講演「首都江戸と甲州道中」

b0089323_2153564.jpg2013.11.30 東京学芸大学大石学教授による講演「首都江戸と甲州道中」を拝聴。甲州街道は五街道の一つで代官大久保長安が整備した。江戸中期以降は信州高島藩諏訪家、飯田藩堀家、高遠藩内藤家が参勤交代で利用された。江戸から下諏訪までには33宿(江戸~京都53宿)、一里塚を整え、道幅約4間(7.2m)に整備された幕府の統治のための公道で参勤交代や公務出張者の便を優先させた。近藤勇や土方歳三やその部隊が通った記録もあるようだ。時代考証を含めた講演は飽きさせない。
【杉並区郷土博物館特別企画展示の記念講演】
by god-door70 | 2013-11-30 21:09 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< 切り絵カレンダー12月 講演「日本の安全保障」 >>