切り絵作品#109

 20103.29 切り絵作品#109(旅シリーズ#19「曲り家」、サイズ:270x600)。
 3ケ月振の切り絵作品。昨年夏東北地方に旅した折に立ち寄った岩手県遠野市で見掛けた「曲り家」が印象に残っていたので題材とした。
 遠野は民族学者柳田国男著「遠野物語」や民話かっぱなどで有名な町。この曲り家は自然地形を利用し石垣を組んだ丘の上に建つ民家「南部曲り家・千葉家」。南部藩特有のもので、約200年ほど前に建築されたとのことであった。(平成19年に国指定文化財)。住居として使っている以外は見学できた。藁ぶき屋根を切り絵らしく表現できれば良いのだが、カットに自信がないので躊躇したので、民家の雰囲気が出せているかは疑問だ。
b0089323_1428436.jpg

リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
by god-door70 | 2010-03-28 14:31 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(4)
Commented by フロムA at 2010-03-29 09:35 x
暫くアップが無かったので体調を崩されたのではと心配致しましたが新作創作時間だったのですね。良かった!! それにしても又手の込んだ作品ですね。 藁屋根の色とても良いですね。左後ろの森は紙なのでしょうか? 何ともホッコリする作品。 次回作も楽しみです。
Commented by god-door70 at 2010-03-29 23:07 x
実は、教室休みショックで暫く製作意欲減退の状況が続いていました。tokutoujinさんの最近作をブログで拝見して、3月初めにようやくその気になったのが本音です。左後ろの森は普通の模造紙にパステルで描いたものです。空の紙と森・屋根の紙は糊付けせず少し浮かし気味にして立体的感じがでればと試みてみました。映像では分かり難いかも知れませんが。
Commented by tokutoujin at 2010-04-01 08:28 x
新しい作品に新しい試みが施されているようでgod-doorさんらしい作品であると思います。横600mmとは大型ですね。紙を貼らずに浮かしてあると動かした時どうなるのでしょうか。
Commented by god-door70 at 2010-04-01 22:11 x
糊付けせずの表現はちょっとオーバーでしたね。森屋根の稜線から5~7cm下を当然糊付けし、数か所薄い発泡樹脂板を入れてみました。額に入れたら押しつぶされるかも知れませんが。
<< 谷垣禎一自民党総裁 東京ぶらり#10-8「臨海公園」 >>