評論家石平氏講演「中国の経済情勢と今後」

b0089323_11424985.jpg 2010.2.17 内外情勢調査会懇談会で、評論家石 平氏による講演「中国の経済情勢と今後」を聴く。天安門事件を契機に祖国と決別、07年日本に帰化。中国の政治経済情勢を鋭く批判する天安門事件世代の論客。
 融資バブルで支えられた中国経済は混乱の道を歩んでいる。下剋上時代の幕開けと内憂外患で上海万博以後は警戒を要する。8%成長なくば中国は危険な状況に陥るので為政者サイドは何としてもその実現に腐心している。日本の総理は楽ですね。暴動も起こることもなく、あんな指導者なら即国家崩壊です。ブラックジョーク「マルクスはロシヤに行き落胆し、日本に来てご満悦。自説である社会主義を実践してくれている」と日本の現状をバッサリ。
 いずれにしても「中国リスク」に備えるべき時かも。
by god-door70 | 2010-02-17 18:09 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< 「木田安彦の世界」展 杉並区史跡散歩コースMを案内 >>