農園の初日

2006.3.17 今年で貸農園3年目になる「荻窪ファーム」での農作業の1日目。ジャガイモ(男爵芋)の植え付け作業。利用1区画が30㎡。メークインは茎葉がはびこるので、狭い区画ではそれが少ない男爵芋が適しているとのこと。「荻窪ファーム」は、農地所有者が「緑と農の体験塾」として杉並区と協力して運営している貸農園。2005年に杉並区第一号の試みとして発足、今年で3年目。運良く抽選にあたり、今年も継続野菜造りを楽しんでいる。
野菜造りは、区民農園で25年以上経験してきたが、自己流で終始していた。品目ごとに講習会が開かれ農家のコツをみせてくれるので、見たとおり再現すればプロ並みの野菜が食卓に。下の写真は、2004年9月に撮影したものを「杉並ふれあい農業推進フォトコンテスト」に応募したところ、杉並区農業委員会から会長賞として賞状と記念品をいただいた作品。
by god-door70 | 2006-03-17 16:42 | Comments(0)
<< 自費出版 韓国映画「頭の中の消しゴム」を観る >>