映画「美術館を手玉にとった男」

2016.1.7 映画「美術館を手玉にとった男」を鑑賞。30年にわたりアメリカの美術館をだまし続けた贋作画家ランディスの生活と生い立ちを追ったドキュメンタリー。贋作を作り続けては金もうけをすることなく20州、46か所の美術館に無償で寄贈していた画家の素顔、彼を追い詰めていく人々やだまされた人々の姿を通し、さまざまな感情をユーモラスに。実話であり、本人には贋作の方がずっと価値があったようだ。金もうけを目的としていないことから彼は罪に問われなかったが、奇妙な人がいたもんだ。
b0089323_21275684.jpg

by god-door70 | 2016-01-07 21:28 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< フラワーアレンジメント#62「... 映画「FOUJITA」 >>