講演会「ルターの生涯と音楽」

2018.2.13 陸橋女子短期大学公開講座「ルターの生涯と音楽」を拝聴。宗教者ルターが合唱曲を23曲も作曲していたとは知らなかった。旋律をパイプオルガンで紹介され来場者が合唱した。宗教者の結婚が禁じられていたがルターが結婚することによって以後宗教
者もOKとなったようだ。オルガニスト岩崎真実子さんのパイプオルガン演奏でルターのコラール「紙はわがやぐら」に基づく5曲と「来たれ、異邦人の掬い主よ」に基づくバッハ作曲の作品を聴く。 
b0089323_12165266.jpg

by god-door70 | 2018-02-13 20:05 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 高齢者免許取得作業 3美術展 >>