タグ:美術展 ( 317 ) タグの人気記事

ブログ上の「ファミリー展」Ⅰ(母親編《日本画》)

2017.5.8~5.14の一週間、母親生誕110年(享年104歳)を記念して長女・次女・長男・長男妻の五人が集い「ファミリー展」(於渋谷「アートギャラリー道玄坂」)を開催しました。120人を超える方々にご来場頂き感謝いたしております。
展示作品をブロブ上でもご覧いたきたく「母親編《日本画》」より順次掲載します。ご高覧頂ければ幸甚です。引き続き「長女編《日本画》」「次女編《オランダ ヒンデローペン 》」「長男編《切り絵》」「長男妻編《水墨画》を掲載iいたしてまいります。
b0089323_18093519.jpg
                  泰 山 木
b0089323_18114756.jpg
                  ざ く ろ
b0089323_18122619.jpg
                   柿 と 雀
b0089323_18135370.jpg
                  千 両
b0089323_18150833.jpg
                  芍  薬
b0089323_18155741.jpg
                  漁 村
b0089323_18172746.jpg
                  鯉
b0089323_18175992.jpg
                 双 鶴
b0089323_09344960.jpg
                 鷺 草
b0089323_19191127.jpg
                 ストック

by god-door70 | 2017-06-25 09:50 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(1)

「レオナルド・・ダヴィンチXミケランジェロ展」

2017.6.20 「レオナルド・・ダヴィンチXミケランジェロ展」を、三菱一号美術館で鑑賞。イタリアが生んだ画家と彫刻家、両天才の素描を中心とした対比展示。「手と脚を描ければ全てを描ける」「素描は全ての創造の源である」というダヴィンチの言葉が印象深く心に残った。レオナルド作《少女の肖像/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》と、ミケランジェロ作《〈レダと白鳥〉のための頭部習作》を間近で見る機会を得た。
b0089323_21315844.jpg

by god-door70 | 2017-06-20 21:32 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「雪舟と等伯 水墨の風」

2017.6.20 出光美術館で「雪舟と等伯 水墨の風」を鑑賞。単一色の墨で遠近を出す難しさを垣間見ることが出来た。池大雅の小作品が洒脱、ウイットに富んで面白かった。
b0089323_15423972.jpg

by god-door70 | 2017-06-20 15:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第67回板院展」

2017.6.19 「第67回板院展」に知人の N..Oさんが作品「本牧市民公園」を出品されたので上野公園東京都美術館に出掛けた。日本板画院の同人で毎年傑作を発表され活躍されているので楽しみにしている美術展である。版画は、切り絵と共通するところがあるので大いに参考になる。
b0089323_15285201.jpg

by god-door70 | 2017-06-19 18:17 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「芸術文化フェステバル2017」

2017.6.2 「芸術文化フェステバル2017 美術工芸展」に染芸家・知人S.Oさんが出品したので小金井宮地楽器ホールに出向いた。久し振りにJR中央線無才小金井駅に降り立ったが、南口駅前の再開発状況が立派なのには驚いた。展示会は、駅前のホール内の市民ギャラリーで仏像彫刻から染色まで20部門で作品が披露されて壮観だった。染色の分野は巾が広いので面白い。Oさん作品「廃家」
b0089323_09462674.jpg

by god-door70 | 2017-06-02 18:26 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「3人展」

2017.5.30 知人が参加している「3人展 EXHIBITION 2017」(吉田悦子、根岸節、中村千代)を鑑賞。《 デッサン+染色+造形 》それぞれの分野で活躍し、自由奔放に広がる世界観を基盤に描く芸術を観た。3分間に描き切るデサンの真髄論も聞けた。ご活躍を期待している。
b0089323_10445849.jpg

by god-door70 | 2017-05-30 14:39 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「バベルの塔」展

2017.5.22 東京都美術館で「ブリューゲル《バベルの塔》」展を鑑賞。一説では画面上に描かれた人々の数は1,400人とか。塔に眼を奪われがちだか確かに細密に無数ほどの働く人々が米粒以下の大きさで描かれていた。時間をかけて観ていると不思議な気持ちになってくる。そして迫力がある。
b0089323_16114064.jpg


by god-door70 | 2017-05-22 18:58 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

2美術展

2017.5.19 上野で仲間「3人の会」で近況を語り合った後、東京駅で降り「アドルフ・ヴェルフリ展」(東京ステーションギャラリー)と「奈良西大寺展」(三井記念美術館)のはしご鑑賞を試みた。前者は良く理解できずに終始した。楽譜の羅列は音楽を奏でているのであろうか、良く分からないが画家はおたまじゃくしで何か主張しているのかしら。両極かどうか分からないが後者では国宝、重要文化財の仏教書、仏像を多数に対面できた。お顔が喜怒哀楽を表しながらも、静寂を導くような。鎌倉時代に西大寺を再建した叡尊の教え「同心合力」。肝に命じましょう。合掌
b0089323_22182320.jpg
b0089323_22175967.jpg


by god-door70 | 2017-05-19 22:12 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「富士山を愛した染色家《久保田一竹の世界展》」

2017.4.13 「七人の会」に参加、旧交を温めた。久し振りの会合であったこともあり、時間を忘れて近況や社会情勢などを語り合った。良き友を持つ幸せを感じる。会合会場が京王プラザホテルであったので、序にホテル3階フロアーで開催中の「富士山を愛した染色家《久保田一竹の世界展》」に立ち寄り鑑賞。「辻が花染め」という独特の染色方法による着物を鑑賞すことが出来た。山梨県河口湖畔にある「一竹美術館」にもう数十年前になろうか訪れたことがある。その折作品を観て「どうやって?」と驚いた記憶が蘇ってきた。
b0089323_239578.jpg

by god-door70 | 2017-04-13 23:05 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「古唐津展」「パロディ、二重の声」

2017.3.9 「古唐津展」(出光美術館)、「パロディ、二重の声」(東京ステーションギャラリー)に出向いた。表情豊かでもあり落ち着いた色合いの「やきもの」(絵唐津、朝鮮唐津、奥高麗)を鑑賞。有楽町から東京駅に回りユニークな展示「パロディに関する絵、書籍、イラスト、原稿など」を見る。当美術館の展示は何かこだわりというか専門性を追求する企画が多く興味をひかれることが多い。立ち話程度であったが館長と展示趣旨や抱負の一端を聞かせていただいた。
ちなみに、「パロディ」を広辞林で調べたら「文学作品の一形式。よく知られた文学作品の文体や韻律を模し内容を替え滑稽化・風刺化した文学。日本の替え歌・狂歌などもこの類。また、広く絵画・写真などにを題材したものにもいう。」とある。まさに展示はそれらのオンパレードであった。
b0089323_13294956.jpg
b0089323_13283962.jpg

by god-door70 | 2017-03-09 17:05 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)