講話「格差・五里霧中不況から『惜福経済』の安定」

b0089323_17482515.gif 2009.9.1 紙パルプ倶楽部午餐会で、田村正勝早稲田大学教授による講話「格差・五里霧中不況から『惜福経済』の安定」を拝聴。コストカット、派遣切り、異常な委縮経済は正に「五里霧中不況」で格差不況だ。国際的な政策協調、構造改悪の修正→GDP見直しと景気の気分転換:時短・ワークシェアリング→仕事・給与・自然を貪らない「惜福経済」へ転換する必要あり。世界は、成熟飽和社会にあって近代文明の転換(分かれ道=危機)に直面している。それ故に、「与えられた福が小さくとも、これに感謝し、これを大切にし取り尽くすさず、汲みつくさない」という「もたいない:惜福思想」こそ大切と説く。経済成長せずに大丈夫なのか、惜福が惰性に繋がってしまうのではないか疑問だが、そう考えてしまうのが駄目らしい。いやはや。
by god-door70 | 2009-09-03 18:28 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< 東京ぶらり#09-18 高円寺阿波おどり前夜祭 >>