旅行(山陰地方) Ⅰ

2017.10.23 大型台風に見舞われ飛行機は欠航となっため新幹線に変更して出発し1時間遅れで姫路に到着したまでは良かったのだが、鳥取までの列車がストップしていて立往生。仕方なくタクシーで鳥取へ。全くツイテいない一日。
2017.10.24 見物開始。まづ第一目的の「ラッキョウの花畑」の集落へ向かった。山の麓にまで広がる紫色に染まった広大な花園といきたいところだが少し時期的に早すぎたので感動というところまではいかなかった。6~7分咲きというところ。鳥取といえば「砂漠」だ。日本海を遠くに「馬の背」と呼ばれている雄大な砂漠を見渡した。前日の台風の雨で砂が湿っていて少し黒味ががっていた。長靴を借りるほどでではなかったが砂漠の砂の感触を味わることが出来た。50年前に訪れたことがあるが全く記憶が蘇ってこなかった。「砂漠額物館」で砂の芸術を鑑賞。札幌の雪祭りと同じ感じ。旅行スケジュールを取り戻すために鳥取砂漠を早々に安来市にある「足立美術館」に向かった。
b0089323_21425835.jpg
b0089323_21114491.jpg
b0089323_21144570.jpg
「足立美術館」は、大観の美術館と言われるほど横山大観の描いた優れた作品を多数所蔵して名が知れた美術館であり日本一の庭園を誇っている。「制定80年記念文化勲章の作家たち」の特別展が開催中であった。松江に向かった。
b0089323_12093664.jpg
b0089323_12104088.jpg

by god-door70 | 2017-10-25 22:10 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 切手展JAPEX2017 旅行(山陰地方) Ⅱ >>