講演会「第4次安倍政権と日本のゆくえ」

b0089323_21564428.jpg2017.11.29 紙パルプ倶楽部主催講演会に出向く。講師政治ジャーナリスト細川珠生氏による「第4次安倍政権と日本のゆくえ」を拝聴。少子化の実態、高齢化の実態、義務教育の再生などの問題を課題として持論を展開。義務教育期間の再考では「小中一貫+5歳児」とし、カリキュラム再編成と生活指導上の一貫性を主張していた。高齢化の実態で初めて知ったのは「90歳生存率:男性25.0%、女性49.1%、死亡数が一番多い年齢:男性86歳女性91歳」ということ。高齢化が世界一で社会問題になるのは当然のことなのだが、平均寿命男80.79歳を超えて82歳まで生かせてもらっている者としては複雑な心境である。

by god-door70 | 2017-11-29 21:38 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< 自動車運転免許「認知症検査#1」 講演会「日韓関係 悪化の根源に... >>