講演会(姜尚中東大大学院教授)

b0089323_153937.jpg 2009.2.16 内外情勢調査会懇談会に出席し、姜尚中東京大学大学院教授による講演「悩む力について」を聴く。
 教授の最近刊行した著作「悩む力」が爆発的に売れて100万部とかで、ご本人も出版社も予想外で驚いているようだ。混沌とした世界情勢と将来えの不安がもたらした現象かも。
 夏目漱石とウェーバー(ドイツの経済学者)の思想をと対比させながら、自由と強制の緊張感関係の重要性を説き、現代の社会情勢に警告を発していた。日本のエリート層の弱体化を嘆く。この本でも読んでみるかな。
 講演を終え帰宅したら、中川財務金融大臣のG7での醜態がTVで延々と放映されていた。この現実。いったいどうなってるのこの日本。
by god-door70 | 2009-02-17 18:52 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< ウォーキング(東京ぶらり#0... 「平山郁夫展」と「三瀬夏之介展」 >>