介護のための絵本「ことばを失った母へ」

 2010.8.11 最近左肩が痛く腕が回らなくなった(50肩ならぬ70肩?)ので、鍼灸治療をうけている。初体験でビクビクしていたが、鍼は痛くないし、お灸は熱くない。頑固な肩痛もゆうことを聞き始めている。
 そのことはともかく、通っているローゼン鍼灸治療院の坂下佳代子院長が、《介護のための絵本「ことばを失った母へ」》出版していることを知った。女優の黒柳徹子さんが「母がなつかしく、私は少し泣いたのです。」と言葉を寄せている。著者も「母と同じような多くの人に、また介護にたずさわる人達にも、この本が少しでもお役に立てば嬉しいです。」と、あとがきに記している。
 親子の絆が危ぶまれている昨今ぜひ一読してほしい大人の絵本である。
 102歳の母親を介護している身でもあり、共感をもって手にしている。
 なお自費出版書籍とのことであるが、インターネットでローゼン鍼灸治療院を検索し電話注文するか、e-mail : rosen22@isis.ocn.ne.jp に ➀郵便番号・住所②名前③電話番号をメールすれば入手〖¥1,260〗できる。
b0089323_20555991.jpg

by god-door70 | 2010-08-11 20:12 | Comments(0)
<< 切り絵作品#125「ミニ電気ス... 母102歳 >>