内藤とうがらし

 2010.10.19 都心に出た序に新宿区役所玄関前に展示されている「内藤とうがらし」を見物。 新宿御苑や付近が高遠藩主内藤家の江戸下屋敷であった当時、唐辛子や南京瓜などの野菜が作られていた。なかでもこの地域に適したトウガラシが評判で「内藤とうがらし」と呼ばれ、実が上を向いていて葉から出ているので畑一面が真っ赤になるほどだったようだ。確かに実が上を向いていた。
 郷里が高遠だが初めて「内藤とうがらし」を目にした。
b0089323_10461247.jpg

by god-door70 | 2010-10-19 18:12 | Comments(0)
<< 宮内庁式部職部による「雅楽演奏会」 葡萄実る >>