切り絵#146「さといも」

2012.10.7 切り絵#146 (「収穫・さといも」、サイズ:400x280)。
 若い頃から70歳頃まで区民農園で野菜作りをしていた。収穫頃に失敬されてしまうメロン・西瓜・南瓜以外殆どの野菜類に挑戦したことがある。芋類を収穫する時、土の中の姿は結構面白い。なかでも親かぶが芋をコブのよう沢山付けている「さといも」や、細長い茎の先端に実を結ぶ「落花生」を一株をそのままの姿で収穫する際には全容を見届けるまで期待も膨らみ収穫作業は難しいが楽しかった。
 切り絵は、収穫し持ち帰った「さといも」を家内が墨絵の題材としてスケッチした原画をもとに制作した「はじめての合作切り絵」(?)である。
b0089323_19225799.jpg
リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
by god-door70 | 2012-10-06 19:23 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(3)
Commented by crayons68 at 2012-10-07 23:46 x
里芋の全容は初めてです、しかし親芋にくっついてる小芋の付き方根の1本1本の遠近感と言うか全体としての立体感が良く出ていて素晴らしいです。まるで脳内の3D-CTの絵を見るようです。
前作のゴーヤの乗っかっている‘ざる‘の表現と里芋の根切るのは大変でしょうね。
Commented by 桐の朋 at 2012-10-08 23:04 x
色々の集会に出席されたり、体調も万全のご様子なによりです。そして切り絵の大作が登場。前から腐心されていた、立体感を感じます。ジャンルは違うけど橋本明治氏の〈桜〉の花ビラを想起します。道を極める難しさと楽しさを存分に味わって下さい。
Commented by MAA at 2012-10-10 23:09 x
合作いいね。次回をたのしみにしてます。
<< 「スイス・トレッキング写真展」 杉の子会 >>