<   2017年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

庭のニニトマト

2017.7.30 7月も終わりだ。暑さはまします厳しくなってきた。ミニトッマトも水が恋しいだろうか。毎日食べてもおいつかないで、まだ房々が残っている。キュウリの方は今年は不調で収穫低調で終わりに近づいている。
b0089323_10022275.jpg
b0089323_10030118.jpg


by god-door70 | 2017-07-31 10:03 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

庭の花(白いゆり)

2017.7.16 庭の白いゆりが咲いた。
b0089323_21102170.jpg

by god-door70 | 2017-07-16 21:10 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

写真展「2017 四季のいぶき」

2017.7.16 写真展「2017 四季のいぶき」に、稲の会の会員Yさんが出品されているので鑑賞に出向いた。72作品が「PHOTO GROUPいぶき」所属の会員により展示されていた。日本全国の自然風景が見事に切り取られていた。Yさんの益々の活躍を願っています。
b0089323_21060814.jpg

by god-door70 | 2017-07-16 21:06 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「稲の会作品展」への出品作品

2017.7.12 「稲の会作品展」へ出品した作品をブログアップしました。ご批評歓迎、コメントお待ちします。
b0089323_14575380.jpg
梅 と 馬
b0089323_14583018.jpg
林 間 の 馬 列
b0089323_14592016.jpg
観 桜
b0089323_14595955.jpg
ノ ウ ゼ ン カ ズ ラ
b0089323_15002309.jpg
曼 珠 沙 華
 リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
by god-door70 | 2017-07-12 15:05 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「稲の会作品展」無事終了

2017-7-11 「稲の会作品展」無事終了しました、猛暑の中、ご来場、ご高覧頂きありがとうございました。ジャンルの多い作品展ですので楽しんで頂けたでしょうか?。来年は第10回目の記念すべき作品展となります。会員一同来年に向けて腕を磨き傑作を展示したい考えです。
b0089323_22345956.jpg

by god-door70 | 2017-07-11 22:35 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「ミニトマト収穫」

2017-7-7 七夕の日。ミニトマトの収穫。
b0089323_09425677.jpg

by god-door70 | 2017-07-10 13:39 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「稲の会作品展」初日

2017.7.7 「稲の会作品展」初日の状況です。ご来場、ご高覧頂ければ幸甚です。      
b0089323_16072172.jpg
b0089323_16080904.jpg

「第9回稲の会作品展」のご案内

   会期:平成29年7月7日(金)~7月11日(火)
      10時~18時 (初日13時より、最終日15時まで)
   会場:「セシオン杉並」 杉並区梅里1-22-32
   交通案内:地下鉄丸ノ内線 東高円寺駅 徒歩5分

会員数 20名、出品展示数 104点、 ジャンル 15(油彩、水彩、パステル、水墨、デッサン、版画、切り絵、写真、書、色紙、短歌、陶芸、竹細工、模型、フラワーアレンジメント)です。ジャンルが広範囲ですのでお楽しみ頂けると思います。ご高覧頂ければ幸甚です。
b0089323_11460114.jpg

by god-door70 | 2017-07-07 15:47 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「久保修 紙のジャパニズム」

2017.7.6「久保修 紙のジャパニズム」を鑑賞(於伊勢丹ギャラリー)。精力的に国内外で活躍する久保作品を堪能。若冲ぶりの切り絵「尾なが鳥」は見事。「構想に3年を費やした」ことなど苦心談を聞いた。「ファミリー展」を開いたことを報告し、作品集をご覧いただいた。何時までも続けてほしい、と激励された。
b0089323_21414656.jpg

by god-door70 | 2017-07-06 21:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

講演会「禅の悟りを求めて」

b0089323_10504199.jpg
 2017.7.5 紙パルプ倶楽部午餐会で、臨済宗妙心寺派 龍雲寺住職 細川普輔氏の講演「禅の悟りを求めて」を拝聴。同氏は現在、NHK大河ドラマ「おんな城 直虎」で禅宗を指導中。1970年生まれの若き僧侶。酷暑の日、禅宗の教えの一端に触れ心が洗われた。心底理解したわけではないが、「そうだよなあ」と思ったりした数時間。要は与えられた人生を精一杯生きることが重要で、この世は生きるに値するということでしょうか。
紹介された名僧や思想家の言葉や箴言を記してみましょう。「生涯現役・臨終定年」「知恩報恩」「生ききる」「自分にとって悪い縁を、いかによい縁にしていくか」「人生は途中で終わるものであり、ゴールインはない、と割り切ると肩に力が抜けてらくになります。」「生きつつあることは、死につつあること」「他の人々によって、自分の光をいただいている私、皆さんが光るから私も光る。」

by god-door70 | 2017-07-05 20:50 | 講演会・映画 | Comments(0)

「不染鉄」展

2017.7.5 「不染鉄」展を、東京ステーションギャラリーで鑑賞。当美術館は特異なコンセプトで、ユニークは美術展を開催し続けていていつも新しい興味と心を引き付けられる。「追悼特別展 高倉健」「パロディ、二重の声」「二萬五千頁の王国」などに続く「没後40年 幻の画家 不染鉄」企画展である。全く知らなかった明治後半期から昭和50年代まで画業を続けた謎に包まれた画家らしい。「不染の妙味は、見えないはずのものも見通す俯瞰と接近の相まった独特な視点にある」 と解説されていた。確かにそう思いながら富士山や漁村の作品に触れた。
b0089323_10104076.jpg


by god-door70 | 2017-07-05 18:00 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)