<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「版画の紙を極める」

2016.1.29 小津紙店ギャラリーで「版画の紙を極める」展を観る。木版画と和紙は切り離せない関係にある。エンブラントも越前和紙を愛用したとの研究報告がある。和紙は古くから輸出され多方面で使われたようだ。和紙と木版画の取り合わせ(適性)を各種の和紙を好事家向けに比較展示されていた。和紙の深みを感じた。
b0089323_16395847.jpg

by god-door70 | 2016-01-29 15:55 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

パリ・リトグラフ工房idemから ―現代アーティスト20人の叫びと囁き

2016.1.29 東京ステーションギャラリーで開催している「パリ・リトグラフ工房idemから ―現代アーティスト20人の叫びと囁き」展を鑑賞。版画やリトグラフが、切り絵と似ているところがあるので興味があり出掛けた。解説によると「版画技法リトグラフは、19世紀から20世紀初頭にかけてフランスで花開き、ピカソやマティス、シャガールなどが数々の名作が生みだされて脚光を浴びた。工房「Idem Paris」は、100年以上にわたるその歴史を背景に、モンパルナスの地で技術と伝統を受け継ぎ、1990年代からアーティストとの協働を積極的に行っている。」とのこと。
b0089323_16465581.jpg

by god-door70 | 2016-01-29 15:52 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

映画「愛しき人生のつくりかた」

2016.1.25 美術展の後、Bunkamuraル・シネマで映画の題名につられてフランス映画「愛しき人生のつくりかた」を観た。夫の死後家族に行方を告げず姿を消した祖母を捜す旅に出た孫が、祖母の知られざる過去や秘めた夢に触れていく人間ドラマ。3人の息子に恵まれ、幸せな人生を送ってきたが、一人になってふとこれまでの人生に思いをはせる。人生の悲哀や喜びが散りばめられている。心温まる映画だ。「フランスで100万人を動員したヒット作品」はうなずける。
b0089323_14461662.jpg

by god-door70 | 2016-01-25 16:17 | 講演会・映画 | Comments(0)

「英国の夢ラファエル前派展」

2016.1.25 「英国の夢ラファエル前派展」をBunkamura ザ・ミュージアムで鑑賞。解説によると「リバプール国立美術館の所蔵品から、ラファエル前派及びその追随者の油彩・水彩など60数点を紹介し、近代における英国美術の「英国らしさ」を「英国の夢」をキーワードに浮き彫りにしていきます」とある。19世紀中頃に結成された活躍したグループで、当時の美意識を充分に表現した画風を感じられる。
b0089323_1435364.jpg

by god-door70 | 2016-01-25 16:15 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第25回全日本アートサロン絵画大賞展」入選

2016.1.23 公募展「第25回全日本アートサロン絵画大賞展」の入選者が本日 ”産経新聞” 紙上で発表された。自由表現部門に前回「切り絵 韓国民家」で落選し、今回2度目の挑戦。今回は「切り絵 涅槃仏(タイ王国)」で応募、「入選」することが出来た。タイを旅行した折のイメージをもとに作成した切り絵。万歳!。応募総数は、1,442点だったとのこと。
自由表現部門の審査委員は建畠哲(多摩美術大学学長)、日比野克彦(東京芸術大学教授)、山本容子(銅板画家)の3氏。
東京展は、2016.2.4~2.15の会期、国立新美術館・展示室1B(東京港区六本木)で展示される。大阪展は、3.1~3.6の会期、大阪市立美術館(大阪市天王寺区)。
b0089323_16493063.jpg
  「第25回全日本アートサロン絵画大賞展」入選 「涅槃仏(タイ王国)」
b0089323_22243658.jpg

  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
by god-door70 | 2016-01-23 16:51 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(3)

飛来する鳥

2016-1-10 葡萄棚に飛来した鳥を撮る。餌を求めて毎朝のように飛来する。
b0089323_1093280.jpg
b0089323_10203424.jpg

by god-door70 | 2016-01-10 10:01 | Comments(1)

フラワーアレンジメント#62「ブリリアント」

フラワーアレンジメント#62「ブリリアント」
b0089323_18442826.jpg

by god-door70 | 2016-01-09 10:43 | Comments(0)

映画「美術館を手玉にとった男」

2016.1.7 映画「美術館を手玉にとった男」を鑑賞。30年にわたりアメリカの美術館をだまし続けた贋作画家ランディスの生活と生い立ちを追ったドキュメンタリー。贋作を作り続けては金もうけをすることなく20州、46か所の美術館に無償で寄贈していた画家の素顔、彼を追い詰めていく人々やだまされた人々の姿を通し、さまざまな感情をユーモラスに。実話であり、本人には贋作の方がずっと価値があったようだ。金もうけを目的としていないことから彼は罪に問われなかったが、奇妙な人がいたもんだ。
b0089323_21275684.jpg

by god-door70 | 2016-01-07 21:28 | 講演会・映画 | Comments(0)

映画「FOUJITA」

2016.1.4 映画「FOUJITA」を鑑賞。フランスを中心に活動してきた画家・藤田嗣治を主人公に、彼の生きた激動の時代を描く伝記ドラマ。主演はオダギリジョー。1920年代パリ、日本人画家・フジタが描く裸婦像は「乳白色の肌」と称賛され、彼は時の人となり、一躍エコール・ド・パリの人気者となった。第2次世界大戦が始まり、フジタは日本に帰国し戦争画を描くようになる。敗戦後、戦争協力に対する批判に嫌気が差して日本を去った。栄光と苦悩が織りなす生涯を描く伝記ものを楽しんだ。
b0089323_2171181.jpg

by god-door70 | 2016-01-04 20:56 | 講演会・映画 | Comments(0)

初詣(大宮八幡宮)

2016-1-3 大宮八幡宮に初詣。家族の健康と幸せを祈念。参道にある材木屋の材木に描かれた干支の絵を撮る。
b0089323_2144968.jpg
b0089323_2151881.jpg

by god-door70 | 2016-01-03 21:15 | Comments(0)