映画「愛しき人生のつくりかた」

2016.1.25 美術展の後、Bunkamuraル・シネマで映画の題名につられてフランス映画「愛しき人生のつくりかた」を観た。夫の死後家族に行方を告げず姿を消した祖母を捜す旅に出た孫が、祖母の知られざる過去や秘めた夢に触れていく人間ドラマ。3人の息子に恵まれ、幸せな人生を送ってきたが、一人になってふとこれまでの人生に思いをはせる。人生の悲哀や喜びが散りばめられている。心温まる映画だ。「フランスで100万人を動員したヒット作品」はうなずける。
b0089323_14461662.jpg

by god-door70 | 2016-01-25 16:17 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< パリ・リトグラフ工房idemか... 「英国の夢ラファエル前派展」 >>