切手に見る紙のお話(62)「紙の歳時記 夏【5-3】提灯」

「紙の歳時記 夏【5-3】提灯」
b0089323_1844112.jpg 大型提灯で最も有名なのは、東京・浅草寺の雷門大提灯ではないだろうか。訪日外国人にとっては日本のシンボルのようなものだ。代わる代わるに大提灯の前に立ちカメラやスマホを操る。そして仲見世を通り日本の土産品を物色する。爆買いと称されている中国人グループの大声が響く昨今である。
 広辞苑の「ちょうちん」をみると、提灯にまつわるネガティブな言葉がある。【提灯持ち=他人の手先に使われ、他人のためにその長所などを吹聴すること】【提灯で餅をつく=思うようにならないことのたとえ】【提灯に釣鐘=物事のつり合いが取れない】【提灯程の火が降る=貧乏のひどいさまのたとえ】。ふむふむ。
b0089323_8521973.jpg ふぐ提灯は、下関を代表する民芸品。 まずふぐの皮を残して身をきれいに抜き、 もみガラを詰めながら皮をふくらませ形を整えて 天干して乾燥させる。もみガラを抜き完成という工程で制作される。 一つ一つみな表情や形が違ってるので土産品選択での楽しみのひとつだろう。

参考資料 岩波書店「広辞苑」 
     web 「ふぐ問屋下関 さかいHP」
*1996.8.8 ふるさと切手・東京 「浅草寺雷門」
*1989.11.1 ふるさと切手・山口 「ふぐ提灯」

b0089323_856593.jpg

# by god-door70 | 2016-06-25 18:46 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(61)アラカルト(5)「国勢調査」

アラカルト(5)「国勢調査」
b0089323_21252843.jpg 2016.7.10に参院選選挙が行われる。鳥取・島根、高知・徳島が一人区として合区され、増減された都県もある。直近の国勢調査に基づき最高裁から憲法違反として「1票の格差是正勧告」がなされたことによる改正である。国勢調査は、一定の時点で国民全人口やその属性を,国家が観察する実地調査で国の最も重要かつ基本的な統計調査である。日本では 1920年が最初で,ほぼ5年ごとに実施され,第2次世界大戦後は統計法に基づき,1950年から10年ごとに大規模調査が、そしてその中間年次に簡易調査が実施されている。大規模調b0089323_21272338.jpg査と簡易調査の違いは調査項目数で、大規模調査は22項目、簡易調査は17項目を基本としている。調査は世帯単位で大別「世帯員に関する事項」と「世帯に関する事項」でそれぞれ行なわれる。
 国勢調査の基本的な目的は、日本国内の人口・世帯の実態を把握し、各種行政施策の基本資料を得ることとされているが、国勢調査の利用は政治や行政などの公的な目的にとどまらず、民間企業の経営判断や研究活動などにも広く活用されている。従って、衆参衆院議員選挙区の画定、委員数などの基準となり法廷闘争、最高裁の判断に繋がっている。
b0089323_21224134.jpg国際連合が、世界の人口・経済の動向を一斉に把握することを目的として、西暦の末尾が「0」の年を中心に「世界人口・住宅センサス計画」を提唱し、世界各国に国勢調査を実施することを勧告しており日本の国勢調査もその一環として位置付けられている。
b0089323_22164768.jpg 第1回国勢調査は1920年(大正9年)に実施され、2015年(平成27年)の調査で20回目で最も新しいデータということになる。次回は東京オリンッピクが開催される2020年である。これまで日本国関連での国勢調査記念切手は、日本では4回(1920、1930、1965、1995)、米国施政下の沖縄で2回(1960、1970)、満州国で1回(1940)発行されている。
 国勢調査も選挙も大量の紙が使われる。
b0089323_22583850.jpg2010年調査による世帯数5,195万を基準として紙の必要枚数を仮に計算してみると、申告用紙A4版2枚としておよそ1億400万枚、10%加算を考慮すると1億1440万枚、記載要領解説書A4版2枚が加えられて2億2880万枚、封書用紙5700万枚というように概算計算だけでも5年ごとに大きな紙需要が生ずることになる。
b0089323_10281045.jpg年間紙需要に占める割合は少ないかもしれないが。国政選挙となると選挙公報やポスターなど更に規模が大きくなるだろうから想像できないが、仮説計算してみるのも面白いかな。日本製紙連合会に問い合わせたら「そのような統計をとったことが無いから分かりません」とのことでした。
b0089323_18343050.jpg

b0089323_22591995.jpgb0089323_22594223.jpg










参考資料
 web 「総務省統計局HP」「Wikipedia《国勢調査(日本)》」 

右*1920.9.25 第1回国勢調査記念「大化元年の調査にあたった国司」
右*1930.9.25 第2回国勢調査記念「日本地図」
右*1965.7.20 第10回国勢調査記念「日の丸と人口を示すこけし」
左*沖縄1970.10.1 国勢調査記念「沖縄諸島地図と人びと」
右*沖縄1960.12.1 国勢調査記念「オオサギと旭日」
中央*1995.9.31 第16回国勢調査記念「16と国勢調査の文字」
下*満州国1940.9.10 臨時国勢調査記念「調査員と地図」「申告用紙の手渡し」
# by god-door70 | 2016-06-25 10:41 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

「中国紙工芸展」

2016.6.24 日中友好会館美術館で開かれている「中国紙工芸展」を鑑賞。切り紙は、歴史と独特の文化を持つ中国を代表する手工芸のひとつ。立体切り紙作品や光線を持ちいて動きを表現する作品など伝統技法に現代的オリジナル技法が加えられたユニークな作品を観た。切り絵制作に取り入れてみたい。
b0089323_1102987.jpg
b0089323_11113550.jpg

# by god-door70 | 2016-06-24 18:50 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(60)「紙の歳時記 夏【5-2】提灯」

「紙の歳時記 夏【5-2】提灯」
b0089323_9563838.jpg 「山口七夕ちょうちんまつり」は、数千本の竹につけたおよそ10万個ものちょうちんが揺れながら夜の街を彩る。約450年前から続く祭り。笹竹に鈴なりの手軽なちょうちんは、山口の夏の風物詩。毎年8月6日、7日に山口市の中心商店街、亀山公園などで開催される。

 日本三大提灯祭り
b0089323_9571688.jpg 秋田竿燈は、毎年8月3日 - 6日に秋田県秋田市で行われる祭り。竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。 重要無形民俗文化財に指定されいる。提灯には、雨によって貼った和紙が溶けないように表面に油が塗られている。また、燭台の両脇に空気を通すための穴があり、倒れてしまった時に穴から風が入り、火が消えるように工夫されている。1万個を超える提灯が夜空に輝く。大きい竿は、提灯の重さ50kg、長さ12mの及ぶ。
 尾張津島天王祭は、愛知県津島市と愛西市に伝わる津b0089323_9574340.jpg 島神社の500有余年の歴史を持つ川祭りである。7月第4土曜日の「宵祭」とその翌日に行われる「朝祭」がクライマックスであり、重要無形民俗文化財に指定されている。400個余りの提灯をまとった舟が、津島笛を奏でながらゆうゆうと天王川を漕ぎ渡り、揺らめく提灯が川面に映りその美しさを際立たせる。
二本松提灯祭りは、福島県二本松市にある二本松神社の例大祭。2011年に福島県重要無形民俗文化財に指定された。毎年10月4日 - 6日に開催される伝統300余年の祭り。提灯は、7町7台の太鼓台に約300個ずつの各町名の書かれた紅提灯が掛けられ、二本松神社で採火された御神火を出発地へ運び町内を曳き回す。

参考資料
 web 「山口県HP」「秋田市HP」「二本松市HP」 
 Wikipedia 「山口ちょうちんまつり」「秋田竿灯」「二本松提灯まつり」「尾張津島天王祭」
*左  1999.7.7 ふるさと切手「山口七夕ちょうちん」
*右上 1997.7.7 ふるさと切手「秋田竿灯まつり」
*右下 2006.7.3 ふるさと切手「秋田竿灯まつり」
# by god-door70 | 2016-06-23 16:49 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(59)「紙の歳時記 夏【5-1】提灯」

「紙の歳時記 夏【5-1】提灯」
 NHK大河ドラマ「真田丸」(2016.6)で北条氏の滅亡の場面が2週にわたって放映された。北条氏の居城は堅牢小田原城。小田原といえば「小田原提灯」。切手で「提灯(ちょうちん)」を探った。
b0089323_10404378.jpg 小田原提灯は、提灯の一種。東海道の宿場町であった小田原では、旅人が携帯するのに便利なようにと、同地在住の職人が、畳んだ時に胴の部分が蓋に収まるように作ったのが最初といわれている。➀使用時には同じ直径のリング状中骨による蛇腹形状を保ち、折りたたんだ際に携帯がしやすかった②中骨が平たく、紙との糊代面積が大きいために剥がれにくく、雨や霧に強い。③安価であった、という特徴から当時の道中旅人から人気があった。毎年7月の第4土曜・日曜に『あかりの祭典小田原ちょうちん夏まつり』を行われる。山本 和氏は「紙の歳時記」の提灯の項で《江戸時代に入っていろんな提灯が開発された。傑作は何といっても小田原提灯で、この懐中灯は頗る重宝された。》と記している。
b0089323_18245819.jpg 提灯は、細い割竹等を螺旋状に巻いた球形、円筒形などの枠骨に紙を貼り、底に蝋燭を立てて光源とする折りたたみ自在な構造にした灯火具。内部に明かりを灯し、紙などで風をさえぎって周囲を照らす。手にさげて持ち歩き現代の懐中電灯に相当したが、現在では祭礼や儀式の際を除くと、日常の場で使われることは殆んどない。
 小田原提灯のほかに「八女提灯」、「岐阜提灯」、「讃岐提灯」等が有名。一本の長い竹ひごを螺旋状に巻b0089323_18252398.jpgいて使う割骨と、短い物を輪に組んだ物を多数用意する巻骨がありそれぞれ伝統技術を継承している。福岡県八女提灯は竹骨が一条螺旋式、紙は薄紙の八女手漉き紙を貼った風雅な情緒味に富んだ提灯(平成13年2月伝統的工芸品指定)。岐阜提灯は、細骨に美濃和紙等の薄紙を張り、長卵形の吊提灯である。(平成7年4月同指定)。香川県讃岐提灯は、一本の竹ひごを切らずに提灯を作り、その提灯の内側に提灯がある三重構造で四国八十八ヶ所奉納提灯として生まれた極彩色に飾られた提灯。(平成7年4月同指定)。
b0089323_18133928.jpg

b0089323_1812048.jpg

b0089323_18543639.jpg


参考資料
 山本 和氏「紙の歳時記」木耳社
 web 「小田原市地場産業振興協議会HP」「岐阜提灯協同組合HP」「高松市HP」
 Wikipedia 「提灯」「小田原提灯」「八女提灯」

左 *2000.10.27 ふるさと切手「小田原城」「小田原城銅門」 
右上*1967.10.2 国際観光年 「ちょうちん」
右下*1970.6.15 日本万国博覧会記念(2次)「竿灯とパビリオン」
中央上*1989.4.18 切手趣味週間 「ガッター《日本国際切手展マーク入り》
中央中*1989.5.19 さくらめーる賞品小型シート
中央下*1970.6.29 日本万国博覧会記念 小型シ-ト
# by god-door70 | 2016-06-22 16:02 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(58)「紙の歳時記 新年【6】双六」

「紙の歳時記 新年【6】双六」

b0089323_950477.jpg 2016.4.20囲碁棋士井山裕太が七冠(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)を達成した。七大タイトル戦が行われるようになった1976年以来初の七冠だそうだ。
 日本では盤上で競う代表的遊戯に「双六」「将棋」「囲碁」がある。紙との関連を探ったが、「将棋」では縁台将棋に持ち出される紙製将棋盤程度で、「囲碁」については特段の関連は見出せない。
「すごろく」は、サイコロを振って、出た目に従って升目にある駒を進めて上がりに近づける盤上遊戯であるが、盤の違いで「雙六」と「双六」に分かれる。一般的に、盤すごろくb0089323_10243774.jpgが「雙六」で、絵すごろくが「双六」と称される。
切手デザインでは雙六盤を挟んで二人の女性が遊び一人が盤上をのぞき込んでいる。「鳥獣戯画」の第1巻に猿が雙六盤を担いでいる絵があり、駒や賽を入れているのだろう包みを持った猿が描かれている。
 木の板や石に盤面を彫った遊戯盤から、紙の生産と印刷技術の発達によって「絵双六」とb0089323_102561.jpgいう現代でも見ることが出来る形式に変遷してきた。起源は江戸時代の初期が通説。遊戯史学会会長の増川宏一氏は、双六を娯楽性・鑑賞性・教訓性・広告性・賭博性の5分類して性格付けている。テレビの普及や携帯・スマホ・パソコンなどの電子機器の発達によって独り遊びゲームが増えたことや核家族や家族数の減少も加わり「絵双六」での遊びは魅力を失った。遊び方は、5世紀の東ローマ帝国の記録にもあるという世界最古のレースゲームは一辺の紙屑のごとき存在なってしまった。
 双六は主に草紙屋と本屋が出版していた。制作工程には違いがないが、紙の調達には苦労があったようだ。戦前に付録で最も双六を大量に扱っていた講談社は、戦後一時期用紙が制限され販売数量縮小や、用紙入手困難で発売を中止したこともあったとの講談社社史に記載がある。

《余談》
 2016.6.29日経新聞朝刊「平城宮役人、すごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か」によると、朝鮮半島のすごろく「ユンノリ」用のさいころとみられる棒を奈良市の平城宮跡で発掘した、と奈良文化財研究所がその成果を発表したことを報じた。「ユンノリ」は朝鮮半島の伝統的なすごろくで、盤上の円周上に升目を作り、側面を削った4本の棒を投げ裏表の組み合わせで進む数を決めるルール。棒は、木の枝を用い太さ約1cm、長さ約6cm。側面を平に削り断面はかまぼこ形になっている。

参考資料
 増川宏一著 ものと人の文化史79「すごろく」法政大学出版局
 2009.1.30 産経新聞「世界最古のレースゲーム」
 Wikipedia 「すごろく」

上*1994.10.6 国際文通週間 「双六」
中*1994.10.6 国際文通週間 「将棋」
下*1994.10.6 国際文通週間 「囲碁」
# by god-door70 | 2016-06-17 15:41 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(57)「紙の歳時記 夏【4】笠」

「紙の歳時記 夏【4】笠」
b0089323_16132215.jpg「笠」は、雨や雪、直射日光を防ぐために頭に被る道具。低円錐形などの形状が多い被り物の一種である。また、「ランプの笠」などのように笠に形状が似る物にも用いられる言語でもある。笠の材質はイグサ、カヤ、松・杉・竹などの削片など幅広い。紙との関連でみると、塗笠では、檜や杉の板材を薄く剥いだ「へぎ板」に和紙を貼って漆を塗って作成し、陣笠では、竹で網代を組んで和紙を貼り、墨で染めて柿渋を塗って作成したものもある。
b0089323_16155462.jpg 笠の種類は、制作方法、使われ方、形状、地域性などによって呼称が異なり多い。編笠、縫笠、組笠、塗笠、陣笠、一文字笠、菅笠、祭り笠、網代笠、托鉢笠など。一文字笠は、 武士が旅や大名行列をする時にかぶり、円形に編んで二つに折ると頂が一の文字のように平らになる。網代笠は、 細く削った竹を編んだ笠。僧侶や遍路者などが使用する。
 菅笠は、スゲの葉で編んだ笠。富山県福岡市は、菅笠の生産で 全国シェア90%を占める。菅笠の製作技術は「越中福岡の菅笠製作技術」として2009年3月11日、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
b0089323_1551129.jpg

b0089323_1711219.jpgb0089323_16545557.jpg 花笠まつりは、スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく祭である。山形県内など数か所で開催されているが、例年8月に山形市で行なわれる「山形花笠まつり」が広く知られている。威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色。 華やかに彩られた山車を先頭に、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、 山形市のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げる。
現在では東北四大まつりの一で 山形の真夏の夜を彩る華麗なまつり。 踊りについては、菅で編んだ笠に赤く染めた紙で花飾りをつけたものを景気づけに振ったり回したりしたのが発祥といわれている。
《余談1》笠地蔵(かさじぞう)は、日本の伽話の一つ。貧しいが心の清い老夫婦が、道端の地蔵尊に菅笠を被せてやり、その恩返しを受けるというもので、昔話の一つである。
《余談2》広辞苑 「笠に着る=権威あるものを頼んで威張る」

参考資料
 web 「山形花笠祭り」「富山県福岡市」 Wikipedia 「笠」
 平凡社大百科事典

*2001.10.5 国際文通週間 広重画・東海道五十三次「原」
*2002.10.7 国際文通週間 広重画・東海道五十三次「庄野」
*1988.1.23 奥の細道シリーズ第4集「懐古」「句の書」
*2006.7.3 ふるさと切手 山形「山笠まつり」
*1998.6.5 ふるさと切手 山形「山笠まつり」
# by god-door70 | 2016-06-16 15:47 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

「北大路 魯山人の美」

2016.6.11 ユネスコ無形文化遺産登録記念特別展「北大路魯山人の美」展を三井記念美術館で鑑賞。制作する陶器の中心を「和食器」において名品を送り出した陶芸家であり書家、篆刻家である北大路魯山人の陶器の世界を垣間見た。こんな器で食事したら落ち着かない気分になりそうだ。雲錦鉢(昭和16)。
 和食は、日本人の伝統的な食文化として2013年にユネスコ無形文化遺産として登録されている。
b0089323_1873333.jpg

# by god-door70 | 2016-06-11 20:45 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第66回板院展」

2016.6.11 紙パルプ絵画倶楽部会員のOさんが同人として所属している板画院の《第66回作品展》を鑑賞。Oさんの力作モノトーン版画「散歩道」を観る。版画は、切り絵と通ずるところがあり参考になることが多い。益々のご活躍を期待している。
b0089323_1755109.jpg

# by god-door70 | 2016-06-11 20:40 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「川端康成コレクション展」

b0089323_1910579.jpg2016.6.11 「川端康成コレクション展」を東京ステーションギャラリーで見学。川端康成は、美術品の収集家としても知っていたが、国宝をも所持とは。「知識も理屈もなく、私はただ見てゐる。」とはとても思えない。近世絵画の傑作や近代工芸の優品から、現代アートの巨匠の作品にまでいたるそのコレクションにはビックリ。画家、文学者たちとの交流を物語る書簡類に見学時間を費やした。珍しい長紙切り刀・黒田春秋作「拭漆紙刀」(1965年)、切手のデザインにもある国宝・池大雅と与謝蕪村による「十便十宣図」を観れた。
b0089323_1914297.jpg

# by god-door70 | 2016-06-11 19:49 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

菓子「紙ふうせん」

2016.6.11 石川の菓子「紙ふうせん」に関して小生ブログ《 切手に見る紙のお話(48)紙の歳時記(春【1-1】) 紙風船 》の「余談」で次のように書いた。
「金沢で味一筋に歩む和菓子処、菓匠 高木屋が「紙ふうせん」という菓子を販売して好評をえている。PRによると「色とりどりのまあるい最中に、ぶどう、レモン、ワイン、黒糖風味の和風ゼリーが入っています。パリッとした皮とやさしい甘さのゼリー・・・新感覚の和菓です。」とあり、5色の折り紙付き「紙ふうせん」の折り方がついています。」
 都心に出た折に有楽町駅近くにある「石川県物産店」で菓子「紙ふうせん」を買い求めた。PRとおりに和風ゼリーが入った直径4cm,重さ2gの真ん丸の小型ピンポン玉のよう。さっくり感、ゼリー風味がgoodだ。菓子を口にしながら紙ふうせんの折り方を左に置き、口と折り紙を楽しんだ一日。5色の紙は赤、緑、紫、青、黄。5つの完成した紙風船をお見せしましょう。
b0089323_936136.jpg
b0089323_1691363.jpg

# by god-door70 | 2016-06-11 18:53 | Comments(0)

フラワーアレンジメント#67「門松」

フラワーアレンジメント#67「門松」
b0089323_21285527.jpg

# by god-door70 | 2016-06-10 21:29 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)

切手に見る紙のお話(56)「紙の歳時記 夏【3】うちわ」

「紙の歳時記 夏【3】うちわ」

b0089323_113109.jpg「うちわ」は、細い竹を手に持つ部分だけ残して、細かく幾本かの骨に割り、これに紙や絹などを貼ったもので、夏に涼をとる具である。用途はさまざまで古くは儀式、縁起、祈願、軍配、行司、信仰、占いなどにつかわれた。高松塚古墳の壁画には大型うちわをかざした女性が描かれている。
b0089323_11195570.jpg日本には中国から伝わったとされ、古来、うちわは鳥毛や獣毛、蒲葵(びろう)や芭蕉の葉にはじまり、もっと大型で、「あおぐ」ためより「はらう」「かざす」ためのものであり、形態や材質は時代によって変化してゆき、竹骨と紙を素材とする現在のかたちとなった。
柿渋を塗った渋うちわが、台所の火あおぎ用として重宝な台所用品のひとつであった時代を経て、扇風機やクーラー、ガスや電気のコンロの普及などの生活環境の著しい変化により実用面は縮小していく。現今は需要が減退しているが、夏場を中心に涼をとる道具、花火大会など日本の風情を楽しむおしゃれの小道具、キャンプ道具、広告の媒体として便利に利用されている。
b0089323_18125688.jpg南方諸国ではヤシの葉、樹の皮、ビロウの葉などを利用したうちわが使用されている。
b0089323_11235998.jpg平成9年5月、国の伝統的工芸品に指定され丸亀うちわは、全国シェアの90%(生産量は年間約8,300万本)を誇る地場産業として伝統を維持している。江戸初期に金比羅参詣の土産物として、朱赤に丸金印の渋うちわが作られたのが始まりといわれている。天明年間(1781~1789年)京極丸亀藩の下級武士の内職として奨励したこともある。丸亀地方では「伊予竹に土佐紙貼りてあわ(阿波)ぐれば讃岐うちわで至極(四国)涼しい」と歌い継がれています。竹は伊予(愛媛県)、紙は土佐(高知県)、ノリは阿波(徳島県)というように、材料が近県で揃うという強みが丸亀うちわを支えているのである。
うちわの町らしく、丸亀城の内堀のほとりに、この歌を刻んだ石碑があるという。

b0089323_18262853.jpg
常陸太田市の「雪村うちわ」の創始者は室町時代の水墨画家で禅僧、雪村でうちわは四角いかたち西ノ内和紙に絵付けをしたもので、水戸光圀も愛用したといわれている。「雪村うちわ」は、真竹で作った骨に西ノ内和紙(常盤大宮市)を貼り、馬や茄子、かかし、水戸八景など雪村ゆかりの山水花鳥の水墨画を描いた四角で丈夫はうちわである。骨になるのは秋にとった地元の真竹。西の内和紙は、楮皮の繊維だけで漉かれていて強靭で、虫もつかず、保存するのに適した紙で、昭和52年6に国の無形文化財に指定されている。

参考資料
web 「丸亀うちわ/丸亀市役所」、「うちわの港ミュージアム」、「雪村うちわ/茨城県」、「西の内和紙/茨城県」、「桝儀団扇店」
2012.8.24 日経新聞 「桝儀団扇店店主・杯 聡子《雪村うちわ 逆風なんの》」

*1967.4.20 切手趣味週間 「黒田清輝画《湖畔》」
*1973.3.26 高松塚古墳保存基金 「高壁女子群像」
*1988.4.19 切手趣味週間 「鳥居言人画《長襦袢/帯》」
       さくらめーる賞品小型シート
*1997.5.15 ふるさと切手「香川/丸亀城」
# by god-door70 | 2016-06-09 18:15 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(55)紙の歳時記 夏【2】「金魚すくい」

紙の歳時記 夏【2】「金魚すくい」
b0089323_13551211.jpg 上村松園著「青眉抄」を読んでいたら「棲霞軒雑記」の項に金魚の面白い記述があった。『子供の頃金魚が好きでよく金魚鉢から金魚をすくい出してそれに赤い着物(ベベ)をきせたりし、母に見つかり大目玉を頂戴した。・・・・倅の松篁も私に似て金魚が好きであった。』
「金魚すくい」は、紙の網ですくって楽しむ縁日には欠かせない夏の風物詩だ。
遊びは、小さなボール(椀)とポイと呼ばれる網を用いて行う。ポイは円形のプラスチック枠に和紙が貼られたもので、これで水槽内の金魚をすくう。紙製であるために、これを水に浸すとふやけてもろくなり、すぐに破れてしまう。
縁日の金魚すくいの場合には、通常、すくった金魚は持ち帰ることができる。客に渡す際には、巾着状のプラスチック製の袋が使われる。
b0089323_19263084.jpgb0089323_16384376.jpg 代表的競技では、全国有数の金魚の生産地で知られる奈良県大和郡山市で観光事業として1995年から毎年8月に「全国金魚すくい選手権大会」が開かれている。大和郡山の金魚養殖は江戸時代から300年近い歴史を持ち、金魚すくい用の和金では全国のシェア9割を誇るとのこと。ルールは1競技3分b0089323_1658521.jpg
b0089323_16584053.jpg間、ポイの紙が破れたら即終了。優勝水準は3分 間で45~50匹のようだ。
8月第3日曜日は「金魚すくいの日」に定められている。1990年に制定された3月3日の「金魚の日」にはひな祭りに合わせ「金魚供養」が金魚の産地愛知県弥富町や大和郡山市で行b0089323_12205064.jpgわれる。弥富町の和金6匹は、1994年に「アメリカ航空宇宙局 NASA」から打ち上げられた「スペースシャトル コロンビア号」で宇宙飛行士・向井千秋さんと共に宇宙に飛び「無重力空間」における身体変化についての調査・研究の実験に使われた。

参考資料
  上村松園著「青眉抄」
  web 「奈良県大和郡山市」、「宇宙金魚」
  2004.7.6  日経新聞朝刊 幸田繁男「熱闘!金魚すくい選手権」
  2006.1.28 日経新聞朝刊 「和みの伝統すくいたい」

右上*1997.6.2 季節見舞はがき「金魚すくい」
左上*1946~47 第1次新昭和切手 「金魚」*1952~59 第2次動植物国宝図案切手 「金魚」
左下*1966年 新動植物国宝図案切手「金魚」*1967年 新動植物国宝図案切手 「金魚」
右下*1995 USA 「未来のスペースシャトル」
# by god-door70 | 2016-06-05 17:12 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

写真展「2016四季のいぶき」

b0089323_1152694.jpg

 2016.6.3 写真展「2016四季のいぶき」を鑑賞のため富士フォトギャラリー調布に出向く。「稲の会」の会員Yさんが所属している「PHOTO GROUPいぶき」の定例写真展。大・中版カメラ、銀塩フィルムで描く本格的な日本の自然風景72点が展示されていた。専門家集団に相応しい見ごたえある写真であった。20年のご自身の写真歴などを伺った。益々のご活躍を祈ります。
《季節の移ろい/福島県只見町叶津5月》
# by god-door70 | 2016-06-03 19:03 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「稲城市ホタル」見物

b0089323_11541388.jpg2016.6.2 東京都稲城市に流れる上谷戸川の保全地区は、豊かな自然の中で動植物の生息空間ができるよう配慮されている。上谷戸川の清流を活かしてホタルの育成を民間団体が行って成果をあげ乱舞するホタルが見れると聞き出掛けた。京王相模原線「若葉台駅」下車で徒歩20分、東京近郊でホタル生息地で多く見られるんが嬉しい。風の強い夜だったが乱舞するホタルを楽しめた。ポスターは稲城市公式ぺージに掲載されている駒沢女子大学学生さんの作品のうちの一つ。
# by god-door70 | 2016-06-02 22:34 | Comments(0)

「淡彩 花のスケッチ展」

b0089323_15453791.jpg
2016.5.30 国立ギャラリーキタガワで開催されている「淡彩 花のスケッチ展」(ライラックの会)に出向く。学友Tさんの奥様が趣味で8年積み重ねてこられた作品の数々を鑑賞させて頂いた。花や野菜を主に題材にして描いておられるとのこと。その中の一つに枇杷をとって食べたくなるような傑作を見付けた。益々のご活躍を期待しています。
# by god-door70 | 2016-06-01 15:38 | Comments(0)

切手に見る紙のお話(54) 折り紙・希代の名作「折り鶴」 (5)

折り紙・希代の名作「折り鶴」 (5) オバナ大統領の《折り鶴》
 *(1)~(4)は、切手に見る紙のお話(13)~(16)でご覧ください。
b0089323_8243778.jpgb0089323_1454751.jpg 2016.5.24 アメリカ オバマ大統領が広島を訪れ「原爆資料館」を見学後、広島原爆慰霊碑に献花、原爆ドームを見学した。現職大統領が広島を訪れたのは初めての記念すべき日となった。
 原爆資料館を見学した際、芳名帳に記載し、和風の模様入りの紙で作ったピンク色や青色の10cmほど大きさの自作折り鶴を2羽を添えた。広島の平和記念公園には、いつでも何千、何万もの折り鶴が手向けられている。「原爆の子の像」のモデルの少女は闘病中折り鶴を作り続けたという。
 2016.6.9~8.31の間、小中学生に手渡した2羽の折り鶴と共に原爆資料館で公開された。折り鶴は、高さ約7cm、両翼の長さ約10cm。花などをあしらった和紙の模様入りの紙で作られている。芳名帳には「共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」と記載されている。

参考資料
 2016.5.25 日経新聞、産経新聞
 2016.6.9 産経新聞「オバマ氏折り鶴 公開へ」

*1982~83 慶弔切手「折り鶴」
*2003.3.20 第2次世界遺産シリーズ第11集 「原爆ドーム」「広島県物産陳列館」
# by god-door70 | 2016-05-31 17:47 | Comments(0)

フラワーアレンジメント#61「コンチェルト」

フラワーアレンジメント#61「コンチェルト」
b0089323_17555218.jpg

# by god-door70 | 2016-05-31 15:05 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)

切手に見る紙のお話(53)アラカルト(4)「鳥獣人物戯画」

アラカルト「鳥獣人物戯画」
 b0089323_1622681.jpgb0089323_16224761.jpg 2011.11.15「鳥獣人物戯画 表裏い描き剥がして絵巻に」、「和紙の表裏剥いで分割」と京都国立博物館が発表した。画期的な発見と新聞が報道した。切手で《鳥獣人物戯画》をみることにした。
 世界遺産であり国宝の《鳥獣人物戯画》は、京都市の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物。現状は甲乙丙丁b0089323_20392749.jpg4巻からなる。甲巻は擬人化された動物を描き、乙巻は実在・空想上を合わせた動物図譜となっている。丙巻は前半が人間風俗画、後半が動物戯画、丁巻は勝負事を中心に人物を描く。甲巻には動物たちの遊戯が躍動感あふれる筆致で描かれている。甲乙巻が平安時代後期の成立、丙丁巻は鎌倉時代の制作と考えられている。鳥羽僧正覚猷b0089323_8381259.jpgb0089323_8385131.jpg(1053~1140)の筆と伝えるが、他にも絵仏師定智、義清阿闍梨などの名前が指摘されている。いずれも確証はなく、作者未詳である。「日本最古の漫画」とも称される。
 絵巻の元は1枚の和紙にの表と裏に絵が描かれていたものを江戸期に表裏2枚に薄く剥がして仕立て直したとみられる。調査結果、台紙に貼りつけ、つなぎ合わせて絵巻物にしていたと結論づけたとしている。

参考資料
 web 「高山寺」 Wikipedia 「鳥獣人物戯画」
 2011.2.16 「日経新聞」「産経新聞」

右 *2001.12.21 第2次世界遺産シリーズ第5集 「高山寺(石水院、表参道)」
左上*1977.3.25 第2次国宝シリーズ第3集「鳥獣人物戯画」
左下*1990.10.2 国際文通週間 「鳥獣人物戯画 甲巻から」
# by god-door70 | 2016-05-30 08:50 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(52)紙の歳時記(新年【7-2】扇)

紙の歳時記 (新年【7-2】扇)
 舞扇は、日本舞踊に用いられる扇子である。普通の扇と材質は同じで、10本ある骨には竹や木、扇面には紙が用いられる。しかし舞踊では扇を投げたり、指で挟んで回す「要返し」などの動作を行ったりするため、扱いやすいよう要の部分に鉛の重りが仕込まれている。また、耐久度を上げるため、親骨と紙は糊で貼られた上に糸で結ばれ、強化されている。扇面は無地のものや、各流派の流紋がデザインされたものがある。
   舞姫図屏風       狩野長信画       上村松園画
 b0089323_1884042.jpgb0089323_188591.jpgb0089323_1892022.jpg

   能ではシテ方、ワキ方、地謡方、囃子方、後見方などすべての人が必ず能扇を携えて舞台に立つ。鎮扇は、地謡、囃子方、後見などが持つ扇で、畳んだときに先がすぼまった閉じる形。一方、中啓扇は主にシテ方が使う扇で、畳んだ状態で先が広
b0089323_18545256.jpgがっている「末広」の形。「翁扇」をはじめ「神扇」「鬘扇」「修羅扇」「鬼扇」など、役柄によって絵柄や色調、骨色などが決まっている。扇は各流儀できまりがあり、細部の形状が異なる。
 能における扇の役割について、金剛流能楽師の種田道一さんはweb《にほんのこころ》で「能の出演者にとっては、武士の刀のようなものです。常に身体につけておくか、身の回りに置きます。演者はb0089323_2142885.jpg様々な意味を扇によって表現します。」と記している。
 福岡のふるさと切手に描かれた「大江幸若舞」は、福岡県みやま市瀬高町大江に伝わる重要無形民俗文化財(1976年)に指定された民俗芸能。能や歌舞伎の原型といわれ、700年の伝統を持ち、毎年1月20日に大江天満神社で奉納される。幸若舞は、中世から近世にかけて、能と並んで武家達に愛好された芸能であり、武士の華やかにしてかつ哀しい物語を主題にしたものが多く、これが共鳴を得たことから隆盛を誇った。
     
参考資料
 Wikipedia 「舞扇」「能扇」「大江幸若舞」、web  「にほんのこころ#9 能の扇」

*1961.4.20 切手趣味週間「舞姫図屏風の一部」
*1962.4.20 切手趣味週間「狩野長信画《花下遊楽図より》」
*1965.4.20 切手趣味週間「上村松園画《序の舞》」
*1983.9.14 国立能楽堂開場記念「国立能楽堂よ能楽師」
*2001.1.19 ふるさと切手福岡 「大江幸若舞」
# by god-door70 | 2016-05-27 18:36 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(51)紙の歳時記(新年【7-1】扇)

紙の歳時記 (新年【7-1】扇)
b0089323_103979.jpg 扇は涼をとるためのものとして始まった。もとは団扇の形であったが、折りたたみのできる形となった。はじめにヒノキの薄片をつづり合わせた檜扇ができ、その後に紙扇ができてこの2種類が形式・用途において主流である。
 日本の扇は、中国大陸には北宋の時代に伝わった。以後多くの日本の扇が中国へ渡るが、中国においても日本の扇に倣い、折りたたみのできる紙貼りの扇が作られるようになった。また16世紀に入り日本とポルトガルとの交易が始まると、日本の扇も中国で作られた扇とともにヨーロッパに伝わり、ヨーロッパでは貴族の女性の持ち物として、日本や中国のものとは違う独自の様式の扇が作られた。
b0089323_10434255.jpg 扇面についてみる本来は「糊地」という加工した和紙を貼るが、合成繊維や布を貼ったものもある。この扇面に絵を描く必要から、湾曲した形状の紙に描く、扇絵と呼ばれる日本画の形式が発展した。この扇絵を得意としたのが、俵屋宗達であるといわれている。
 檜扇は、宮中で用いられた木製の扇のことで、ヒノキの薄板20~30枚の一方をとじ他方を糸につらねて開閉できるようにした板扇である。女性の用いるものは特に袙扇とも呼ぶ。紙製の扇(蝙蝠扇)はここから派生し、紙には鳥の子や色紙などが使われた立派なものから次第に簡素な普段使いの扇が使われるようになった。
b0089323_20392582.jpg 宮中行事で使用される皇族女性用は、39枚の檜材の柾目挽きの扇に、松と梅の糸花を飾り6色の糸で綴じたものを用いている。切手図案の檜扇は、皇后陛下が御結婚の際、お手に持たれたもので、檜の薄板を綴じ連ねて作られた扇で胡粉(白)地に梅、竹及び尾長鳥が描かれ、美しい糸花を付け、飾り糸が垂らされている。
b0089323_20291462.jpg

参考資料
 平凡社「大百科事典」
 Wikipedia 「扇」、「檜扇」 
web 「日本郵便切手情報2009年度」

右上*2012.10.25発行 伝統工芸シリーズ大集 「京扇」 
左上*1974.10.9発行  万国郵便連合100年記念 俵屋宗達「牛追い図」
左中*2009.4.10発行  天皇皇后両陛下ご成婚50年記念
# by god-door70 | 2016-05-24 20:56 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(50)紙の歳時記 夏【1-2】紙ヒコーキ」

紙の歳時記 夏【1-2】紙ヒコーキ(起源など)
b0089323_12003126.jpgb0089323_10351033.jpg レオナルド・ダ・ヴィンチの書いたノートの中に羽搏き飛行機やヘリコプターの翼を紙で作ることができるとしている。日本では江戸中期に流行した投扇興(開いた扇を投げて的を落とす遊戯)や明治初期の「飛ぶ鶴」などが「折り紙飛行機」の起源と考える説もある。昭和初期に現存の原型となる折り紙飛行機が作られたようだ。藤岡靖男氏は、紙の博物館「百万塔」誌の中で《「折り紙飛行機は多分日本で始まり、世界に拡がった遊びです」と書いている。
 本物の飛行機は1891年リエンタールがグライダーで滑空に成功、1903年にライト兄弟が動力飛行機で飛行に成功。日本では二宮忠八が1891年に竹と和紙を主材料としたゴム動力飛行機の飛行に成功した。
b0089323_12284893.jpg
参考資料
 紙の博物館「百万塔」《藤岡靖男「折り紙飛行機の歴史」》
 wikipedia 「二宮忠八」

*2003.5.22 アメリカ 「ライト兄弟初飛行100年」
*1978.9.1 ブラジル 「Cijdren at play」

# by god-door70 | 2016-05-16 11:24 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(49)紙の歳時記(春【1-2】) 紙風船 風船爆弾

紙の歳時記(春【1-2】) 紙風船(風船爆弾)
b0089323_19352213.jpg

b0089323_19502085.jpg

風船爆弾は、太平洋戦争において日本陸軍が開発した気球に爆弾を搭載した兵器である。和紙とコンニャク糊で作った気球に水素を詰め、大気高層のジェット気流に乗せてアメリカ本土を攻撃しようとした兵器。気球の直径は約10m、総重量は200kg昭和19113日未明に3カ所の基地から同時に約9,300発が放たれ、アメリカ本土に到達したのは1,000発前後と推定されているそうだ。当時市場からコンニャク芋が消えたというエピソードが残されている。

b0089323_824662.jpg材質は楮製の和紙が使われ、接着剤には気密性が高く粘度が強いコンニャク糊が使用された。和紙を5層にしてコンニャク糊で貼り合わせ、乾燥させた後に、風船の表面に苛性ソーダ液を塗ってコンニャク糊を強化し、直径10mほどの和紙製の風船を作成した。

風船爆弾用の和紙(気球紙)を最初に開発したのは埼玉県比企郡小川町「小川和紙」で昭和8年頃とされている。小川和紙は、純楮紙で繊維が長く強靭であった。気球一基に対し気球紙は約600枚を要した。紙サイズは2種類で、大判は635分×22(193×67cm)、小判は22寸四方(約67×67cm)だった。大判(楮の繊維が縦方向)と小判(繊維が横方向)を網目状に組み合わせて貼合わせた。

9,300発の放球のうち、アメリカ本土に到達したのは1,000発前後と推定され、アメリカの記録では285発とされている。最も東に飛んだ記録としてミシガン州で2発が確認されている。

一條三子著「小川町の和紙と十五年戦争」に、材料として小川和紙が生産・納入された経緯が記されている。「コンニャク糊がしみこむようできるだけ薄く、しかもできるだけ丈夫な和紙を、との注文を受けたのは老舗紙問屋の小津商店であり、発注者は国産科学工業研究所であった。・・・・・・特別注文の和紙は、しばらくは久保、関口二軒の生産者から産地問屋の新井商店に納められ小津商店を経て国産科学に運び込まれた。ここでコンニャク糊で張り合わされ、気球に組み込まれ陸軍科学研究所に納入された。」と。


参考資料

Wikipedia 「風船爆弾」「小川和紙」

 紙の博物館「百万塔 №77」《一條三子著「小川町の和紙と十五年戦争」》
 山本和著「紙の歳時記」
切手情報
 左上*1972.9.1 埼玉県小川郵便局・風景印 「小川町の手漉き加工」
 左下*1989.11.17 第9回熱気球世界選手権記念
 右*2000.11.1 ふるさと切手・佐賀「佐賀インターナショナル・バルーンフェスタ」

# by god-door70 | 2016-05-14 10:50 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(48)紙の歳時記(春【1-1】) 紙風船

紙の歳時記(春【1-1】) 紙風船

梶よう子著「迷子石」を読んでいたら「富山の薬売りは懸場(得意先)に赴くと、薬と一緒におまけを置いてくる。子どもには紙風船などの玩具、大人には錦絵版画だ。その錦絵版画が売薬版画とよばれているおまけだ。諸国の風景画や、芝居画などで、お客には好評なのだそうだ」とある。紙と風船の関連を切手を探った。
b0089323_2263695.jpg 風船は、紙やゴム、ビニールなどで作られた袋の中に気体を入れて膨らませて使われる玩具である。気体が水素やヘリウムといった浮揚性のあるガスの場合には、さらに持ち手となる糸やリボンを装着する。 紙風船は、紙製の中空の玩具で空気を吹き入れて手で打ち上げて遊ぶ玩具。角風船や紙手鞠などの紙風船はゴム風船同様、富山売薬をはじめ配置薬の行商人が子供におまけとして配ることがあった。
 紙手鞠は、空気玉とも呼ばれ、花びら状の半透明なグラシン紙を球状に貼り合わせ、天地に丸い紙を貼り合わせた素朴な伝統的玩具。天地の片方には空気穴があり、息を吹き入れて膨らませる。
 角風船は、雁皮紙などの薄い紙を貼り合わせて作られた四角い風船のこと。富山売薬では広告や漫画の刷られたものが配置薬の行商人が子供におみやげとして配られたが、角風船の張り手の減少とともにゴム風船にとって代わった。
 折り紙の風船は、和紙などの折り紙を折ることで作られる四角い風船のこと。
b0089323_10211281.jpg  熱紙風船は大きい紙で作られた袋の口の中央に燃料などを付けた布などを固定して点火し、熱気球の原理で飛ばす風船のこと。中国、台湾では天灯、タイ王国ではコムローイと呼ばれ、アジアの祝祭行事に飛ばされることが多い。
 日本では秋田県仙北市(西木町上桧木内)で毎年2月10日に行われている上桧木内の紙風船上げの行事が有名である。上桧木内の紙風船上げは、100年以上の歴史を持つ伝統行事で仙北市の無形民俗文化財に指定されている。従来、上桧木内では習字用の半紙程度の小さな和紙を使用して紙風船を作り、五穀豊穣、家内安全を願う規模の小さな小正月行事のひとつであった。近年、巨大化が進み従来の半紙ではなく、幅1メートルほどの業務用和紙を貼り合わせて作っており、大きいものでは長さ12メートルに達する巨大な円筒形構造のものもある。上部は熱気が逃げないように厳重に和紙で封を施し、下部は直径1メートルから3メートルほどの竹で出来た輪を取り付け、この輪に紙風船の揚力源の石油を浸み込ませた布玉を固定して完成する。打ち上げでは熱気が充満すると紙風船は膨れ上がり、描かれた願い事や武者絵、美人画などが、灯火の明かりにより和紙をすかして浮かびあがる。
b0089323_1074271.jpg

(余談)金沢で味一筋に歩む和菓子処、菓匠 高木屋が「紙ふうせん」という菓子を販売して好評をえている。PRによると「色とりどりのまあるい最中に、ぶどう、レモン、ワイン、黒糖風味の和風ゼリーが入っています。パリッとした皮とやさしい甘さのゼリー・・・新感覚の和菓です。」とあり、5色の折り紙付き「紙ふうせん」の折り方がついています。

*2015.9.18発行 童画のノスタルジーシリーズ「ロンバーちゃんとふうせん」
*2007.2. 1発行 フレーム切手「冬の秋田」の「上桧木内の紙風船上げ」
*1979.8.24発行 日本の歌シリーズ「夕焼けこやけ」

参考資料
web 「仙北市」「菓匠 高木屋」
wikipedia 「西木の冬祭り 紙風船上げ」
# by god-door70 | 2016-05-11 10:11 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

フラワーアレンジメント#66「スイートシャンパーニュ」

フラワーアレンジメント#66「スイートシャンパーニュ」
b0089323_21272192.jpg

# by god-door70 | 2016-05-10 21:27 | フラワーアレンジメント/ 家内 | Comments(0)

映画「蝶々夫人」

2016.5.10 ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で上演されたオペラシリーズを映画化した「蝶々夫人」を新宿ピカデリーで観る。プッチーニの代表作オペラを映像化。オペラ全幕そして裏方たちを映画で観れる3時間。「トーランドット」「マノン・レスコー」に続く3回目。障子、提灯、文楽を採り入れた舞台装置・演出が新感覚で見応えがあった。
b0089323_22314460.jpg

# by god-door70 | 2016-05-10 18:10 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

切手に見る紙のお話(47) 紙アラカルト(3-2) 投票用紙

紙アラカルト(3-2) 投票用紙(筆記用具)
b0089323_14161216.jpgb0089323_1418468.jpg 投票用紙に記載する筆記用具は鉛筆2Bである。なぜ2Bの鉛筆?
東京都選挙管理委員会、神奈川県泰野市などの選挙管理委員会の回答によると下記
➀手に力のない方でも軽く書ける
②紙がくっつく原因となるインクは使わない
③万一折れても、削ればまた使える
④安価 ⑤消しゴムで消すことができる
 結局のところ、他の投票用紙への字写りを防ぐためと経費削減のための両方の条件にマッチする鉛筆2Bが選ばれたということになる。
b0089323_1421055.jpg

参考資料
web 「選挙の投票用紙の記入はなぜ鉛筆で行うのか」

左*2004.7.23 ふみの日「ドンキチと鉛筆」
右*1977.9.21 Brasil「Nature preservation」
下*1971.4.10 「婦人参政25周年記念」
# by god-door70 | 2016-05-09 18:39 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

「ルノアール展」

2016.5.7 モンマルトルのダンスホールで、踊りや会話に興じる若い男女を描いたルノアールの傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》を観たくて新国立美術館に出掛けた。オルセー美術館蔵。裸婦画、風景画の数々を気の向くままに、これぞというルノアール作品を鑑賞出来た。
b0089323_23173392.jpg

# by god-door70 | 2016-05-08 20:46 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第90回 国展」


2016.5.5「第90 国展」を国立新美術館で鑑賞。13階の会場を使用しての大々的公募展。1918(大正7)に発足した「国画創作協会」の流れにある歴史的な定期展。絵画・版画・彫刻・工芸・写真の5部門あり多彩な展示。日本フイルコンOBOGの会「稲の会 作品展」の大型叛である。われわれ「稲の会」のジャンルは、絵画・陶芸・写真・工作・版画・模型・切り絵・和歌と幅広い。今年8回目の作品展を開催し、10回を目指している。版画部門の作品に時間を費やした。

b0089323_15491883.jpg

# by god-door70 | 2016-05-06 07:30 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)