抜いたことになる。100歳過ぎても日本画の筆を握っていた。色紙を含めると日本画の作品を数多く残したが、「紫陽花」の絵は色紙一枚しか見当たらない。「紫陽花」は好んで描く対象の花でなかったかも知れない。
b0089323_18155768.jpg

by god-door70 | 2013-06-01 18:04 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(1)