久保修「紙のジャポニスム」

2014.7.7 七夕の日だが雨模様。切り絵画家・久保修「紙のジャポニスム」を見学に出掛けた。世界を飛び歩く中での2年振りの作品展。東京駅を描いたモノクロ作品が目立っていた。モスクワでの作品展の反響や最近開催した島根県展などについてお話を聞くことが出来た。そして7/14から始まる「切り絵世界展」の抱負もうかがった。今後の精力的な活動を期待している。作品「うさぎ」が描かれた貴重なモスクワ展のポスターを頂戴した。
b0089323_10391088.jpg

by god-door70 | 2014-07-09 10:41 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)
<< 「モナミ洋画会展」&「ボストン... 「七人の会」 >>