タグ:絵画展 ( 12 ) タグの人気記事

「ファミリー展」へのご案内

今年は、母親(享年104歳)の生誕110年にあたります。それを記念して家族で「ファミリー展」を計画しました。家族が集い趣味のささやかな作品(50点ほど)を展示いたします。お序の折お立ち寄り下さり、ご高覧いただければ幸甚に存じます。
b0089323_10383834.jpg
b0089323_1134819.jpg
b0089323_1132163.jpg

by god-door70 | 2017-04-18 12:00 | 切手に見る紙のお話(paper) | Comments(0)

「シャセリオー展」

2017.3.6 国立西洋美術館で開催中の「シャセリオー展」に出向く。知識がないので真っ新な気持ちで37歳という短い生涯19世紀活躍したフランスロマン主義の画家シャセリオーの作品を鑑賞。シェイクスピアの『オセロ』をテーマにした18のエッチング集、旅して回ったアルジェリアの日常風景を描いた作品など珍しい作品が多数出展されていた。初めて聞く画家の作品を観るのも面白い。  
 世界遺産に指定された国立西洋美術館を久し振りに訪れたので建物外観、ロダン野外彫刻を撮った。上野駅アメ横商店街も歩いてみた。
b0089323_14472035.jpg

世界遺産「国立西洋美術館」2016年7月に「ル・コルビュジエの建築作品として世界遺産となった。
b0089323_15381286.jpg

ロダンの彫刻『考える人』「カレーの市民」「地獄の門」
b0089323_15441286.jpg
b0089323_15445774.jpg
b0089323_1551229.jpg

アメ横風景
b0089323_15342051.jpg

by god-door70 | 2017-03-06 14:26 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「禅 ―心のかたち」、「速水御舟の全貌」

2016.11.15 東京国立博物館平成館で「禅 ―心のかたちー」、山種美樹館で「速水御舟の全貌―日本画の破壊と創造」を見学。速水展で和紙制作現場を描く《 紙すき場(近村)》を、印刷に関係ある《14世紀抜隊得勝遺版木》を興味をもって観た。禅でいう悟りの境地を理解するのは難しいことだ。  
b0089323_1073852.jpg
d
by god-door70 | 2016-11-15 18:06 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「切り絵の世界展」「動き出す絵画展」

2016.10.19 久保修 紙のジャポニズム「切り絵の世界展」を平成記念美術館で、文化庁・文化交流使として世界で活躍する切り絵画家の作品を鑑賞。「動き出す絵画展」を東響ステーションギャラリーで岸田劉生、木村荘八、萬鉄五郎など若き頃の作品を鑑賞。思わぬ作品に出くわすのが嬉しい。
b0089323_10412455.jpgb0089323_10385436.jpg
b0089323_1175965.jpg

by god-door70 | 2016-10-20 20:17 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第30回日本アートパステル協会展」

2016.10.16 稲の会の会員Yさんが「第30回アートパステル協会展」に公募入選した朗報を受け出向き鑑賞した。仲間が活躍することは嬉しい。
b0089323_10212842.jpg

by god-door70 | 2016-10-16 20:57 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第8回紙パルプ倶楽部絵画展」

「第8回紙パルプ倶楽部絵画展」開催します。会期:平成28年9月23日(金)~9月29日(木)。
会場:紙パルプ会館2F(銀座)。出展作品数58点(油彩、水彩、パステル、アクリル、墨彩画、日本画、木版画、切り絵、ペン画、色鉛筆)。出展者36名。
切り絵2点「原爆現場ドーム」「突き当りの蔵」」を出品しました。
b0089323_15265276.jpg
b0089323_222261.jpg

b0089323_225633.jpg

by god-door70 | 2016-09-22 15:49 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)

「第9回泉郷絵画の会作品展」に出向く

2016.9.13 知人Tさんが出展している「第9回泉郷絵画の会作品展」(会場:アトリエかしわ)に出向く。会員の皆さんの精進のほどを毎回感じる。
b0089323_13264968.jpg

by god-door70 | 2016-09-16 13:31 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「淡彩 花のスケッチ展」

b0089323_15453791.jpg
2016.5.30 国立ギャラリーキタガワで開催されている「淡彩 花のスケッチ展」(ライラックの会)に出向く。学友Tさんの奥様が趣味で8年積み重ねてこられた作品の数々を鑑賞させて頂いた。花や野菜を主に題材にして描いておられるとのこと。その中の一つに枇杷をとって食べたくなるような傑作を見付けた。益々のご活躍を期待しています。
by god-door70 | 2016-06-01 15:38 | Comments(0)

パリ・リトグラフ工房idemから ―現代アーティスト20人の叫びと囁き

2016.1.29 東京ステーションギャラリーで開催している「パリ・リトグラフ工房idemから ―現代アーティスト20人の叫びと囁き」展を鑑賞。版画やリトグラフが、切り絵と似ているところがあるので興味があり出掛けた。解説によると「版画技法リトグラフは、19世紀から20世紀初頭にかけてフランスで花開き、ピカソやマティス、シャガールなどが数々の名作が生みだされて脚光を浴びた。工房「Idem Paris」は、100年以上にわたるその歴史を背景に、モンパルナスの地で技術と伝統を受け継ぎ、1990年代からアーティストとの協働を積極的に行っている。」とのこと。
b0089323_16465581.jpg

by god-door70 | 2016-01-29 15:52 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「英国の夢ラファエル前派展」

2016.1.25 「英国の夢ラファエル前派展」をBunkamura ザ・ミュージアムで鑑賞。解説によると「リバプール国立美術館の所蔵品から、ラファエル前派及びその追随者の油彩・水彩など60数点を紹介し、近代における英国美術の「英国らしさ」を「英国の夢」をキーワードに浮き彫りにしていきます」とある。19世紀中頃に結成された活躍したグループで、当時の美意識を充分に表現した画風を感じられる。
b0089323_1435364.jpg

by god-door70 | 2016-01-25 16:15 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)