<   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅰ【広島】

2014.11.16 瀬戸内海山陽道にある名庭見物の旅をした。主目的は、広島市【縮景園庭園】、岡山県高梁市【頼久寺庭園】、岡山市【後楽園】、姫路市【好古園】の見学。
折角の機会なので途中横道に大幅にそれながらの数日を過ごした。まずは「原爆ドーム」、「平和公園」で頭を垂れ平和を祈りつつ、核爆弾を投下した戦勝国の非人道的行為への憎しみを禁じえなかった。
広島市【縮景園庭園】は、広島藩主浅野家の庭園であった。家老上田宗箇の作庭。中国杭州の西湖を模して縮景したと伝えられている。高台にある超然居から回遊式大名庭園の紅葉の映える全景を見渡した。満足、満足。
b0089323_21353439.jpg
b0089323_21364865.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 22:30 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅱ【大久野島】

2014.11.16 寄り道第一号。瀬戸内海に浮かぶ大久野島に呉線只海港から小船で渡った。広島県竹原市忠海の沖合3kmにある周囲4.3kmの小島。野生のウサギたちが生息する様子が見れる。餌を嗅ぎつけると沢山のウサギが集まってくる。ウサギ好きには堪らない。島全体には700匹が生息。地元の小学校で飼っていた数匹のウサギを放したのが始まりと言われている。毒ガス工場が戦時中あったという悲惨な歴史もかかえている島でもある。国民休暇村があり、ウサギと戯れてのんびり過ごすことができる
b0089323_2146455.jpg
b0089323_2202341.jpg
b0089323_2222486.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 19:38 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅲ 【尾道】

2014.11.17 岡山への途中で「瀬戸内しまなみ海道」本州側玄関口尾道に泊る。目的は、海道を渡り因の島で「村上水軍の城」「本因坊秀策生家」を生口島で「平山郁夫美術館」を訪れるため。明日が楽しみだ。
尾道は寺と坂の港町。志賀直哉の名著「暗夜行路」で尾道が出てくる。江戸時代に北前船の寄港地として栄え多くの豪商が寺院を建立。現在も多く残っている。千光寺参拝にはロープウェーを使ったが、辿りつくのに苦労した。寺から見下ろす尾道の景観は疲れを忘れさせてくれたが二度と急坂の上り下りはご免だ。
b0089323_22154720.jpg
b0089323_22151948.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 17:13 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅳ 【瀬戸内しまなみ海道】

2014.11.18 「瀬戸内しまなみ海道」を使って、向島を経て因島と生口島まで行った。目指したのは村上水軍の「因島水軍城」、「本因坊秀策囲碁記念館」そして生口島の「平山郁夫美術館」。南北朝から室町・戦国時代にかけて活躍した村上水軍の小説「村上海賊の娘(和田竜著)」を読んで興味があったこと、江戸時代に活躍した天才棋士秀策にあやかって棋力が少しでもアップをと。平山画伯生誕地にある平山郁夫美術館では少年時代に描いた作品が展示されているので。母親がよくも保存していたものだと敬服。
b0089323_22244726.jpg
b0089323_22263079.jpg
b0089323_22271081.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 14:18 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅴ 【倉敷】

2014.11.18 名庭を訪ねての旅の一つ「備中高梁・頼久寺庭園」見学のためには倉敷駅からJR伯備線で約1時間程かかる。途中下車し昔日の繁栄がしのばれる天領の町・倉敷で遊覧することにした。倉敷では「大原美術館」で名画を観賞しなければいけないと。そして倉敷畔の「美観地区」の町並み、倉敷商人の活躍の足跡を。白壁の建物や柳並木が美しい。大原美術館では教科書に出てくる名画などを観賞できた。
b0089323_1131732.jpg
b0089323_1131037.jpg
b0089323_1132453.jpg
b0089323_1223236.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 12:34 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅵ 【備中高梁】

2014.11.19 倉敷からJR伯備線で約45分備中高梁駅で下車。ようやく目的の2番目の庭園「頼久寺庭園」を見学することとなった。寄り道が多い連続だった。庭園を訪れる前に城下町を散策。現存する天守で最も高い所にある山城・備中松山城(標高430m)(国指定重要文化財)を遠望した。天守までの道のりを考慮して残念ながらだが。鎌倉時代、秋葉重信が城を築いたのが起源で改築を重ねて現在に至っている。武家屋敷跡、高梁基督教会を経て頼久寺に到着。江戸時代寺を仮の館としていた小堀遠州が作庭した名園(国指定名勝)。枯山水庭園は愛宕山を借景に石組、海波を表現したというサツキの切り込みは見事であった。しばし時間を過ごす。高梁基督教会は、1889年(明治22)建造、岡山県最古の教会。先立つ1880年(明治13年)に新島襄が宣教師オーティス・ケーリと一緒に伝道に来ていて、新島が訪れたことで、高梁にキリスト教が急速に広がりをみせたそうだ。
高梁市には国指定の重要伝統的建造物群保存地区として剪定されている「銅とベンガラのまち」があるが、遠方でもあり時間の関係で寄れなかったのが残念だ。ベンガラ色の古い家並みにたたずんでみたっかったが、もう機会がないだろう。
b0089323_9531723.jpg
b0089323_9541031.jpg
b0089323_9543559.jpg
b0089323_955198.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 10:37 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅷ 【旧閑谷学校】

2014.11.20 山陽本線倉敷駅で乗車し岡山駅を通過、約1時間で吉永駅到着。岡山後楽園を見学する前に最も需要な寄り道となる「旧閑谷学校」の見学だ。赤い備前焼瓦で覆われた構造物や石塀のほとんどがが国宝や重要文化財に指定されている。
閑谷学校は、藩校でなく世界最古の庶民のための学校・地方のリーダーを育てる学校であった。創建は、1670年(寛文10年)、藩主池田光政の命により重臣津田永忠が建設。学校を取り囲む上部が丸く整然と組み上げられた独特の景観をもたらしている石塀には驚き、思わず撫ぜてしまった。聖廟の門前左右に聳える楓の葉はほとんどが散っていて残念だったが、素晴らしき道草をした。岡山に戻り次は後楽園の見物だ。
旧閑谷学校を訪れたのは 知人K.Sさんが「経友写真クラブの写真展」に出品された「岡山県旧閑谷学校4枚組写真」を観賞し、見事な映像に魅せられたのが切っ掛けである。myblog2014.9.18に「機会があったらぜひ訪れたいものだ」と書いた。それが実現したのである。
b0089323_174395.jpg
b0089323_1744159.jpg
b0089323_1744351.jpg
b0089323_17445352.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 09:38 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅷ 【岡山】

2014.11.20 山陽道の旅道草をしながら、三つ目の庭園「岡山後楽園」に到着。20年ほど前に春の季節に訪れているので二度目の見学。今回は紅葉の季節でサクラの季節とは趣が違う。夏も緑の芝生、花菖蒲畑に咲く花々で楽しめることができるだろう、と想像しながら回遊式庭園でひと時をすごした。広大で気分を爽快にさせてくれる庭園だ。
岡山後楽園は、金沢兼六園、水戸偕楽園とならび日本三大庭園のひとつと称させている江戸時代を代表する大名庭園。岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて1700年(元禄13)に完成した。先に訪れた旧閑谷学校も津田永忠の建造であったことからして池田藩における択一した建築・造園家だったのだろう。文化財保護法による「特別名勝」に指定(昭和27)されている。
b0089323_10141951.jpg
b0089323_1014047.jpg
b0089323_10151084.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 09:00 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅸ 姫路

2014.11.21 今回の名庭園巡り最後になる庭園「好古園」に辿りついた。姫路城西御殿跡に姫路市制百周年を記念して造営された比較的新しい庭園である。
好古園は、姫路城を借景にした池泉回遊式庭園で、九つの庭が地割りを活かして趣の違って造営されて四季の変化を楽しませる工夫がしてある。姫路城の天閣が望める庭には紅葉した落葉樹が水面に見事に映えていた。約1万坪の庭を江戸時代を偲ばせる土塀、屋敷門、長屋門、渡廊下などをゆっくりと見学した。今日で山陽道百名庭4つを巡る旅を終了。庭園だけでなく横道にそれながら永年見学を望んでいた殆どの見所を訪れることが出来た一週間であった。次は何処に、と夢みている。
b0089323_18375629.jpg
b0089323_18381630.jpg
b0089323_18384058.jpg
b0089323_18391457.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 08:40 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

フラワーアレンジメント#48「クロンドノイエル」

フラワーアレンジメント#48「クロンドノエル」2014/11
b0089323_222571.jpg

by god-door70 | 2014-11-20 12:34 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)