能仁寺庭園(埼玉県飯能市)

2013.5.5 少し遠かったが西武線を乗り継いで埼玉県飯能市にある能仁寺本堂裏庭(池泉鑑賞蓬莱庭園)を見学。天覧山の一部となる傾斜を利用して庭木、庭石、枯滝そして池泉。静かに座って眺めるのに最適。訪れるなら紅葉の季節が最適だろう。回廊をぐるぐる回って辿りつくから裏庭が呼称のようだが本庭の感じだった。
 百名庭に選ばれているのに相応しい好み庭園の一つだ。現在関東地方で百名庭に選定されているのは16庭園。これまで14庭園を訪れ、残るは日光論王寺逍遥園庭園と横浜市海蔵寺庭園だが海蔵寺は公開されていないので残るはひとつ。日光へは数回訪れているが認識がない。何時の日にか実現して、百は無理だが関東地方の名庭だけでも制覇したいものだ。
b0089323_12143972.jpg

余談 庭まで回廊を幾つか曲がっていくわけだが、最初の突き当たりの絵画「新世紀生命富士」に描かれた赤の色彩と富士に何となく魅かれ、もしや絹谷画伯の絵ではないかと近付いた。何と額内に東京芸術大学教授絹谷幸二、東京読売巨人軍終身名誉監督長嶋茂雄、合作と明記されていた。長嶋さんが絵を描くのは知らなかった。今日、長嶋茂雄氏と松井秀喜氏が国民栄誉賞を授与される日だ。同年齢(77)でもあり巨人ファンとしても嬉しい日、しかもその日に高名画家との合作絵を発見したお目出度い日(?)だ。
by god-door70 | 2013-05-05 18:00 | ウォーキング(walking) | Comments(5)
Commented by crayons68 at 2013-05-08 23:36 x
飯能の能任寺の名庭をご覧になったとの事、曹洞宗のお寺でお庭は紅葉が美しいと行ったことはありませんが、近くに居た時にきいたことがあります。しかし余談が何ともタイムリーです。
長嶋、松井ダブル受賞のシーン眼に焼き付けましたが、あの長嶋
さん絵を嗜まれたのですね、それも有名画家との合作とは。
その作品写真撮られましたか
Commented by crayons68 at 2013-05-09 06:09 x
目が覚めるような、サイン入りリトグラフ作品をさがして見る
ことが出来ました。絵の明るさ大胆さは、あの長嶋監督の関与
をまさに伺う事が出来ました。 
Commented by god-door70 at 2013-05-09 19:20 x
撮りましたがガラスの反射で観るも無残な状態です。サイン入りリトグラフはどうやって探して見るのですか?
Commented by god-door70 at 2013-05-09 19:32 x
そのままの作品名で検索したら観れました。正にそれです。リトグラフには見えなかった。名刹寺だから実物だと、先入観があったかも知れません。真偽は分かりません。
Commented by crayons68 at 2013-05-09 21:24 x
能任寺の回廊でご覧になった作品はまさに本物、リトグラフ、シルクスクリーン刷りの物ではなくて原画であったと思います。
私が刷り物を見てしまったみたいです。残念、
<< 墓参(春秋苑) 歩く(高円寺駅付近) >>