<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「ヴァロット展」「鉄斎展」

2014.7.31 「ヴァロット展」(三菱一号館美術館)、「鉄斎展」(出光美術館)を観賞。NHKTVの美術番組で、初めてヴァロットン(1865~1925年)の画家を知った。何かミステリアスな画家で、木版画で異彩をはなっている、との解説。美術館のPRでは「日本初の展覧会、フラットな色面と単純な描線の下に、人間の心理や虚構が描き出されていて、現代の私たちをもドキリとさせる。抑制のきいた描写ながら、男女の不穏な空気がぷんぷんする絵画は、一点一点が短編小説のようだと言ってもいいでしょう。」とあい、興味に誘われて出掛けることにした。なんとも、理解し難い油彩作品はともかく、木版画はモノクロ映画をストップしたような場面が描かれているようで実に面白い。こんな切り絵を作ってみたいものだ。「鉄斎展」では力強い水墨画を堪能できた。
b0089323_9285668.jpg

by god-door70 | 2014-07-31 23:30 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(2)

東京駅を遠望

2014.7.31 三菱一号美術館を出て、東京中央郵便局の6階展望スペースに昇り東京駅舎を眺めた。下から見るのと違った駅舎を見ることが出来た。鳩山邦夫元大臣に「文化財保護」ということでどやされて旧建物正面が残った建て替え工事後、新ビルの内部に入るのは初めて。郵便業務場所の様相は旧態依然で全く変わっていなかったが、テナント店舗がひしめく新ビルは吹き抜けで近代建築そのもの。
b0089323_1239279.jpg
b0089323_12402461.jpg

by god-door70 | 2014-07-31 23:05 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

家庭菜園

2014.7.20 今年の家庭菜園は、「小松菜」「紫蘇1」「胡瓜2」「トマト2」「ミニ西瓜1」「茄子1」「枝豆」「ミニ人参」「オクラ」と種類は多いが場所が狭いので全て少々だ。収穫が出来ているのは、まだ、小松菜、紫蘇、胡瓜、トマトだけ。ミニ西瓜は上手くいきそうもない。ミニトマトは既に50個ほど収穫しているのでトータル150個、胡瓜も既に15本ほど収穫しているのでトータル40本の収穫が可能だろう。ナスはせいぜい10~15個程度だろう。小家族には充分だ。枝豆、ミニ人参、オクラは予測できない状況。期待はしているのだが。
b0089323_17511137.jpg

by god-door70 | 2014-07-20 17:30 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(2)

フラワーアレンジメント#51「サマーメモリー」

フラワーアレンジメント#51「サマ-メモリー」2014-7
b0089323_2275188.jpg

by god-door70 | 2014-07-20 11:52 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)

「御府内八十八カ所巡り」の製本

2014.7.19 「御府内八十八カ所巡り」を先月達成したので、ブロブ掲載の写真と文を印刷しミニ本作製に挑戦してみた。丸善製のハードカベー(A4版)を購入して製本した。簡単で体裁よくできるので、書類整理には便利だ。
b0089323_11515136.jpg

by god-door70 | 2014-07-19 12:01 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

映画「パガニーニ」

b0089323_10133150.jpg2014.7.14 19世紀イタリアの天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニのスキャンダラスな人生を描く映画「パガニーニ」を観た。映画を好んで観る方ではないが、音楽家、美術家の伝記ものは観ることが多い。パガニーニ役による名器ストラディバリウスで奏でる名曲の数々、そして相手役が美しい声で唄う歌曲を聴いた。「愛と狂気のヴァイオリニスト」と呼ばれるごとく卓越した芸術家の一生は、ラフマニストと同様凄まじい。
by god-door70 | 2014-07-14 10:04 | 講演会・映画 | Comments(0)

「モナミ洋画会展」&「ボストン美術館展」

2014.7.10 職場仲間であったO.Yさんが参加している「モナミ洋画会展」を世田谷美術館ギャラーで見学。西山松生画伯が指導しておられる絵画グループ展、作品展開催24回目となかなか歴史ある会で優れた作品が多く鑑賞できた。Yさんは、有名な歌曲をテーマにした女性像、静物など傑作7点を出展、益々腕を上げられ、パステル技法だけでなく新しい画材への追求など研究熱心なお話を拝聴した。
 丁度美術館本館で「ボストン美術館ー華麗なるジャポニスム展」が開催されていたので立ち寄った。世界の至宝といわれているモネの「ラ・ジャポネーズ」が観れた。別名《着物をまとうカミューユ・モネ》のモデルはモネの最初の妻。背景に多くの団扇が配されてまさに日本趣味といえる大きな絵。世界の画家に影響を与えた日本美術に万歳だ!
b0089323_11242442.jpg
O.Yさんのパステル作品「静 物」
b0089323_1035032.jpg

by god-door70 | 2014-07-10 18:51 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(4)

久保修「紙のジャポニスム」

2014.7.7 七夕の日だが雨模様。切り絵画家・久保修「紙のジャポニスム」を見学に出掛けた。世界を飛び歩く中での2年振りの作品展。東京駅を描いたモノクロ作品が目立っていた。モスクワでの作品展の反響や最近開催した島根県展などについてお話を聞くことが出来た。そして7/14から始まる「切り絵世界展」の抱負もうかがった。今後の精力的な活動を期待している。作品「うさぎ」が描かれた貴重なモスクワ展のポスターを頂戴した。
b0089323_10391088.jpg

by god-door70 | 2014-07-09 10:41 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

「七人の会」

2014.7.1 「七人の会」に参加した。今回は、サントリー武蔵野ビール工場を見学後府中付近で会食し旧交を温めた。近況を語り合った後、くらやみ祭りで有名な大国魂神社を参拝した。左回り2回、右回り1回の輪を定められた通り通過、少しは願いが叶うのだろうか。府中駅に続く参道も本殿もなかなか立派だ。
b0089323_10305483.jpg

by god-door70 | 2014-07-01 20:09 | Comments(0)