タグ:母 ( 11 ) タグの人気記事

母104歳誕生日

 2012.6.29 母が104歳の誕生日を迎えた。明治41年の生まれ。長寿社会とはいえ104歳は脅威的生命力。難聴・車椅子なれど健康良好の生活を維持している。杉並区長から毎年お祝いを頂戴するので、お礼を述べる序でに「杉並区内長寿者」について質問した。
6月1日現在、100歳以上256人(その内104歳以上は28人)、男女比(1:5)【杉並区人口約53万人】。今年中に384人になる予定で、増加傾向はしばらく止まらない模様。
【全国では、100歳以上高齢者は約35,000人】。
b0089323_15145313.jpg

by god-door70 | 2012-06-29 23:19 | Comments(1)

母102歳

 2010.8.10 杉並区で112歳のご婦人が行方不明とか。全国的話題となっている。事件性はともかくとして100歳以上の高齢者と直接面会して個々の生存確認作業を実施していくようだ。まだ連絡はないが、近じかくるのだろうか。杉並区は約330人とのことである。
 医療費や介護サービスを実際に受けている100歳以上の方々は直接面会しなくても事務的に生存確認が行政側は可能なはずである。それに該当しない対象者へのアプローチは必要で、明らかに行政側の不備、怠慢と言わざるを得ないと思う。しかし100歳以上全てへの直接面会の是非は多分意見が相半ばするのではないかと推測している。
 母は最近体調を崩すことが多くなってきているが、今年6月に102歳となった。下の映像は、最近描いた絵のうちのひとつである。肉体的にも、知能的にも全てにわたって幼児への方向に歩を進めているような気がする。悲しいけれど。
b0089323_18451034.jpg

by god-door70 | 2010-08-10 19:02 | Comments(3)

母101歳の正月

 2010.2.7 母は今年6月には102歳を迎える。この絵は、今年のカレンダー表紙用に色鉛筆で描いたもの。指の力が弱ってきているが、描く気力はまだ残っているのだろう。
b0089323_21465415.jpg


by god-door70 | 2010-02-07 15:36 | Comments(0)

母101歳誕生日

 2009.6.29 母が今日101歳の誕生日を迎えた。母の一言「永く生き過ぎた」と。
 紫陽花の絵は誕生日前日に描いたもの。紫陽花の花弁はいも印を適当に押しつけたものだが、それなりに見えるのが面白い。穏やかな日々を過ごしてくれることを願っている。
b0089323_10503215.jpg

by god-door70 | 2009-06-29 10:49 | Comments(1)

100歳母の絵

 2009.3.1 昨年6月に100歳となった母がめずらしくウメの絵を描いた。
 声をかけ誘えば、まだ筆を持つ意欲が残っているのが嬉しい。
b0089323_2331856.jpg

by god-door70 | 2009-03-01 23:11 | Comments(1)

母(100歳6カ月)の水彩絵

 2008.12.3 今年6月に100歳になった母が久し振りに絵筆をとり、花に囲まれている中で自由奔放に水彩でなにやら絵らしく描いた。垂らし画法に近い描き方で、色を楽しんでいるようにも思われる。
 時折体調を崩すが、既に100歳の誕生日からほぼ6カ月が過ぎた。これからも絵筆をとってくれればと願っている。
b0089323_2222358.jpg

by god-door70 | 2008-12-03 22:25 | Comments(0)

敬老の日に

b0089323_21581182.jpg 2008.9.15 敬老の日にあたり、今年6月100歳になった母に長寿を祝って、内閣総理大臣から祝状と国記念品(銀杯)、そして東京都知事から祝状と東京都記念品(江戸漆器花器)を頂戴した。誕生日に杉並区長から祝状と記念品を頂戴していたが、度重なるそれぞれの配慮に感謝している。
 介護保険制度もいろいろ問題点が指摘されたはいるが、母が健やかに日々を過ごせているのは当制度のお陰でもある。素晴らしい制度と認識しているが、さらに充実して高齢者社会への対応を模索してほしいものである。
  「しゃれっ気を失せず百賀の衣更え」
  「ペニキュアをと指差し出す百賀夏」
  「敬老日出したる母の細き腕」

by god-door70 | 2008-09-15 21:06 | Comments(4)

母100歳の絵筆

 2008.8.15 終戦記念日。猛烈に暑い日、35度にも達しているとのこと。
 明治・大正・昭和・平成と4時代を生き抜きいて今年6月に100歳になった母が、めずらしく100歳になってから初めて絵筆をとった。雨と虹を描いたようだが・・・・。
 戦中、戦後の食糧調達が困難な時代の子育ての苦労は想像に絶する。
 食べ物を平気で捨ててしまう飽食時代の若い親や子供らに一度、食べ物の無い経験させてみたいものだ。
b0089323_1132577.jpgb0089323_11323069.jpg
 
by god-door70 | 2008-08-15 16:01 | Comments(0)

百賀の祝い

 2008.6.29 母親が今日100歳の誕生日を迎え、杉並区長よりお祝いをいただいた。
 母は、明治41年6月29日生まれ。明治、大正、昭和、平成と4時代にわたって生き抜いてきたわけだ。それほど体が強くない母の生命力には驚かされる。
 難聴であることと、車椅子生活を強いられてはいるが健やかに日々を送っている。
 月2回の習字で書く字の大きさが段々と小さくなってきている。週1回家族とのゲーム「花合わせ(花札)」では、まだまだ勝負強く点数を積み重ね、しばしばトップを奪う。そして自慢顔で、にっこりと笑う。
 こんな日々がいつまでも続けばよいのだが・・・・。
b0089323_1874545.jpgb0089323_1847447.jpg
by god-door70 | 2008-06-29 18:06 | Comments(2)

母親(99歳7ヶ月)の絵

b0089323_9354913.jpg 2008.1.31 99歳7ヶ月である母親は、ここのところ絵筆をもつことが無かった。
 毛筆の方は、月に2.3度書いてはいるが、大きな字を書くことが難しくなってきている。
 久し振りにポストカードに小さな絵を描いた。
 細かい描写は無理であるが、色彩感覚は維持しているようだ。
 6月には百歳を迎えることとなるが、健康維持を願っている。その時にどんな字や絵を描くのか今から楽しみだ。 
by god-door70 | 2008-01-31 12:32 | Comments(0)