<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

トスカーナと近代絵画展

b0089323_1549138.jpg3012.10.29 損保ジャパン東郷青児美術館で「トスカーナと近代絵画展」(フィレンツェビィティ近代美術館コレクション)を観賞。トスカーナ州(州都フィレンツェ)は、ルネッサンス芸術の発祥地として有名。ビィティ宮はメディチ家など歴代君主の居館であった。
 目玉は、チラシやポスターに取り上げられた、ジョヴァンニ・ファットーリの「従姉妹アルシアの肖像」のようだ。あまりにも小さな絵なのには驚かされたが、貴賓のある女性が描かれていた。ラファエッロ・セルネージの「麦打ち場」も比較的小さな作品だが、当時のトスカーナの自然と人々の暮らしであろう絵、他にもキリコ「南イタリアの歌」の不思議な面白さ、シニョリーニ「少年の頭部」の可愛らしさなどなど見応があった。
b0089323_15404155.jpg

by god-door70 | 2013-10-29 15:50 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

七人の会

b0089323_18105487.jpg2013.10.25 「七人の会」に参加。町田市在住のM.Kさんの運転で「町田市版画美術館」を案内して頂き、企画展「縁起もの ー版画と絵画で楽しむ吉祥図録ー 」を鑑賞した。
 松竹梅や鶴亀など縁起のよい動植物、七福神、仙人や富士などが古くから画題となった絵画が日本では多い。誰しもが健康、長寿、繁栄、成功を願う人間の性の表れであろう。浮世絵、判本、摺物、掛軸、屏風などを観た。「吉祥」は、広辞苑によると「めでたいきざし。よい前兆」とある。この機会が何かの良き兆しとなれば、と思う。会名に七福神の七が入っているから縁起がよいかも?学生気分で談笑しながら昼食を共にした。
by god-door70 | 2013-10-25 22:20 | Comments(0)

「三島市楽寿園」「熱海市起雲閣」

2013.10.22 富士市からの帰途、沼津ICで降り三島市駅付近にある「楽寿園」を見学。当園には明治維新に活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に建造した別邸「楽寿館」(市指定文化財)が公開されていて約30分館内の解説を受けた。襖絵・天井絵・引戸檜板絵は見事だが傷みがひどく残念。庭池は駅前付近の開発によって湧水が枯渇して溶岩の池と化けてしまっていた。景観への影響が大きいと推察。三島から山を越えて熱海市に入り「起雲閣」を見学。1919年(大正8)に別荘として築かれ、熱海三大別荘(岩崎別荘・住友別荘と)と称賛された建造物で、昭和初期に根津嘉一郎が洋館を増築している。戦後熱海を代表する旅館として文豪にも愛されたようだ。現在は熱海市の所有で有形指定文化財に登録されている。和様融合した建物や装飾、庭園でゆっくり時間を過ごして小田原経由で帰途についた。
b0089323_1053448.jpg
b0089323_10543250.jpg

by god-door70 | 2013-10-22 20:50 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

「国際切り絵コンクール展」

b0089323_10431643.jpg「2013.10.21 山梨県身延にある富士川切り絵の森美術館で開催されている「国際切り絵コンクール・公募入選作品展」を見学すべくマイカーで遠出した。中央高速を使い河口湖ICを出て、本栖湖、下部温泉を経て富士川クラフトパーク内にある展示会場に到着(約3時間)。
 コンクールでは約140点が入選し、応募数はその約3倍強ということだから450点が競ったことになる。パンフレットにある作品は、文部科学大臣賞入選した豊かな発想による細密なデザイン切り絵。切り絵と呼べるのかな、と感じる作品もちらほら。少しは参考になったかな。
 切り絵展見学後、国道52号線で南下し、単身赴任で勤務(25年前)していた富士市にある工場を訪問。懐かしく、そして日進月歩、新しい改革に挑戦する姿を嬉しく見学した。会社は、3年後に創業100周年を迎えるわけだが、益々の発展、世界への飛躍を願っている。
by god-door70 | 2013-10-21 10:35 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

「神戸同姓会」の終焉

2013-10-20 神戸姓を持つ人々の懇親と先祖の探索調査研究を目的とする同好の士の集まりである「神戸同姓会」は、平成2年に発足、今年で24年目を迎えた。しかし、最近年は新入会員の減少、会員の高齢化などで会員数が激減する状況が続いていた。加えて機関紙の発行などの運営面での難しさも増して来ていた。かっては同姓会、同族会など先祖探し(ルーツ研究)が関心をもたれた時代もあったが、近時はそれが薄れる世相の変化も見逃せない。
 同姓会の将来方向を種々論議した結果、会が健全に運営されている状況のうちに一旦解散するのが望ましいとの結論に達した。本日の総会で決議され、神戸同姓会の終焉を迎えた。会存続を期待する意見もあり、電子メールやインターネットを利用しての情報交換などの新しい方策を探っていくこととなった。
 機関紙「えにし」編集発行(総数:47号)にご尽力頂いたK.Kさんをはじめこれまで会の運営をご担当いただいた各位に感謝します。会員各位の今後のご健勝とご活躍を祈っています。
 なお、本ブログでの「神戸同姓会」に関する検索は右覧にある「タグ項目」の「神戸同姓会」をクリックして下さい。
 ◎「神戸会(かんべかい)」へのメッセージの投稿方法
kambekai@yahoogroups.jpこのアドレスにメールを送信すると、グループの掲示板にメッセージを投稿することができます。グループの掲示板にメッセージが投稿されると、投稿があったことと、メッセージの内容をお知らせするメールが、Yahoo!グループからグループメンバー全員に配信されます。
b0089323_20293597.jpg

by god-door70 | 2013-10-20 21:21 | Comments(0)

フラーワーアレンジメント#37 & 38

フラーワーアレンジメント#37「シャオニーグラス」、#38「ショコラテイエ」
b0089323_16442191.jpg

by god-door70 | 2013-10-20 17:30 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)

興福寺仏頭展・御府内八十八カ所めぐり

2013.10.18 「興福寺仏頭展」を東京芸大美術館で鑑賞。帰途、鴬谷駅で下車、御府内八十八カ所めぐりし#33理性寺を参拝。とげぬき地蔵尊寺に近くで高齢者で賑わっていたが、理性寺門前を素通りで参拝の方は無しに等しかった。参拝寺院数:44。参拝数率50%を達成したことになる。
b0089323_21384086.jpg

by god-door70 | 2013-10-18 20:56 | ウォーキング(walking) | Comments(2)

「国宝 興福寺仏頭展」

2013.10.18「国宝 興福寺仏頭展」を東京芸術大学美術館で鑑賞。国宝の仏頭の数々に圧倒された。十二神将像の凄みと愛嬌に、鎌倉時代の繁栄に触れることが出来た。小生の干支は「子」だが、鼠を頭上にチョコンと乗っている十二神将の武装は威厳があるが見上げている顔は何かひょうきん。板像の十二神将像の筋肉の盛り上がる彫りが見事。珍しい仏頭像企画展を堪能した。
b0089323_10492391.jpg

by god-door70 | 2013-10-18 20:50 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(2)

御府内八十八カ所めぐり(亀戸・両国付近4寺院)

2013.10.17 「杉の子会」昼食会に出席のため阿佐ヶ谷に出向いた。解散後、阿佐ヶ谷駅からバスで鷺の宮で下車、西武新宿で沼袋駅駅へ。駅付近にある3寺院(#2東福寺、#41密蔵院、#48禅定院)を参拝。参拝寺院数:43。密蔵院に隣接していた百観音明治寺本院にも立ち寄った。
b0089323_11152012.jpg

by god-door70 | 2013-10-17 20:26 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

御府内八十八カ所めぐり(亀戸・両国付近4寺院)

2013.10.13 亀戸・両国・浅草橋を歩き御府内八十八カ所めぐりを試みた。JR亀戸駅で降り2寺院(#73東福寺、#40普門院)を参拝。再びJRに乗車、両国駅で下車し#46弥勤寺を訪れた後、両国橋を渡って#23薬研堀不動尊に至る。参拝後浅草橋駅まで歩いた。快晴なれど風強く、両国橋では風で帽子が吹き飛ばれそうになった。両国で先を急ぎ過ぎて#50大徳寺を見落としてしまったのが不覚。いつの日か再挑戦だ。参拝寺院数:40。
b0089323_1042696.jpg

by god-door70 | 2013-10-13 21:29 | ウォーキング(walking) | Comments(0)