植物ハカラメ(セイロンベンケイ)

2016.6.5 1週間前に、葉の淵から芽が出る不思議な多肉植物「ハカラメ(葉から芽)」の2葉を頂戴した。早速2葉を水に浸して発芽を待っていたら葉の淵に一つ小さな双葉の芽を出した。葉の淵の下には可愛らしい根が。これからどのように成長していくのか承知していないが楽しみだ。花を咲かせることは出来そうもないけど挑戦してみる。
 webで検索してみたら、ハカラメは、別名にマザーリーフ、セイロンベンケイ、マジックベル、灯籠草がある。原産地は南アフリカ、開花期は11~2月、花の色は青紫、紫、白、ピンク、複色。花言葉は『無言の愛』『平穏無事』『静穏』『信じて従う』。暑さと乾燥に強い性質に由来している。日本でも小笠原諸島や奄美大島、沖縄で野生化しているような植物のようだ。
b0089323_1175630.jpg

b0089323_11225744.jpg

by god-door70 | 2016-07-05 11:58 | Comments(0)
<< 「久保修作品展」 切手に見る紙のお話(65)「紙... >>