<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「第6回紙パルプ倶楽部絵画展」

2014.9.22 切り絵2点を出品した「第6回紙パルプ倶楽部絵画展」が今日から9月28まで6日間、銀座「紙パルプ会館2階会場」で開催される。出展者数36名、作品数62点。油彩、水彩、パステル、ペン画淡彩、木版画、切り絵、アクリル、墨彩画、色鉛筆、日本画が展示されている。ぜひお立ち寄り下さい。
「カンボジアの月」と「大阪中央公会堂」の2点を出品した。
b0089323_17521162.jpg
b0089323_175347100.jpg

by god-door70 | 2014-09-22 17:53 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

江戸の大名屋敷を歩く#3(虎ノ門、新橋)

2014.9.22 江戸の大名屋敷を歩く#3(銀座線虎ノ門駅~新橋駅)2時間程度。江戸城外堀の櫓台跡、虎ノ門金刀比羅宮(丸亀藩京極家勧請)、義士足洗の井戸(仙石伯耆守久尚の屋敷跡)、ホテルオークラ(川越藩松平家の上屋敷)、浅野内匠頭終焉の地(一関藩田村家上屋敷跡)【地下鉄工事中で見当たらず】、塩竈神社(仙台藩伊達中屋敷跡)、日本テレビ(伊達家上屋敷跡)など。将軍家の別邸「浜離宮」には寄らず地下鉄銀座線新橋駅から帰宅。
b0089323_114716100.jpg

by god-door70 | 2014-09-22 17:18 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

映画「私の愛した大統領」

2014.9.20 第32代アメリカ大統領ルーズベルトの伝記ドラマ。切手収集家ルーズベルだから切手に関連する場面が出てくるかどうかとの関心があって観た。何と大統領の一番の理解者として彼を支え続けた女性デイジーとの最初の場面で「切手ファイルを見せるシーン」が映し出された。後半で2度程同様な場面があった。切手に関連するシーンの映画は珍しく嬉しくなった。1946.12.13モナコで切手を整理するルーズベルトを描いた切手が発行されている。映画は、第2次世界大戦前夜の英国王ジョージ6世夫妻が渡米した際のエピソードの裏側を描いた作品。
b0089323_12113399.jpg
b0089323_15432897.jpg

by god-door70 | 2014-09-20 12:09 | 講演会・映画 | Comments(0)

写真展(経友写真クラブ)

2014.9.19 知人K.Sさんが「経友写真クラブの写真展」に出品されたのでJCIIクラブ25に出掛けた。「岡山県旧閑谷学校」を題材にした4点を観賞した。世界最古の庶民のための学校建築物で国宝や重要文化財に指定された国の特別史跡。静けさを感じさせる見事な作品であった。機会があったらぜひ訪れたいものだ。
b0089323_1110484.jpg

by god-door70 | 2014-09-19 21:17 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

江戸の大名屋敷を歩く#2(赤坂付近)

2014.9.19 江戸の大名屋敷を歩く#2(赤坂付近)。勝安房邸跡【都指定旧跡】、松代藩真田家の中屋敷付近、氷川神社、幕末時の勝海舟邸跡、東京ミッドタウン(長州藩中屋敷)、檜町公園池(毛利家の庭園)を歩く。
b0089323_11202445.jpg

by god-door70 | 2014-09-19 20:29 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

江戸の大名屋敷を歩く#1(JR渋谷駅付近)

2014-9-15 まだ日中は日差しが強いが漸くウォーキングに適した気候になってきた。「御内府は八十八カ所巡り」が6月末に完遂したので、適当な目的をもって歩くための本を探していた。黒田 涼 著「江戸の大名屋敷を歩く」(祥伝社)を新聞広告で見付け活用することにした。おそら達成するのには2年位かかると思う。
 まずは近場からと、渋谷近辺の大名屋敷跡などを探しながら歩いた。渋谷氏の居城跡にある「金王八幡宮」で参拝、次に薩摩藩下屋敷跡に建っている「常盤松の碑」(幕末のもの)、樹齢400年の松は戦争で焼けてない。字は判読出来ず。常陸宮邸前を通って「淀藩稲葉家の下屋敷跡」(現こどもの城・国連大学本部付近ン一帯)。約1時間半程度。
b0089323_1531404.jpg

by god-door70 | 2014-09-15 14:58 | ウォーキング(walking) | Comments(0)

旅行(札幌・礼文島・知床・羅臼)-①

2014.9.6~9.7 札幌市内見物。重要文化財指定の建物を中心に札幌市内を回る。目指すは「北海道知事公館」と「旧小熊邸」であった。知事公館(設計:萩原惇正)は、昭和11年(1936年)に三井合名会社の別邸として建てられたもので現在知事公館として使用されている。旧小熊邸はライトの弟子で北海道近代建築の草創期を代表する建築家田上義也の設計建築(昭和2年)による邸宅。建築当初の姿で復元移築され、現在は喫茶店として利用されている。市内と思えない静かな庭園、小高い丘に建ちメルヘンッチックでもある。「北海道庁建物」「札幌資料館」「時計台」「北海道大学キャンパス」などを一通り見物後、今年6月に新装オープンした「札幌競馬場」で数レースを楽しむ。北海道に行ってまで競馬では笑われそう。
b0089323_1904024.jpg
b0089323_1952041.jpg
b0089323_1972741.jpg
b0089323_18575229.jpg

by god-door70 | 2014-09-12 20:04 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

旅行(札幌・礼文島・知床・羅臼)-②

2014.9.8 礼文島・知床・羅臼)に渡る。数日前の豪雨で一部道路閉鎖で観光ルートダメージを受けたばかり。通船から崖崩がみれた。桃岩岩展望台への道は通行止め。礼文島の岬巡りで当島だけの高山性植物などを見ながら景観を味わった。ゴロダ岬でトドの肉を食べてみたがバサバサした感じで美味い肉ではない。最北部スコント岬、澄海岬なども回った。
b0089323_11325444.jpg
b0089323_11335350.jpg
b0089323_1136290.jpg

by god-door70 | 2014-09-08 20:26 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

旅行(札幌・礼文島・知床・羅臼)-③

2014.9.9~9.10 知床・羅臼で過ごす。天候悪く海が荒れてホォエール・ウォッチングでイルカの群れは見れたが、クジラはとうとう顔も尾っぽも海面から出ずじまい。自然のことゆえ仕方なし。魚市場で「烏賊の競り」を見学、羅臼昆布作業体験などで過ごす。烏賊釣りの最盛期、午後3時頃、連なり出港していく風景は圧巻(総数300隻とのこと)。漁船は全国からこの時期に集結し、羅臼漁場烏賊扱い量は全国の60%を占めるらしい。夜、水平線に一線にならぶ漁火群は美しい。
b0089323_191272.jpg
[
b0089323_1914502.jpg
b0089323_19154321.jpg
b0089323_19235186.jpg
b0089323_19143433.jpg

by god-door70 | 2014-09-06 20:34 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)