東京ぶらり#10-7

 2010.3.15 寒暖厳しい正に三寒四温の春だ。吉野梅郷の梅が満開と今朝の新聞に掲載されていた。吉野梅郷はしばしば梅見をしているので、今回は青梅の地名の由来となった「平将門誓いの梅」という老木を見物に青梅市内にある金剛寺に出掛けた。
 この梅は季節が過ぎても黄熟せず落実まで青いので「青梅」と呼ばれ市の象徴となったようだ。お寺関係者の話では、今年は気温が高くはやく開花し、殆ど散ってしまったと、残念なり。江戸初期作山門の梅は満開。鐘楼脇のシダレザクラが名高く十数年前に訪れたことがあるが、今は幹が折れ無残な姿であった。青梅丘陵ハイキングコースを歩き、江戸時代後期建築土蔵造りの商家「旧稲葉家住宅」に立ち寄り、多摩川に出て1万2千歩のぶらり。
b0089323_2159871.jpg
b0089323_21593572.jpgb0089323_21595952.jpg

by god-door70 | 2010-03-15 22:14 | Comments(0)
<< 講演・飯尾潤政策大学院教授 ついに74歳 >>