講演「荒れる中東、その近未来」(東京国際大学名誉教渥美堅持)

b0089323_21114965.jpg2018.4.10 東京国際大学名誉教1渥美堅持による講演「荒れる中東、その近未来」を拝聴。シリア情勢が不安定な昨今の中東情勢はきびしくなっており、爆撃すら囁かれている。なぜ中東世界は不安定なのか。民はアイデンティティが定まっておらず国家意識がうすい。時に部族意識、宗教意識が反発して紛争に進展する。紛争を武器市場として利する形態が戦争を長期化させるのが常となる。日本は距離をおいて付き合うことがl肝要のようだ。国境、水利、交易などで紛争の時代となる。
by god-door70 | 2018-04-11 22:20 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< 庭の花々 八丈島からの春の香り >>