大阪・彦根旅行(2)

2013.2.15 大阪からの帰途、彦根に寄った目的は、彦根藩元下屋敷「玄宮園庭園」と近江の古刹庭園「湖東三山の庭園」の見学である。2月という桜でもないし、紅葉でもない時季なので庭園は色添えがなく寂しい。代わりにツアーバス観光客、花見客もなく、喧騒から逃れられるメリットがある。
 「玄宮園庭園」の特色は大池泉と風雅な建物そして後方に彦根城が眺められることだろう。中島を結ぶ沢山の橋は木製で趣がある。湖東三山と称される「西明寺」「金剛輪寺」「百済寺」へ向かううちに雪に見舞われてしまった。西明寺庭園は国指定文化財の名勝「蓬莱園」、前庭に不断桜が白い小さなを咲かせていた。小さな池泉に鶴島、亀島というよくある庭園。特徴は白壁と石燈籠くらいだった。金剛輪寺の庭園も国指定文化財の名勝「本坊庭園」。老松を背景にしてはいるが小規模で、印象が薄い。百済寺は近江最古の古刹。庭園は別称「天下遠望の名園」のごとく、山上展望できる高台から湖東平野が一望できると案内パンフレットにあったが、雪で足元滑るので残念ながら書院前庭を回遊した。飛び石の配置が面白く長い切り石を八橋風にジグザグに配したり、大きな天然石を配したりて面白い作庭。渡るのには少々怖かった。3庭園では見せる庭という感じであった。名庭三昧の一日を過ごして、一路東京へ。満足、満足。しばらく近郊の庭園巡りでも計画してみようかと思ったりしている。
b0089323_19222534.jpg
b0089323_19225880.jpg
b0089323_1923294.jpg
b0089323_19235458.jpg

by god-door70 | 2013-02-15 20:23 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 向山僚一油絵展 大阪・彦根旅行(1) >>