「ルート・ブリュック」蝶の軌跡

2029.5.10 セラミック・アーティスト、ルート・ブリュック(フィンランド人)の作品展を東京ステーションギャラリーで鑑賞。数々の「蝶」を描いたセラミック絵が綺麗で可愛らしい。多くのタイルを用いた立体作品もあったが何を目指していたのか理解できないが繊細な色彩には感じるところがあった。
b0089323_22433684.jpg
ギャラリー建物は貴重な保存建物「煉瓦造り建物」となっている。階段壁も保存対象で触れることはできない。
b0089323_23032967.jpg


b0089323_22084429.jpg

by god-door70 | 2019-05-10 18:40 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「30分歩き・付近」歩く#37 5/1「令和元年5月1日」正午... >>